レトロゲーセンなど

2019年09月01日

前回、「スーパーモナコGP」「スペースアタック」などを遊んだ続きから。
(写真は7月に行った時のもので、数日前に行ったら一部筐体が入れ替わってたのでご注意を)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(1/2)

スーパーモナコGPの隣にあったのが「スーパースプリント」(右の台)。
筐体から3台のハンドルが狭そうに並んでる姿が印象的な、PCエンジン「モトローダー」(PCエンジン miniにも海外版が収録されるらしい)風の見下ろし方の固定画面レースゲーム。
akihabara_sega_game_5_super_sprint

狭いコースの中でのミニサイズの車の動きがちょこまかしていて大きなハンドルだと操作に慣れるのに一苦労。
(ゲームセンターCXつながりで言えば、今はなき「(下総)中山ゲームセンター」で有野課長がAD高橋さん(高橋先生の方)と対戦していたような)

壁には「USA」の電飾や「ROUTE66」の壁紙など、ちょっとアメリカのゲーセンっぽい雰囲気もあるのが面白い。
(基本、立ちプレイの筐体がほとんどなのもアメリカ風?(「GAME ON」のゲーム筐体を思い出す)。フロアの片隅ではジュークボックスも稼動していた)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

【新品】2020年3月19日頃発売予定!PCエンジン mini

価格:16,440円
(2019/9/1 11:29時点)
感想(0件)



「スーパースプリント」の隣にはピンボール台が並び、こちらもアメリカンな感じ。
(ピンボールは専門外なので割愛で…)
akihabara_sega_game_5_atari_sprint

※なお、数日前に行った時は「スーパースプリント」の隣は「スペースハリアー」(座席非稼動タイプ)に変わっていた。
 ハングオン、アフターバーナーにこれが並ぶとこの一角だけ一気に80年代にタイムスリップした気分…(以前紹介の「あそぶゲーム展」を思い出す)。

 「あそぶ!ゲーム展2」へ(埼玉・川口)(前編)

akihabara_sega_game_5_space_harrier


その近く、フロア中ほどのシマにあるのがこちら。

・モナコGP
・スーパーパンチアウト
akihabara_sega_game_5_punchout

モナコGPはすぐ近くのナツゲーミュージアムやウェアハウス川崎でプレイしたのを思い出す。
(「スーパーモナコGP」とともに新旧モナコGPが並ぶとか、あまりに貴重過ぎて実感がわかない…)

モナコGPはこのフロア内では数少ない1プレイ100円台なのも嬉しい所。
(ただ、他店に比べて若干難易度が高めに感じた(こちらのは敵車が謎の急速スライド移動をしたりと今までにない動きをしてて「あおり運転か!」とツッコミを入れたくなった)。久々のプレイで感覚が鈍ってたからかもしれないが…)

スーパーパンチアウトも一時期ナツゲーミュージアムにて稼動していた気がする。
(スーパーなので有野の挑戦の「パンチアウト」とは違うが、たくさんのボタンを使っての独特の操作感が斬新で楽しい)

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)


ちなみにその隣にはなぜか任天堂のレースゲーム「ニンテンドー クルージンブラスト」が置いてあった。
(微妙に聞き覚えのあるタイトルだと思ったら、千葉の大慶園遊園地で一時的に稼動していた模様)

 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

akihabara_sega_game_5_crusin_blast_nintendo


その裏にあったのがこちら。

・サイバータンク
・アフターバーナー(立ちプレイ型)
・トランスフォーマー(ガンシューティング)
akihabara_sega_game_5_cyber_tank


そしてフロアの隅の方にはガンシューティングゲームが固まっていて、ハウスオブザデッド祭りが開催中だった。
(かつてのクラブセガ新館の賑わいを思い出す。常に誰かがプレイしていてフロア内で一番の人気だった)
akihabara_sega_game_5_house_of_the_dead


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

少々プレイ料金は高めだが、貴重なゲームを東京都心、しかもアキバでプレイできるのはかなりの魅力。
秋葉原でのお買い物や他のゲーセン巡り、ロケ地巡りついでに立ち寄ってみてはどうか。
(フロアの反対側にはダーツゲームが並び、休日の夕方に行くとこちらも大盛況だった)
akihabara_sega_game_5_darts


