GCCX・たまゲー

2019年11月02日

今回行ったのは、都営浅草線・浅草駅から少々歩いた先にある「株式会社バンダイ東京本社」。
(台東区の観光情報サイトでも紹介されているスポット)

 バンダイ本社 | TAITOおでかけナビ

番組中では「たまに作るならこんなグッズ」ということで有野課長が新フィギュアの製作のために会社を訪れていたのだが、会社前の広場にあるキャラクターの等身大フィギュアをいじっていたので、浅草観光のついでにその辺を見に行った次第。
(さすがに社内に入るコネはないため…。なお、柵などはなく休日でも自由にフィギュアを見ることができる)

※有野課長が「力道山のポーズ」と評したドラゴンボールの「孫悟空」もいる。
 やはりヒーローは昔も今もこのポーズが似合う?
IMG_bandai_asakusa_son_goku



バンダイ東京本社は大通り沿いにあり、浅草駅から南下してしばらく歩くとかわいいキャラクターが並ぶ楽しい空間に到着。
(フィギュアのほか、ショーウィンドウにプリントされた「仮面ライダーゼロワン」も目立つ)
IMG_bandai_asakusa


「BANDAI」のロゴの上、キャラクターの先頭に立っているのはあの大ヒットゲーム「たまごっち」のキャラクター、「まめっち」。
(やはり歴史に残るヒット作で稼ぎ頭だからということだろうか?)

 キャラクター | バンダイ公式サイト

IMG_bandai_asakusa_tamagocci



その後ろにもアンパンマンなど、バンダイが関連グッズなどを手がけるキャラクターが並んでいる。
(背後のショーウィンドウには「仮面ライダーゼロワン」の宣伝コーナーが目立つ。ガチャやカードゲームの筐体も置いてあるがウィンドウの中で遊べないのが残念?)
IMG_bandai_asakusa_anpanman



奥へ進むと有野課長が「力道山のポーズ」と評していたドラゴンボールの「孫悟空」、さらにドラえもんやウルトラマンなど錚々たるメンツが並び、大人もテンションが上がる雰囲気。
(浅草観光のついでに立ち寄ったような外国人観光客などが記念写真を撮っていた)
IMG_bandai_asakusa_son_goku



ウルトラマン(こちらも悟空と同じく力道山ポーズ)の隣には初代「仮面ライダー」などもいる。
(背後のショーウィンドウには販売中のグッズが並んでいてこちらも目が離せない)
IMG_bandai_asakusa_ultraman


そして一番奥には「バンダイナムコ」つながりということで等身大(?)パックマンもいた。
(銀座のパックマン展や蒲田東急プラザランドにいたフィギュアを思い出す)

 ゲームセンターCXロケ地の今(旧「蒲田東急プラザランド」)
 歴代パックマンが勢揃い「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

IMG_bandai_asakusa_pacman


横から見るとこんな感じで、パックマンの鼻の高さが印象的。
(天狗の鼻を思わせる角度と長さ。土日だったので結構外国人が多数見に来ていた。実は隠れた浅草の観光スポット?)
IMG_bandai_asakusa_pacman_side

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パックマン PAC-MAN 彫像・スタチュー 【pac-man statue】
価格:53801円(税込、送料無料) (2019/11/2時点)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

ゲームとは直接関係ないが、子供も大人にもなじみの深いキャラクターが並ぶスポットということで、浅草や都心観光(秋葉原からもそこそこ近いし)のついでに時間があれば立ち寄ってみてはどうか。
(あるいは花やしきや浅草バッティングスタジアム、デンキヤホールなど他のロケ地めぐりのついでにでも)

 #GCCX ロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(追記)

 
 



(19:33)

2019年09月21日

今回行ったのは、都営大江戸線・月島駅から少々歩いた佃島の中にある駄菓子屋「山本商店」。
(写真を整理したら4年ほど前に行った時の写真が見つかったのだが、なぜか記事にし忘れていたため今さら紹介)

※東京都中央区の観光情報サイトでも紹介されているお店で、現在も営業を続けてる模様。
 夏らしく、スダレがかかった昭和っぽい雰囲気がすばらしい。

 山本商店 | 東京 中央区の観光情報公式サイト


さて、自分が行った4年前の時点では、店先にたまゲーロケで有野課長が遊んでいた「メタルスラッグX」(か「メタルスラッグ3」だったと思う)の小型筐体が健在だった。
(右側、2P側のレバーが1P側に比べて妙に黒く、使い込まれた感じなのが目を惹く)
xP1670089

