GCCX・たまゲー

2021年02月21日

今回は先日記事にした「たまゲー」のロケ地、静岡の「熱海城」について以前の記事で使わなかった写真で当時を振り返ってみたい。
(本編のゲームセンターCXでも最近はロケがしづらいためか過去のたまゲーの傑作選を放映してるのでいいかと…)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#216・東海道線・熱海駅「熱海城」(地下ゲーセン編))
 ゲームセンターCX・たまゲーロケ地巡り(#215・熱海城(地上編))


●ラブプラスの横に硬派ガンシュー
熱海城といえば地下の遊び放題レトロゲーセン。

その中でふと目に付いたのが、2011年頃のリリースらしい恋愛ゲーム「ラブプラス アーケード」。
(熱海の近くの伊東の温泉街がちょっと盛り上がったりしてたが)
その隣には全く対照的な硬派なガンシュー「オペレーション ゴースト」と異色な取り合わせもあったりと、台の並びも面白い。
P2150158


●脱衣麻雀の横に(また)硬派ガンシュー
セガ秋葉原などで見かける人気ガンシュー「ハウスオブザデッド3」の大型筐体の隣にぽつんと小さなブラストシティ筐体。
その中では「スーパーリアル麻雀P6」が稼動していた。
(またも狙ったような銃と美女の組み合わせ?)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(再訪・2020/06)

P2150160


●「ギターフリークスV8」
いまや懐かし音ゲーの域に入りつつある「ギターフリークスV8」。
選曲画面や曲のリストも懐かしい感じ。
(初代から入ってる「Happy man」。夢に出そうな顔)
P2150193


●子供用太鼓ゲーム?「Toy'sMarch(トイズマーチ)」
珍しかった音ゲーが、小太鼓を叩いて遊ぶコナミの某太鼓ゲーム風「Toy'sMarch(トイズマーチ)2」。
かわいいデザインと、「ドラえもんのうた」や「名探偵コナン」など子供向けの選曲が目立つのが印象的。
(リリースは2005年頃らしくなかなかの貴重品?)
P2150148


●pop'n music 19 TUNE STREET
ちょっと新しめの音ゲーだったのがこちらの「pop'n music 19 TUNE STREET」。
それでもリリースは2011年となかなかの年代物。
P2150145

●電車でGO!2
意外と都内のボウリング場などで見かけたのを思い出す「電車でGO!2」。
初級コースは新潟近辺で「直江津」?「ほくほく線」?など聞きなれない地名と路線名で、初めてプレイした時は異国の電車に乗る気分だった記憶。

 ボウリング場のゲーセン巡り(山手線・池袋駅「ハイパーレーン」)

P2150153


●スポーツ吹き矢
フロアの片隅には、アナログなゲームを遊べる一角もあり、その1つがこちらの吹き矢。
壁の的として「風雲!熱海城」(某たけし城だろうか)が描かれていて、城のあちこちにいる忍者やコウモリ?を狙えばいいらしい。
(特にスタッフさんはいなくて、勝手に吹いていい模様)
P2150177

一応アルコール消毒の道具などはしっかり置いてあった。
「やったらすぐハマる!」「吹矢レクリエーション協会 公認吹矢用具」とのことなので安心?
P2150180

●セガのしくじりの名残「えーでるすなば」
また別のフロアの片隅の方には子供向けのゲームなどもちらほら並んでいる(左奥のピカチュウとか)のだが、その中にあったのがセガのお砂場遊びゲーム「えーでるすなば」。
(先日の「しくじり先生」で話題になっていたやつ。「プラス」とあるが続編があった?)
P2150133

こんな意外なゲーム機と出会えるのも熱海城のいいところ。
(隣にあるのはローラースルーゴーゴー風のキックボードのレースゲーム「キックスルーレーサーズ」だろうか)

ちなみに、同じ系統であろう、ホッピングで遊ぶゲームもあった。
(そしてこのピカチュウの顔である。「卓球コーナー」も今となっては気になるがこの時はレトロゲーム最優先だったので見向きもしなかった)
P2150199


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ

といったところで以上。

コロナが落ち着いたら、また温泉街巡りついでにゲームしに行きたいところ。
(城の最上階からの眺めも忘れずに)
P2150202

 
※最新の営業状況はこちらから。

 熱海城(公式サイト)





(09:59)