なお、他のフロアを見ると、最上階はイベントスペース。
(7月は初音ミクのイベント中だった。アーケード版がかなり続いてていまや長寿作品)
akihabara_sega_game_5_hatsune_miku_event

下の階はクレーンゲームが多めだが、プライズのフィギュアを並べた展示棚があったりとプレイ意欲をそそられる演出もあり、見どころ満載である。


 

(11:35)

2019年07月20日

今回行ったのは、秋葉原駅近くに最近新装オープンしたゲームセンター「秋葉原セガ5号館」。
(行ったのは2019年7月)

※昔懐かしいレースクイーンにも会うことができ、夏にピッタリ?(スーパーモナコGP)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race_queen


場所は電気街口を出て中央通りを西へ渡り、総武線の線路沿い(北側)にさらに西へ進んだ先。
1Fの入口横には「セガのたい焼き」があり、「セガロゴ焼き」などを味わうこともできる。

 (公式)セガ 秋葉原 5号館 - セガのお店情報サイト

akihabara_sega_5


さて、レトロゲームの集まるビルの4Fへ行くと、フロアの半分はダーツゲームが並んでいるのだが、もう半分の場所に所狭しと大型筐体や体感ゲーム、ガンシューティングゲーム、ピンボールなどが集められていた。
(かつてのクラブセガ新館(3号館)を思わせる雰囲気で、あまりの密度の濃さにプレイ前からワクワクが止まらない)

 秋葉原・クラブセガ新館、レトロ体感ゲームが一部撤去

akihabara_sega_5_pong


ゲームについて紹介していくと、まず入口近く(入って左手)にあったのがこちら。
奥から順に、

・スーパーハングオン
・スーパーモナコGP
・パックマンバトルロイヤル
・PONG(リニューアルエレメカ版)
・スペースアタック
akihabara_sega_5_game1

「スーパーハングオン」は数年前にセガ新館にあった(唯一残されたレトロ筐体)のを覚えてるが、向こうから移されたのだろうか…今度行った時に確認してみたい。

「スーパーモナコGP」は10年近く前、伝説のレトロゲーセン・松戸メクマンが営業してた頃にプレイしたのを思い出す。
(さらにゲームセンターCXつながりで言えば、昨年の「GCCXon太平洋」のたまゲーで、日本ゲーム博物館にて有野課長がプレイしていた気がする)

 松戸のレトロゲーセン・メクマンの思い出と移転後の状況

コースが微妙に実際のF1のモナコGPのコースに似せている形で、慣れてないと混乱するかも。
(ヘアピンや連続シケイン、トンネルなどは結構そっくり…ってF1見てない方はすみません)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_course

ゲームはショートコース(1周)を使った予選、そして通過すれば決勝(3周)という実際のF1のような流れ。
決勝では一般的なレースゲームのような残り時間制ではなく、レースの進行とともに上がっていく規定順位より前をキープしないと即ゲームオーバーという方式なのが新鮮。
(課長の挑戦していたSFC版「F-ZERO」のような感じ)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race

ゲームが終わればタイトル画面に戻ってレースクイーン(日焼けでやや色黒?)が写る。
(いまどきレースクイーンのいるゲームも珍しくなった感が…「バーチャレーシング」とかF1系のレースゲームが懐かしい限り)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race_queen

※そういえば先日発表されたメガドライブミニには「スーパーモナコGP」が入らなかったのがちょっと残念。
 (アイルトンセナ監修の続編「スーパーモナコGP2」はほぼ無理としても、メガドライブ移植版の1作目なら実名選手はいないし問題ないかと思ったのだが…。実際のF1サーキットで戦うモードが入っていて、その時点でアウトなのだろうか)

メガドライブミニ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC&スマホ壁紙 配信

新品価格
¥7,538から
(2019/7/20 10:05時点)




※なお、こちらのレトロゲームのプレイ料金は大半が1プレイ200円。
 ある意味昔のお値段?(初代バーチャや大昔の初代ハングオンなんかも200円だったと聞くし)
 メンテナンス費用を考えれば、それでもプレイできるだけありがたいところだろうか。