台の左下の方には筐体の電源コードが出ていて、その近くのコンセントに自分でつないで電源を入れるセルフ式なのもロケの時のままだった。




そのそばにはこれまた駄菓子屋定番のアイスの入ったアイスケース(森永製)もある。
冷凍されたチューチューアイス、サクレ(別のお店でU字工事が広告に出ていたが…以下記事参照)、コーンアイスなどが見える。

 GCCX「たまゲー」ロケ地巡り(#169・三ノ輪駅「いちせ商店」)

xP1670090

ケースの上には

「いらっしゃいませ (買うアイスを)きめてから あけてね」

のかわいい手作りの札が置かれていた。
(ケースを開けっ放しでアイスが溶けるのを防止するためだろうか…子供の頃だとどうしてもケースを開けて手にとって選びたくなるが)

その一方、かわいい札のその左隣には

「万引をした者は 警察、学校、親に 通報します」

という警告文もあり、ビシッと注意している。
(やはり駄菓子屋のおばちゃんは人生の先生?)

※ゲームの後に駄菓子などを買って帰ったのだが、お菓子の写真が見つからなかったので割愛。
 参考(?)までに、昨年開催の「ゲームセンターCX博物館」では、山本商店の店先でお面(カトちゃん風)をかぶって駄菓子を味わう有野課長の写真がパネルで展示されていた。

 (関連記事)#gccx 15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)

xP1800092


お店を見た後、周囲を散策すると隅田川近くの道沿いに佃煮屋があった。
(さすが「佃島」の名の通り。ロケでも課長が訪れて「おいしいですね。ごはんあります?」などと言っていた気がする)
xNEC_0053


お店から月島駅方面へ進むと、赤い橋が架かっていて、その下に小さな釣り船などが浮かぶ(隅田川へ通じる水路になっている)昔のままの風景も。
(ロケ開始時、橋の上でお店の紹介ハガキ(確か、カメラ阿部さんが達筆で書いた物)を読むシーンもこのへんだった気がする)
xNEC_0050


佃島を離れて月島駅付近へ戻ると、駅周辺はタワマンが並ぶ大都会。
先ほどののどかな風景から一変するのが面白い。
xP1670073


といったところで以上。

ロケ時と変わらない古きよき(?)たまゲー的駄菓子屋さんという雰囲気なので、月島名物のもんじゃストリートなどを見るついでにでも足を運ばれてはどうか。
(都営大江戸線沿線には他にもロケ地が多く、ハシゴもしやすいだろう)

 GCCXロケ地巡り(#150・森下駅「トイパークまさみや」)
 GCCXロケ地巡り(#109・都営大江戸線・両国駅「かえる本舗」)


※ついでに、月島駅の隣の豊洲駅近くにある「大川商店」にも行ってみたのだが、「休ませていただきます」の札が出て閉店していた。
(その後も何度か立ち寄ったのだが結局行けずじまいで、数年前に閉店したらしいツイッター情報が流れていた。残念)
xP1860098

 閉店したお店の全景のツイート
 (小型ゲーム筐体がシートを被って置かれたままだったが、最近撤去された模様)


 

(10:35)

2019年06月22日

今回行ったのは、秋葉原駅・電気街口のすぐそばにある「あみあみ秋葉原ラジオ会館店」。
(平日の夕方少し前に立ち寄ったのだが、外国人観光客で結構店内が混んでいて、秋葉原の賑わいぶりを実感させられた)

 [店舗情報]-amiami.jp-あみあみオンライン本店-

ここは基本的にフィギュアやアニメグッズのお店なのだが、世界に一台の10円ゲーム「戦え!課長ファイター」があるということで秋葉原での買い物ついでに立ち寄ってみた。
(番組でオンエアされた頃、お店のニュースサイトでも紹介されていた)

 【トピックス】有野課長も来店!「ゲームセンターCX メダルゲーム 戦え!課長ファイター」撮影模様をリポート!