2020年12月20日

今回は先日記事にした「たまゲー」のロケ地「あみあみ秋葉原ラジオ会館店」に再び行った時の話を。
(2020年9月のもの。以前行った時の話は以下)

 GCCXロケ地巡り(#250「あみあみ秋葉原ラジオ会館店」)

※カメラ阿部さんや井上さんのTシャツも引き続き(いつから?)絶賛(?)販売中だった。
akihabara_amiami_gccx_Tshirt



平日のアキバだったが、9月頃は緊急事態宣言が出ていた頃に比べれば賑わいが少しずつ戻りつつあった。
akihabara_amiami


ゲームセンターCXをテーマにした10円ゲーム「戦え!課長ファイター」(但し1プレイは100円。景品付き)が置いてあるのは以前と同じ、秋葉原ラジオ会館の4F。
下りエスカレーターとエレベーターの近く。
(ゲーム機の隣の特設グッズ売り場も健在。右端に見える消毒アルコールビンが今年らしい風景)
akihabara_amiami_gccx

プレイ後に「課長の憧れ ブチョウ糖」がもらえるのも一緒。
(絵柄は定期的に変わるらしく、「GCCXon太平洋」の船長姿の王様やマリオっぽくジャンプ姿の有野課長などデザインが変わっていた)
akihabara_amiami_gccx_buchotou


特設グッズの棚を見ると、約一年前の東京ゲームショーの有野課長審判Tシャツ(Mサイズ~XLサイズまで)、さらにカメラ阿部さん(カメラ阿部Go!Go!Tシャツ。グッズについては以下リンクに詳細あり)や井上さんのTシャツ(いつかのゲームショウで作ってたやつ)も引き続き絶賛販売中だった。

 GCCX業務報告 - ガスコイン・カンパニー
 http://www.gascoin.co.jp/archives/category/articles/cx/houkoku

井上さんTの方はかなり息の長いロングセラーという感じだが…(「限定販売」とあるからレア物らしい)
akihabara_amiami_gccx_Tshirt

上の棚を見ると、「GCCXMAX 剣を抜け」や「GCCX 花やしき」の缶バッジ、王様や課長のドット絵がモノクロで描かれたステンレスボトル、「博多3カード」など番組中の新旧名シーンをカットした「名場面アクリルスタンド」など新商品が多数並んでいた。
(番組DVDやカードゲーム、菅Pの絵本は英語版も引き続き販売中。置き場所がなくなったのか、有野課長のサイン色紙が商品棚の裏に移動していた)
akihabara_amiami_gccx_goods

他にはポータブルヘッドホン、いけそう缶グリーン、GCCXボディバッグ(東京ゲームショーバージョン?)など新しいグッズも並んでいて、イベントで買い逃した方には助かるところ。
akihabara_amiami_gccx_ikesou_kan

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲームセンターCX DVD-BOX17 [ 有野晋哉 ]
価格:6606円(税込、送料無料) (2020/12/20時点)




最後に、「戦え!課長ファイター」の盤面をじっくりチェック。
カメラ阿部さんが昔のたまゲーでプレイしていた「ハングオン」や、AD加賀さんが乗った「電車でGO!」などレトロゲームや番組ネタがちりばめられてて美しい。
(左下のゴールの両脇、ハズレの穴が「ガメオベラ」なのもさすが)
akihabara_amiami_gccx_kacho_fighter


※なお、現在は商品棚に先日出たばかりの最新版のDVDが並べられている模様。

 「DVD-BOX 17弾」!!当店ゲームセンターCXコーナーにて販売中


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

秋葉原駅のそばということで、帰りの電車に乗る前にでも気軽に1プレイ、もしくは番組グッズを探しに立ち寄ってみてはどうか。
(アキバのロケ地…はトライタワーは閉館、ナツゲーは休館(高田馬場でミカドとコラボ営業中?らしい)してしまったのが残念。もしロケが可能になったら、今のアキバを巡るたまゲーをやってほしいなとちょっと思ったり)

 #GCCX ロケ地巡り(再々訪)(#2・秋葉原・トライアミューズメントタワー)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#17・山手線・秋葉原駅「スーパーポテト レトロ館」)



 



(10:13)

2020年11月01日

今回は久しぶりに高田馬場のゲーセン・ミカドに行った時の話を。
(結構定期的に通っていたが、日記に書くのは久しぶり)