「パックマンバトルロイヤル」は過去に紹介したお店だと「熱海城」やパックマンのイベント、そのほか普通のゲーセンでもわりと見かけるが、やはり4人対戦は魅力的。
(同じ4人対戦なら「デイトナUSA」や「セガラリー」の4台連結とか見てみたいが…)

 GCCXロケ地巡り(#216・「熱海城」(地下ゲーセン編))
 歴代パックマンが勢揃い!「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

「スペースアタック」は見ての通り、セガの出したいわゆる「インベーダー『風』ゲーム」。
(自機や前に並ぶトーチカ、インベーダーの形などタイトーのやつと比べながらプレイすると色々気付かされて興味深い)
akihabara_sega_5_space_attack

操作レバーとボタンがかなり小さめなのが時代を感じる。
(筐体のデザインが各社あまりこなれてなかった頃でまちまちというか)
akihabara_sega_5_space_attack_control

なお、タイトーのやつとの違いとして、インベーダーを全滅させた後に「円盤」が出現して不規則な動きで下へ攻めてくるのだが、これを倒すと1UPするので初心者でもわりと長くプレイしやすいのが嬉しいところ。
(数少ない1プレイ100円台でもあるので、時間つぶしにオススメ)
akihabara_sega_5_space_attack_ufo

※面が進むとインベーダー大群の初期位置がどんどん下がって来て、トーチカとかぶるくらいの位置になるのがシビア。
 (自分は4面くらいでやられてしまった)


他にはレトロガンシューティングゲームも豊富で、以前イオン南越谷店でプレイした「レッツゴージャングル」などがあった。
(右隅にはペプシコーラの自販機らしきオブジェが置かれていて、ちょっとアメリカンな雰囲気を演出)

 懐かしゲームコーナー巡り「イオン南越谷店」(2018/08再訪)

akihabara_sega_5_lets_go_jungle

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


意外と思い出語りが長くなってしまったので、次回へ続く。
(何年もご無沙汰だった筐体を見ると、どうしてもあれこれ語りたくなってしまうゆえ…)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(2/2)


 

(10:09)

2019年06月02日

今回行ったのは、大阪ミナミの名所・ジャンジャン横丁の中にある「かすが娯楽場」。
(行ったのは2018年12月。大阪通天閣周辺のゲーセン巡りついでに立ち寄った)

 レトロゲーセン巡り・大阪西成「シンエイゲームセンター」

※以前紹介した梅田ダンジョン「ZERO」など、福岡KBCのローカル番組「ドォーモ」の「全日本レトロゲーム機探訪録」も兼ねて行った次第。

 珍ゲーセン巡り・梅田「ZERO」(大阪駅前第2ビル)


※ゲームセンターCXの「たまゲー」コーナーで有野課長が何度もプレイしていた宿敵のゲーム「はっぴーぴえろ」も稼動中。
 課長の写真も添えられていて、たまゲーでロケに来てもおかしくないかも?
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_happy_pierrot


場所はJR新今宮駅から東側へ歩いて10分ほど、大阪ミナミの幅の狭い商店街・ジャンジャン横丁の中ほどにある。
(かすが娯楽場といえば電球が輝く「ボッちゃんも」「トウちゃんも」の看板。一昨年に火事で焼けてしまったが、見事に復活していた)
xP2490197

外観はこんな感じで、きれいな自動ドアなど今風な感じ。
(しかしドアの脇にさりげなくわたあめの機械が置いてあったり、写真右端には黄色い縦縞のタイガースデザインの自販機があったりと、いかにもレトロ、いかにも大阪という感じがわくわくさせてくれる)
xP2490196


お店に入ると、左手にガンシューティングなどの大型筐体、中ほど~右手に普通のアーケード筐体が並ぶ感じ。

レトロな筐体が結構残っていて、例えばセガの「ハウスオブザデッド2」や…
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_hod2

「ビシバシチャンプオンライン ~笑撃の全国対戦 ~」に「電車でGO2」…
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_bishibashi

「ワニワニパニック」に「タイムクライシス3」と大型筐体がずらっと並ぶ。
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_wani