「戦え!課長ファイター」が置いてあるのは秋葉原ラジオ会館の4F。
下りエスカレーターとエレベーターの近くに置いてあった。
(オンエア時はゲーム機の背後に広めのスペースが開いていた気がするが、店内の配置変えや特設ブースができていたせいか、雰囲気が結構変わっていた印象。近くに100円両替機が見当たらなかったので、買い物して小銭を用意しておくのがベター)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_fighter_game2

上の写真の通り、ゲーム機の周囲の棚には「課長のイカ」をはじめ番組グッズも多数揃っていて、「GCCX博物館」(詳細以下記事)などこれまでのイベントで買い忘れた品などを買いたい方にも重宝するだろう。
(先日の「ゲームセンターCX Symphony」のパンフレットや菅Pの絵本、バカリズムとの対決で使ったマフラータオルなど意外な品もあった)

 (参考記事)gccx15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)


さて、ゲーム機の方は10円玉をレバーではじいてゴールまで運ぶいわゆる「新幹線ゲーム」。
台の上には有野課長のPOPが飾られ、「日本で一台」のアピールも。
(台の横にはさりげなく元AD加賀さんの姿もあった。POPもそうだが、ロケ時になかった見どころが追加されててゲーム機は1台でもじっくり周りを観察すると意外と長時間楽しめた)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_fighter

なお、「10円ゲーム」と思いきや1回100円なのだが、プレイするともれなく景品としてドット絵の王様や課長がデザインされたブドウ糖のお菓子「課長の憧れ ブチョウ糖」がもらえる。
(番組が終わるまでには「有野部長」に昇進という展開もあるのだろうか…)

※これは最近のゲーム機の規定で、プレイ時になにか景品を出すようにしないといけなくなったからと少し前のラジオ番組で有野さんが語っていた。
(以下、参考ツイート)

 「新幹線ゲーム、今はお金を入れて遊ぶほかに何か…」

※台の構造自体は他のゲーセンでもそこそこ見かける「日本一周旅行ゲーム」と一緒だと思われる。
 (6本のレバーやレールの形など、「新幹線ゲーム」定番の形。こちらは以前紹介の宮城「SAM-1」にあった台)

 バッセンのゲーセン巡り・宮城・大河原駅「SAM-1」(サムワン)

IMG_nihon_1syu


ゲームの後、隣を見ると箱に積まれていたのが「幕張生挑戦」で話題となった「課長水 GCCX1UPドリンク」。
1本200円とコンビニのペットボトルと大して変わらないお手頃価格?
(カートン買いも可能で、特典マグネットがもらえるとのこと。特典はいいとして1カートンの水は持ち帰るのが大変そうだが…なお、D松井さんの「マツナビ」情報も添えられていた。さすが元祖ナビタイム)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_water


さらに、ゲーム機の上には、たまゲーロケ地おなじみの有野課長のサイン色紙も。
(「コインゲームは1日12時間」と添えられていたが、そんなにプレイしたらどれだけお昼ご飯が美味しくなるのだろう…(by某駄菓子屋のお母さん))
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_autograph

他にも、つい最近出たカードゲーム「有野課長のLoveLetter」やDVDにブルーレイ、「GCCX PLAYFUL」ブランドのソニックTシャツなどもあり、ゲームの後はお買い物も存分に(by矢内さん)楽しめる親切設計だった。



といったところで以上。

ゲーム機は1つだけなのだがグッズの充実ぶりがちょっと驚くほどなので、秋葉原駅のそばだし帰りの電車に乗る前にでも気軽に立ち寄ってみてはどうか。
(あるいはアキバのロケ地巡りついでにでも)

 #GCCX ロケ地巡り(再々訪)(#2・秋葉原・トライアミューズメントタワー)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#17・山手線・秋葉原駅「スーパーポテト レトロ館」)

カードゲーム ゲームセンターCX 有野課長のLove Letter

新品価格
¥2,160から
(2019/6/22 09:44時点)





 

(09:54)

2019年05月11日

2018年、番組の15周年企画で開催された「ゲームセンターCX博物館」(詳細以下記事)の展示物のうち、岐部先生に関係するものを一部紹介。
(次の20周年?でもこの手の企画に期待したいです)

 #gccx 15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/74923933.html


★岐部先生のマジギレ(したように見える)の瞬間

2018年、番組の15周年企画で開催された「ゲームセンターCX博物館」の番組名場面のフォトパネルの中にあった一枚。
(一応下半分だけトリミング。全体の表情は番組OA等でご確認を)