 前回:GCCXロケ地巡り(#104「ゲーセン・ミカド」)(2017/07)

※操縦桿がテープで補強された「スターブレード」が稼働中。
 年代もの筐体はプレイが熱くなっても慎重に扱いたい。
takadanobaba_mikado_gamecenter_star_blade2


というわけで久しぶりにJR高田馬場駅へ。
(山手線の線路沿い。たまゲーのロケ時は電車が行き来する駅ホームに向けて有野課長が手を振ってたシーンが懐かしい)
takadanobaba_mikado_gamecenter


入口の近くにあったのがこの4台。

・「ボール雀三国志」(昔ながらの雀球ゲーム。パチ風に玉を打って麻雀の役を作る)
・「STRIKER2」(スマートボールっぽく玉を打って4x4の穴に入れて一列揃えば当たり)
・「アルマジロパニック」(調整中らしくガワだけ。アルマジロでレース?)
・「アフターバーナークライマックス」(セガ往年の体感ゲームのリメイク版)

takadanobaba_mikado_gamecenter_jankyu


来る度に毎回挑戦してる「アフターバーナークライマックス」。
(池袋ミカドでもプレイした)

 レトロゲーセン巡り・池袋「ランブルプラザミカド」(2019/10)

何年ぶりかにエンディングAが見れてご満悦。
(なお、シートベルトが不調なのか「未着用です」のメッセージが出っ放しだったが操作はほぼ問題なし)
takadanobaba_mikado_gamecenter_afterburner_climax

入口から正面、奥の方は以前と変わらずレースゲームが並ぶ。
しかし一番手前には「電車でGO!2」があった。
takadanobaba_mikado_gamecenter_racing

続いて同じく体感ゲームの「パワードリフト」。
派手に揺れる筐体の上で、BGMがいい感じのBコースをなんとかクリア。
(3DSの3D復刻アーカイブスで練習したかいがあった)

筐体の前面上部に描かれた黒いエンジンカバーの「SEGA」、「elf」「BRIDGESTONE」などのロゴが時代を感じる。
takadanobaba_mikado_gamecenter_power_drift


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】[3DS]セガ3D復刻アーカイブス2 通常版(20151223)
価格:3580円(税込、送料別) (2020/11/1時点)





まだ9月で暑い中、アストロシティ筐体の上では扇風機が活躍中。
(天井のグラディウスIIやサラマンダなどのポスター(なぜか横向き)などのポスターもあいかわらず懐かしい)
takadanobaba_mikado_gamecenter_astrocity


そしてまた大型筐体「スターブレード」。
テープで補強された操縦桿を慎重に握ってプレイ。
(もうかなりの年代ものというのを実感。あと何回プレイできるだろうか…)
takadanobaba_mikado_gamecenter_starblade

レースゲーム「アウトラン2」もプレイ。
ステアリング中央のフェラーリマークが今も眩しい。
(以前稼動していた初代「アウトラン」は入れ替えとなってしまったが、こちらも今となっては十分貴重)

 ゲームセンターCXロケ地巡り「ゲーセン・ミカド」(2016/06)

takadanobaba_mikado_gamecenter_outrun2


奥の方のアストロシティ筐体がずらっと並ぶエリアは、コロナ対策で仕切り板付き。
横から見るとお店のマスコットキャラ(ミカドちゃん)が描かれた板がずらっと並んで絵になる風景。
(平日の午前で、たまたま周りにプレイ中の人がいなかったのできれいに撮影できた)
takadanobaba_mikado_gamecenter_guardboard



そしてこちらもだいぶ久々なのだが、「スーパーリアル麻雀PV」をプレイ。
(新橋ビルや大阪西成などで麻雀ゲームをプレイしたのを思い出す)

 GCCXロケ地巡り(#108・東京・新橋駅「ニュー新橋ビル」)
 レトロゲーセン巡り・大阪西成・「シンエイゲームセンター」

台は1Fフロアの一番奥の方に置いてあり、昔のゲーセンのようなゾーニング。
(近くにはファイナルロマンスもあった。ミカドちゃんに見守れられながら(睨まれながら?)コイン投入)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong

久々のプレイで脱衣麻雀ツキ(?)がたまってたのか、ほぼ苦もなく4連勝くらいでき、あっさり次女をクリア(脱がせきった)。
(面白いように早いリーチが連発。レートRの掛かったネット麻雀もこれくらい好調なら…と思う所)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_p5