過去に松戸メクマン(移転後)、舞鶴マリンボウルなどで見た「ビーストバスターズ(BEAST BUSTERS)セカンドナイトメア」なんかもあった。

 (関連記事)松戸のレトロゲーセン・メクマンの思い出
 ボウリング場のゲーセン巡り(東舞鶴駅「舞鶴マリンボウル」)

IMG_osaka_gamecenter_kasuga_beast_busters

他にはアストロシティ筐体も多数並んでいて、たまゲー定番の「メタルスラッグ(3)」や、「ファイナルファイト」「ボンバーマン」なども稼働中。
(省スペースのためかゲームが選択式となっていて、例えば右端の筐体は「ファイナルファイト」の他に「ウルトラマン」も遊べる模様)
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_finalfight

こちらの筐体では「源平討魔伝」に「大魔界村」、「野球格闘リーグマン」に「熱血硬派くにおくん」という微妙に似たジャンルのゲームがセットで入っていて、妙な組み合わせが面白い。
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_genpei

さらに、「たまゲー」での有野課長の宿敵「はっぴーぴえろ」もお店の中央付近で稼動していて、比較的最近の課長の写真が添えられていた。
(もしたまゲーで大阪ロケがあるなら、ぜひこちらにも来てツッコミを入れてほしいものであるが…)
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_happy_pierrot

そしてお店の奥の方では、「ドォーモ」の番組中でネタにされていた有人の両替カウンターも健在だった。
(写真右側。窓口の奥に人がいて紙幣を渡すと100円玉の束に手渡しで交換する仕組み。
 ただ、現在はカウンターだけで「両替は隣の両替機をご利用ください」と貼紙があった。しかし残ってるだけでもちょっと感動)
IMG_osaka_gamecenter_kasuga_exchange


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ

といったところで以上。

通天閣周辺は先日紹介の「ザリガニ」グループなどのお店も増えていてゲーセン事情がかなり盛り上がっているようで、今後も引き続き注目したい。
(お店の前の昔懐かしい「ビデオゲーム50円」看板の向かいには射的屋が営業中で、横丁全体が昭和の雰囲気満点になっていた。看板の上に掲げられた蛍光色の造花もいい感じで昔風)

 大阪・通天閣「 #レトロゲーセンザリガニ 」へ(2017/12)

IMG_osaka_janjan_syateki


※ゲーセンを見た後、この日は駅近くの以下の宿で宿泊。
 バストイレ共同で人を選ぶが激安で、大阪観光やゲーセン巡りによく活用してる。

 大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ(2018/12)


(11:22)

2019年03月02日

今回行ったのは群馬県桐生市の「桐生が岡遊園地」。
(JR両毛線・桐生駅北口から歩いて20分ほどの山の上にある。行ったのは2018年10月)

遊園地のゲームコーナーなんかもたまにレトロゲームが残ったままのいい感じのお店があったりする。
(たまゲーでも花やしき、としまえんなどが出ていた)

 #GCCX ロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(追記)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/70964181.html

※園内には食堂があるのだが、某有名ゲームキャラを使った「たぬきうどん」「きのこうどん」の貼紙なんかもあった。
 (しかも桐生名物とのこと。「キノコ」に「タヌキ」、いずれもマリオには欠かせないが、このセンスにはさすがに脱帽…うどん一杯400、500円という価格は遊園地にしては良心的だが)
IMG_kiryu_udon_supermario


さて、ゲームコーナーがあるのは遊園地の中央付近。

周囲にモノレールなどのレールが通っている中、赤と白のシンプルな配色の文字で書かれた「ゲームコーナー」の看板が出ていた。
(平日の夕方、閉演近い時間だったためゲームコーナーもちろん、園内にもほとんど人はいなかった。スタッフさんらしき人がそばの緑地で黙々と草むしりをしていたのに寂寥感を感じたり)
xP2320173


館内はL字型っぽい不思議な形で、エアホッケーや乗り物など、子供向けやライト層向けの筐体が多め。
(デパート屋上のゲームコーナーに近い雰囲気)
IMG_kiryu_park_gamecorner


まずはこちらの3台。

右から順に

・スーパーバスケット
(バッセンなどでもよく見るバスケゲーム。黒人選手の絵のタッチに時代を感じる)