「有野さんが、新幹線を…乗り過ごしました」と菅さんが言った瞬間の岐部先生の表情、カメラワーク含め見てる側にも緊迫感が伝わってきた1シーンでした。

IMG_gccx_museum_kibe


★番組のナレーション原稿

博物館に展示されていたナレーション原稿のコピー。
映像に合わせて秒単位でセリフをあてはめていて、毎回の作家さんの苦労が窺われます。

IMG_gccx_museum_naration


==============================

■「ゲームセンターCX作家岐部の挑戦」(岐部昌幸・著)

「ゲームセンターCX」でおなじみの構成作家・岐部先生の著作第3弾。
(以前の記事で感想を書いた「ボクはファミコンが欲しかったのに」、そして第2作「世にもふしぎなゲームの物語」に続く)

 (関連記事)「ボクはファミコンが欲しかったのに」を読む
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/32798863.html

世にもふしぎなゲームの物語

新品価格
¥4,850から
(2019/5/11 11:14時点)




タイトルの通り、「ゲームセンターCX」の番組立ち上げから現在に至るまでのエピソード、番組裏話などが綴られた一冊。
(番組立ち上げの前、岐部先生が上京して放送作家になるまでの苦労話も入ってるのが興味深い)

番組立ち上げ時の方が意外性のある話題が多いせいか、シーズン1~10までの話題(特にレジェンドADとも言われる最初のお三方+井上さんあたりの話)が多い印象。
ただ、その後の24時間生放送、海外ロケ、ゲーム化、映画化、博物館(以下関連記事)など最近の話題もちょいちょい入っていて、新旧ファンともに楽しめる内容となっている。

 #gccx 15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/74923933.html

また、番組がかれこれ15周年を迎えるほどの長期間ゲーム番組に携わってるだけあり、「コンゴボンゴみたいな短いループ感」「ぷよぷよランド建設に匹敵するような斜め上案件」といったレトロゲームに絡めた言い回しの多さもさすがGCCX放送作家といった感じ。

番組の裏話としては、ロケや本番中、ミニコーナーの収録、編集作業などほぼ番組全体についての話題がカバーされていた。
番組第1回のタイトーへのロケ、DS用ゲーム開発(以下関連記事)、10周年映画制作(岐部先生の過去の本のエピソードとの関わり)、などについて現場の生のやり取りが事細かに綴られていて舞台裏のダイジェスト映像を見てるようで、OAを見直してチェックしたくなるほど。

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/75758247.html
 DSソフト「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」をクリア 
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/54173798.html

過去の番組本(3冊目、詳細は以下記事)でちらっと書かれてた、笹野さんの初ディレクターの回の苦労が実は想像以上に深刻だったという話(番組本ではかわいいマンガで描かれてて深刻さが薄まってた感)や、AD時代のイノコMAX伝説について岐部先生がかなり呆れて関係悪化した時期があったらしいことなど、今だから話せるような突っ込んだ裏話も多く、最後までハラハラしながら読めた。

 (関連記事)番組本「ゲームセンターCX 3」を読む
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/72028158.html

ということで、ゲームセンターCXファン(特にゲーム内容より番組スタッフが好きな方)なら文句なしに楽しめる必読の一冊だと思う。
(個人的には、OAでは人見知りな部分や生放送冒頭でいじられるのが目立つ元AD/AP・中山さんが、写ってない所で実はすごく気配りのできる人、課長思いの人だというエピソードがとても印象的だった。(格闘ゲーム推しなだけじゃないぞと))

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ

※ちなみに、私の中で番組内での中山さんの一番の名言(迷言?)は、
 「スーパードンキーコング」挑戦で無限1UPをやってる時の

 有野課長「これ何機まで増えるの?」
 中山さん「これは…無限です!」

 のやりとり。
 一言だけなんですけど、「いやコンピュータでカウントしてるんだから無限にはならんでしょ…」と思うとじわじわ来ます。
 (「キャッチコピーでつかまえて」で「このつっぱりが…」と言って武田アナに厳しくつっこまれてるシーンと迷いましたが)

ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦

新品価格
¥1,296から
(2019/5/11 11:19時点)





(11:26)

2018年12月15日

今回は先日記事にした「ウェアハウス川崎」へ再び行った時の話を。
(2018/01のもの。前回行ったのが2015/09で約2年ぶりの再訪だった)

 前回行った時の記事:GCCXロケ地巡り(再訪)(#77・「ウェアハウス川崎」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/65116135.html
 ゲームセンターCXロケ地巡り「ウェアハウス川崎」(2013年10月)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/39303413.html