そして最近移植されたスイッチ版ではなくアーケード版(水着シーンとかでごまかしてるSFC版でもない)なので、しっかり脱ぐ(変な光なども邪魔しない)…のだが、そのシーンは割愛。
(現地でプレイして存分にご確認を。たまたまこの時はギャラリーがいなくて安心してプレイできた)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_p5_jijo_win

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーリアル麻雀 LOVE2〜7! 特装版
価格:7461円(税込、送料無料) (2020/11/1時点)



なお、次に出てきた長女には初戦であっさりやられて終了。
「兄より優れた弟など…」ならぬ「姉より優れた妹など…」ということか。
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_lose

さて、ここで飯時になったのでお店を出ようとすると、途中に並んでた筐体の1つが「ファイナルファイト」。
こちらもスーファミ版ではなくアーケード版なのでオープニング中のジェシカがしっかり下着姿。
(SFC版ではドレス姿で露出低め。当時のゲーム雑誌で両者の違いが紹介されていて思春期前の子供心にドキドキした記憶)
takadanobaba_mikado_gamecenter_final_fight



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

この日自分がプレイしたのは主に体感レトロゲームだったが、他にも格闘ゲームや音楽ゲーム、アクションなど他のジャンルの数十年位前の貴重なゲームやピンボール台などもあいかわらず多数稼働中なので、都心でレトロゲーセンに行くなら外せないお店だろう。






(10:38)

2020年07月12日

今回はゲームセンターでなくGCCXの関連本を読んだ話。
「ゲームセンターCX COMPLETE」を読んだので、その感想などを書いてみる。
(以下、他の本を読んだ時の記事)

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む
 番組本「ゲームセンターCX 3」を読む

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ゲームセンターCX COMPLETE / 太田出版
価格:150円(税込、送料別) (2020/7/12時点)



番組本の4冊目となるこの本では、ゲームセンターCXの放送の最初の5,6年について、書名の「COMPLETE」の通りミニコーナーやイベントも含めたシーズンの全体を振り返っている。
(1,2冊目のような番組内容の書き起こし・丸写しではなく、座談会やランキング形式などでしっかり綴られていて読みごたえ十分)
有野課長やADさんなどスタッフへの長めのインタビュー記事が多く、普段聞けない裏話も多くて番組スタッフ好きにはたまらない内容。
(さらにカメラ阿部さんのマンガ、開発者インタビューと相変わらずバラエティに富んだ内容となっている)

以下、章ごとに簡単な感想など。

※「カメラ阿部さんのマンガが読めるのは番組本だけ!」(実際はもう一冊にも収録されてます)
xP1800097



■有野晋哉10000字ロングインタビュー
・番組の始まりや、開始当初の頃にシーズン継続が決まった時などの経緯
・初期シーズンにやった企画「ポケモン100匹集め」の裏話
・たまゲーなどでぼそっと言ってた「共演者がほしい」などの一言の裏側
・入院の裏話
・当時のゲームライフ(DS「有野の挑戦状」のやりこみ、ご家族とやるゲームなど)

 DSソフト「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」をクリア

★「GCCX博物館」で展示されていた入院時の課長の胸部レントゲン写真。患部を展示ってなんともシュール。
IMG_museum_gccx_kacho_medical_photo


■番組シーズン1~11ダイジェスト
・番組の名場面集(番組画像をたくさん交えて紹介。ミニコーナーの紹介や当時のイベントなどにも随所で触れている)
・放送オンエアリスト
・シーズンのふりかえり(酒井さん、岐部さんの座談会形式)


■スタッフインタビュー
初代AD東島さんから当時のAD中山さん(幻の山田さんは除く)、さらにAD以外のスタッフのインタビュー。
VE須田さん、演出藤本さんなど普段あまり表に出てこない方も登場。

★「GCCX博物館」で展示されていた、VE須田さんの写真でボケる「スダランカーの一言」。
 「須田タイム」「早帰り」「子持ち」などのネタは後任の府川さんが最近ちょっと受け継いでる感?
IMG_museum_gccx_VE_suda_photo