・シューティングスター
(サッカーボールをゴール(の絵が描かれた壁)に叩き込んで衝撃度を競うパンチングゲームっぽい台)

・バッドばつ丸
(「イオン東鷲宮・こころっこ」にもあった台。なお1プレイ50円)

 懐かしゲームコーナー巡り・埼玉・「イオン東鷲宮・こころっこ」(再訪・2018/08)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/77105873.html

IMG_kiryu_park_game


続いて、こちらの2台。
(ゲーセン内で唯一のテレビゲーム)

・パワーショベルに乗ろう!!(タイトー)
(バーチャロン風にスティック2本を使ったショベルカー運転ゲーム。有野課長がスタッフ府川さんと対戦していたのを思い出す)

・エアラインパイロット(セガ)
(成田空港にもあった航空機運転シミュレーター)

 珍ゲーセン巡り・成田空港のゲームコーナー
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/56457986.html

IMG_kiryu_park_game_airline


さらに、親子・キッズ向けにこちらの2台。
(台の前に小さなイスが置かれていて、子供がそれに乗ってプレイできるようになってるのが親切)

・ワニワニパニック2
(隣には1も置いてあった。つい最近メンテナンスをする会社がなくなりもう修理不可能といったニュースが流れていたが…)

・スカッシュホッケー
(U字型のフィールドを使った異色のエアホッケー。奥の壁に反射させて、反対側の相手フィールドにパックを入れるという上級者向け仕様)
IMG_kiryu_park_game_hockey


そして子供用の小型の揺れる遊具(ゾウやシマウマ、白鳥などなんともレトロなデザイン)も並んでいた。
(料金投入口の文字が見づらかったがたぶん1回20円とか。重量オーバーになるので大人は乗れない?)
IMG_kiryu_park_game_animal


そしてその先はドアで区切られた「100円コーナー」と貼紙があり、1回100円のクレーンゲームが並んでいた。
(ここまでは1プレイ10円や50円などだが、この先は全て1回100円。ある意味大人向け?)
IMG_kiryu_park_game_100yen

なお、100円コーナーの周囲の壁にはこの桐生が岡遊園地の歴史を示す写真が貼られていて、ちょっとしたレトロ感を演出。
(上の壁に座ってるぽろり(昔のNHK「おかあさんといっしょ」の「にこにこぷん」に出てた?)などのぬいぐるみも懐かしい)


その写真の中には、昔のゲームコーナーの写真もあった。
左奥にはドライブゲームや対戦型バイクゲーム、右の方には先ほど紹介の「スカッシュホッケー」、そして金髪選手のボクシング人形を使ったゲームも並んでいて、この頃に訪れたかったと思うところ。
(この辺の筐体が多数稼動していた1990年代あたりだろうか…)
IMG_kiryu_park_game_photo

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

ゲームコーナーはもちろん、遊園地自体も昔のままの懐かしい雰囲気が一杯なので、桐生駅周辺の観光ついでに訪れてみてはどうか。

※遊園地を見た後、この日はJR桐生駅近くの以下の宿で宿泊。
 値段のわりにまあまあ快適な旅館ホテルだった。

 安宿旅行記・群馬・桐生「ホテル桐盛館」(1泊3800円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072944240.html 


大きく描かれた園内地図もひび割れてたりと年季が入ってる。
(子供とママさんが楽しげな一方、疲れた表情にも見えるパパさんに同情の念を禁じえない…)
IMG_kiryu_park_map





(10:24)

2019年02月09日

今回行ったのは福島県・新白河駅近くにある「ゲームスペースA3」。
(行ったのは2019年1月。18きっぷで電車旅をした際、乗り継ぎ電車の待ち時間が長かったのでその間に立ち寄った)

※一応公式ツイッターもあるようだが、現在は更新してない模様。

 ゲームスペースA-3(@gamespacea3)さん   Twitter
 https://twitter.com/gamespacea3

※「サイレントヒル」の隣に「DDRMAX2」、というコナミレトロコーナーなんかもありちょっと驚いた。
IMG_gamespacea3_ddrmax2
 

場所はJR新白河駅の西口から歩いて5分ほど、閑静な駅前通りとバイパスの交差点角にある。
(ペンションか何かを思わせるオシャレな建物がいい感じ。駐車場も完備していてさすが地方のゲーセンという印象)
xP2530033