※中国語と英語で書かれた危うい貼り紙など、隅々まで見ると新たな発見が一杯で再訪でもかなり楽しめた。
P1660030



というわけでJR川崎駅近くのお店の方へ。
(工場のような入り口脇には駐車場(PARKING LOT)もある。看板の「L」の文字が傾いてるのが廃墟っぽい雰囲気を演出?)
P1660023


入り口からエレベーターへ向かう途中の天井には「九龍」「電脳」などの中国語の看板やケーブル類がむき出しで垂れ下がってたりと、モデルとなった九龍城っぽい演出が一杯。
P1660026


エレベーターで上がった先にも廃墟かバラックっぽい壁や建物があったりとじっくり見て歩きたい場所だらけ。
P1660031


「植物環境衛生署 警告 有毒鼠餌」と中国語+英語で書かれた日本人置いてきぼりの貼り紙なども。
(下の英語で「POISONOUS RAT」とあるので、毒ネズミに注意といった意味だろうか…本場の中国人がこれを見た感想なんかも聞いてみたいところ)
P1660030


その一方で「UFOコーナー新情報!」と新作プライズを紹介する華やかな看板もあったり。
(スタッフさんの手描きだろうか、かなりの力作。下のキャラがけいおん!、まどマギ、EVA、ワンピースと個性的なチョイスなのもよし)
P1660033


レトロゲームの並ぶ一角の近くには、「マリオカート2」と「スリルドライブ(おそらく3)」もあった。
(この2つもゲーセンの中ではレトロの部類に近づきつつあるだろうか)
P1660034


「タイムクライシス4」と「ダライアスバーストEX」なども稼動していた。
(筐体もすごいが、むしろ台の後ろの換気扇や小窓などのリアルさに目が行ってしまう気も)
P1660035


前回行った時にもプレイした「スペースハリアー」「アウトラン」などは相変わらず健在。

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#77・「ウェアハウス川崎」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/65116135.html

P1660036


その隣には「ラッドモービル」も稼働中。
ただハンドルの感覚が微妙で操作しづらかった感じだが、元々コースに傾斜がかかってるから?
P1660038


スタートボタンの横にライト、ワイパーボタンが付いてる本物志向がたまらない。
(以前プレイした子供向けサファリレースのゲームを思い出すが)

 懐かしゲームコーナー巡り・茨城・「イトーヨーカドー古河店」
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/76832158.html

P1660037


「モナコGP」も引き続き稼働中。
その横には「バーチャロン」もあった。
P1660041


古めかしい貼紙の中には、下着姿の女性が描かれたものもあった。
(質感が田舎に昔から残ってるボンカレーのホーロー看板っぽい感じなのがすごい。さすが18禁ゲーセンらしいアダルティな演出)
P1660047



「新女天使大誘惑」と書かれた夜のお店っぽいのも。
作り物とは思えない感じがするがモデルになった女性が誰なのか気になるところ。
(左上に「$1300 12時間」とあるのは料金だろうか…どこまで含まれる料金かは不明)
P1660049


 
 
エレベーターも落書きに貼紙跡など、いい感じにウェザリングされててちゃんと動くか不安な感じが乗る前からスリリング。
(「中野の九龍城」と一部で話題らしいワールド会館を思い出す)
P1660048


体感・大型筐体が並ぶ一角と反対側の方には、「リブルラブル」「メタスラ2」などが並ぶレトロゲームのシマもある。
(1プレイ50円も嬉しいところ)
P1660051


最後に、エスカレーターで1階へ降りて出口へ向かう途中、廃墟の小窓を除くと寝ている女性の顔が見えてギョッとする。
(下着姿で大事な部分が見えてるわけではないが、一応トリミングさせてもらった)
P1660053-2


じっくり見ると白い下着姿で寝ているマネキンなのだが、服がはだけた感じや、壁のハンガーに掛かった衣類など生活感がよく出ていて、丁寧なつくりに感服するばかり。
(館内で一番アダルトな場所だと思うので、ぜひ自分の目で全身をごらん頂きたい)





といったところで以上。

レトロゲームの他に最新ゲームの品揃えも充実しているので、川崎に来てゲームするなら立ち寄って損はない場所だと思う。
(蒲田も近いので、ついでに蒲田駅屋上の観覧車に乗るのもいいだろう)

 GCCXロケ地の今・「かまたえん」(旧「蒲田東急プラザランド」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/68291810.html





(21:22)