写真入りでインタビューが載ってるのだが、約10年前ということで課長同様、スタッフの皆様もお若い。

なお、D中内さんはこの頃からレアキャラのせいか未登場だった。
あまりこういった場には出てこないが、本以外で語られてる記事だと以下などがある。

 こっそり支えてくれる人(3)中内ディレクター - ゲームセンターCXスタッフここだけ話


■スペシャル対談・藤原氏(魔界村)
・アーケード版・魔界村の難易度設定
・レッドアリーマーの攻略法(武道館で言ってたやつ)
・オープニング(アーサーが裸で墓地)の真相
・2周制度にした理由


■スペシャル対談・桜井氏(カービィ、スマブラ)
・ゲームを創る側から見た昔の高難易度ゲーム、そして今の万人向け難易度ゲームの作り方
・桜井氏が選ぶベストバウト(番組のエピソード説明のため一部岐部さんも参加)
・スマブラ開発の裏側(デバッグ、開発体制、スマブラへの他社からの参加オファーの扱いなど)


■ガメオベラ ~つっぱり大名外伝~
・カメラ阿部さんの力作マンガ。「GCCX博物館」でも生原稿が公開されていた。

 #gccx 15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)

xP1800097


■伝説の生放送プレイバック
2007年クリスマスの「カイの冒険」生放送の様子を時系列でリポート。
送られてきたFAXも一部紹介。(もちろん「カイやれ by 川口」もあり)

★「GCCX博物館」で展示されていたAD鶴岡さん製作の「カイの冒険」攻略用ジオラマ。
 敵キャラの1つ1つまで丁寧に作られてる超力作。
 微妙に柱が曲がってたりするのも手作りの苦労がひしひしと伝わってくる。
IMG_museum_gccx_kai_bouken_georama


■プロデューサーインタビュー
・菅Pへのインタビュー。番組開始の背景(制作サイド視点の話)
・この頃から次世代機(PS/SS)の解禁をいつにするか悩まれていた模様。その次、DSなどの解禁などについても検討。
・たまゲーの発祥(「コンティニュー」のコーナーが元になった話とか)、今後の遠征先候補など。
・「もし濱口さんだと上手だから番組的にうまくいかなかったかも…」とあるのが、今、「DX」や「○○生活」をやってるのを見ると面白い。


なお、他にも社内での有野課長の意外なオフショット(熱帯魚にエサやりするシーンなど)や、スタッフ勢ぞろいの記念写真(2008年頃。インタビューには入ってないが江本さん、渡邊さん、レアキャラ中内Dなどの姿もあり)などがあるのだが、一番の衝撃だったのが「GCCX on 太平洋」の最後で話題になった「C!X!」ポーズを若かりし頃の課長がやっている写真。
背後に「海腹川瀬」挑戦時のイラストがあり、その頃から「C!X!」ポーズはあった模様。
(とりあえず「C!」の一部だけ。気合の入った課長の表情とポーズ全体は本書でご確認を)
IMG_gccx_kacho_cx_pose


ということでかなりの充実ぶりなので、初期シーズンのGCCXが好きな方なら今から読んでも十分楽しめる一冊かと思う。




 

(11:25)

2020年04月11日

先日、以前当ブログで紹介した秋葉原・エターナルアミューズメントタワー(通称「エアタワー」、旧トライタワー)を運営するエターナルアミューズメントが破産申請というニュースが入ってきた。

 【続報】「キラキラAsobox」のエターナルアミューズメント、破産開始

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#2・「トライアミューズメントタワー」)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#2・「トライアミューズメントタワー」)

ブログ記事には書いてなかったがその後もよく通ってたお店だったので、今回はその辺の写真とともに当時を振り返ってみたい。

※beatmaniaの歴代バナーが並んで貼られていたりと音ゲー好きにはたまらないお店だった。
P1980023


●注意ポスター(2017/05)
手作りっぽい店内での禁止事項ポスター。
「筐体を蹴る(飛び蹴り)」「店内で寝る(なぜか体育座り)」など色々な行動をする人がいる中、右上の「ペットの持ち込み禁止」では肩に小鳥を止まらせてる人の絵で、逆に見てみたい気もする。
(ポスター下のマスコットキャラがトライタワー時代とエアタワー時代で変わったのも懐かしい)
P1140044


●レトロゲームポスター(2017/05)
レトロゲームの集まってるフロアに貼られていた「スペランカー」のポスター。
インディージョーンズを思わせる実写風の絵柄に「発見は地面を塗りかえる」という謎コピーが印象的。
P1140041