店内にはクレーンゲームなどのプライズ機や音楽ゲームなどライト層向けのゲームから、ガンシューティングやレースゲーム、麻雀やダーツ、ビデオゲーム筐体など一通りのジャンルが揃っている。
(午前中の開店間もない時間でも、麻雀ゲームなどを熱心にプレイされている方が数人いた)
IMG_gamespacea3_mj


パンチゲーム「はじめの一歩」の隣にダーツゲームという不思議な取り合わせ。
(スポーツ系ゲームを集めた?)
IMG_gamespacea3_punch


ガンシュー「サイレントヒル」の隣には約17年前のレトロ音楽ゲーム「DDRMAX2」を発見。
(「革命」とか「TSUGARU」とか「WAKALAKA」とか懐かしすぎる曲ラインナップ…しかも100円2プレイという大盤振る舞い。
 やり込んでいた昔の自分なら大喜びだったろうけど、今は体力が…)
IMG_gamespacea3_ddrmax2

DDRMAX 2 -Dance Dance Revolution 7thMIX- ORIGINAL SOUNDTRACK

中古価格
¥1,560から
(2019/2/9 10:47時点)



一方、レースゲームは「湾岸ミッドナイト」や「バトルギア4」などやや新しめ。
IMG_gamespacea3_battlegear4


さらに、「ストIIサードストライク」「ハイパーストII」など格闘ゲームはレトロな作品も並んでいた。
(平日は1日1000円の時間貸しもやっている模様。時間制のプレイし放題サービスって徐々に広がってる印象(以下一例))

 珍ゲーセン巡り・東京「ル・モンド 駒形店」(本所吾妻橋駅)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/69572184.html

IMG_gamespacea3_sf2_3rd



といったところで以上。
(時間がなかったためあまりプレイできず写真も撮れなかったが、最新ゲームもそこそこあった)

レトロな筐体もいくつかあり、関東~東北の電車移動ついでの途中下車、もしくは電車の待ち時間(新白河駅はただでさえ待ち時間が長くてお店も少ないので暇を持て余しがち。詳細以下記事)にでも立ち寄ってみてはどうか。

 18きっぷで東北本線移動の障害・新白河駅で暇をつぶす方法を探す
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073089733.html


※なお、駅の反対側、東口から歩いて10分ほどの国道沿いにもショッピングセンターの敷地内にゲームセンター(セガワールド白河)がある。
 こちらは最新ゲーム多めなので、時間があればこちらも見ていってはどうか。
 (以下は2016年に行ったときの情報のため、現在の状況は不明)

 セガ ワールド 白河 セガのお店情報サイト
 https://tempo.sega.jp/am/shirakawa/

xP1770110


クレーンゲームの中には当時(2016年)放映されていた「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の億泰の「ンまぁ~い棒」が並んでいた。
(ゲーム機の写真が皆無なのはレトロゲームが見当たらなかったからだろう。それでせめてもの記念にと撮影したのがこれという…右下の「ゲットしないと気が済まなくなる ヘブンズドアー!!」という貼紙も微笑ましい)
xP1770109

ジョジョの奇妙な冒険 × うまい棒 JF2017限定 ンまぁ~い棒 牛タン塩味 未開封 非売品 賞味期限切れ ジャンプフェスタ

新品価格
¥4,484から
(2019/2/9 10:48時点)




さらに、その向かいにあるブックオフの店内にも小さいゲームコーナーがあるのだが、なぜか看板にデカデカと「麻雀格闘倶楽部」と出ていて、ここでも麻雀ゲームの人気の高さを窺わせる。
(いまやプロ麻雀の「Mリーグ」のチーム名にもなっているが…全く関係ないが「麻雀格闘倶楽部」チームの佐々木寿人プロは隣の宮城県出身らしい)
xP1770113


ゲームコーナーは小さめのスペースなのだが、看板にあった「麻雀格闘倶楽部」の他、「戦場の絆」の大型ポッドや「湾岸ミッドナイト5DX(2016年だから?)」が並び意外と充実していた。
xP1770114





(10:52)