●エレベーター内でもアピール(2017/05)
小さなエレベーター内にも所狭しとゲームをアピールする貼り紙が一杯だった。
5鍵のbeatmaniaが2台元気に並んでた頃もあった。
P1140035

 


●GITADORA(2018/02)
レトロ音楽ゲームのほかに「GITADORA」など最新音楽ゲームもしっかり揃えていたのがここの魅力。
平日午前中の人の少ない時簡にこっそり最新作を体験させてもらったのもいい思い出。
(ドラムやペダルの数が増えててブランク10年近くの自分はもうついて行けなかったが…)
P1740040

人がいない時間帯なのをいいことに「けものフレンズ」の曲などもこっそり弾く。
P1740042


●GITADORA(2018/03)
ギターの方はボタンが5つ、ペダルが3つに増えて…とプロの方でも納得の仕様だった。
P1830038

こちらでは「けいおん!」の曲などをこっそり弾く。
(結構前に舞台になった学校へロケ地巡りで旅行に行ったのも懐かしい)

 「けいおん!」と飛び出し看板の聖地・滋賀県・豊郷へ(2011/12)

P1830040


●pop'nとIIDXのそばに5鍵とキーマニと…(2018/05)
最新音楽ゲーム(pop'nやIIDX)のそばにレトロ音楽ゲーム(5鍵やキーマニ)が入り混じっていたのも貴重な空間だった。
十年余りの時を超えた様々な筐体と曲をプレイできたことにただ感謝するだけ。
P1950020

「ダンスダンスレボリューション」(最新作)の隣に「DDR Extreme」というコラボも。
DDRが複数台並んで置かれてるだけでも今となっては十分レア?
(うろ覚えだがDDR4thMIXの頃とかはちょっと大きなゲーセンなら普通に2,3台並んでたのをよく見た気がする)
P1950019

「DDR Extreme」は日本でのワールドカップ開催の頃の作品でだったため、版権曲に「LA COPA DE VIDA」「We are the Champions」などサッカーっぽい曲が収録されてたのも懐かしい。
P2230027



●「DanceManiax」に「パラパラパラダイス」(2018/08)
数年前と比べて筐体の配置が換わったけど、超レア物の音ゲーが残ってたのも懐かしい。
(左奥にスーツケースが置かれているが、秋葉原へ旅行できた人が記念にプレイしていたのだろうか…全国的に見ても貴重だったと思う)
P2110067


●そしてキーボードマニアに帰る(2017/07)
来る度に色々なゲームをプレイさせてもらったが、毎回欠かさずプレイしてたのが「キーボードマニア3rdMIX」。
鍵盤の多さでメンテが難しく撤去されることが多い中、20年以上の時を経てずっと残っていたのは本当にありがたいと思うしかない。
(音量設定が気持ち大きめでプレイしやすかったのにも感謝)

時を越えて出た続編「ノスタルジア」が隣に並んでいたこともあった。
鍵盤でなくタッチパネルだがこれはこれで好き。
P1260051

半年ほど前に行った時は、筐体の横に「神田明神」の熊手が掛けられていた。
(もちろん裏技コマンド表もしっかり掲示)
akihabara_eternal-tower_keyboardmania

「本日の設定:激甘設定」と貼られてて、「本日」といいつつほぼいつも「激甘」だった(と思う)のにもスタッフさんの優しさ、キーマニ愛を感じたり。
P1140051



●歴代IIDXポスター(2019/10)
beatmaniaIIDXの歴代ポスターが貼られていたのも昔からのファンにはたまらなかった。
(HAPPYSKYは黒ギャルがモチーフ、と時代に合ってたのか早かったのか…)
akihabara_eternal-tower_beatmania

5鍵の頃の筐体バナーが並んでいたこともあった。
ここまで並ぶと圧巻の一言。
P1980023


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

破産申請、それにつながった肺炎は残念な限りだが、何年もの間、たっぷり音ゲーを楽しませてもらったことにただ感謝したい。
(他の秋葉原および都内の有名なゲームセンターも休業を発表してる所が多いが、いずれ営業再開したらまた「遊んで応援」(「食べて応援」的な)したいものである)

 #GCCX ロケ地巡り(再々訪)(エアタワー(旧トライタワー))

 



(09:57)