全国ゲーセン巡り紀行

2021年09月05日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、10回目は山梨。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(9)・長野

山梨といえば富士山。
ということでだいぶ前に富士五湖などに行った後はしばらくご無沙汰だったが、その後、ワインとか温泉もあると気づいてつい最近温泉旅に行ったりしていた。

※富士五湖の1つ・河口湖で「ワニワニパニック」の姉妹品?「サメサメパニック」をプレイしたのもいい思い出。
(別に河口湖にサメが出るわけではない…はず)
NEC_0104



最初に山梨に行ったのは9年前、2012/07。
富士急行で富士五湖の近く(河口湖駅)へ行ったり、登山バスで富士山五合目まで行ったりした(詳細以下)のだが、そのついでに立ち寄ったのが富士急ハイランド。
(当時は駅の看板がレトロ調のデザインだった)

 富士山に鉄道・バスで行く(五合目まで)(2012/07)
 富士急行の沿線風景

NEC_0110

遊園地の外にちょっとしたゲームセンターがあったのだが、中を見ると「DDR 3rdMIX」や「ポップンミュージック(結構初期バージョン?)」があり、ついつい遊園地で遊ぶより熱中してしまった。
(看板に合わせてゲームもレトロだったとは驚き)
NEC_0113

ついでに富士五湖の1つ・河口湖へも行ったのだが、「ワニワニパニック」の姉妹品なのか「サメサメパニック」というのがあった。
(別に河口湖にワニやサメが出るわけではないと思うが、面白い組み合わせ)

ルールはワニと一緒で波の間からサメが出てくるのを叩くと思われるが、よく見ると左端の波が欠けているのが年季を感じる。
(サメvs人間の感じの絵柄が危機感を煽る。いまや1ジャンルとなってるジョーズパニック映画好きな方にオススメかも)

※台の横に「富士山を世界遺産に」のポスターがあるが、まだ世界遺産になる(2013年)前だったのも懐かしい。



肝心の河口湖はこんな感じ。水辺にスワンボートが浮かぶ様子は相模湖を思い出す。
(この日はあいにくの天気であまり富士山は見えなかったのが残念)
NEC_0103

路線バスで富士山五合目まで登ったものの、この日は雲がかかっていてあいにく山頂が拝めなかったのも今となってはいい思い出。
(上がダメなら下だと、悔し紛れに五合目からの雲海を撮ったりした。できれば神様の気分で下界を見下ろしたかったが…)
NEC_0066


次に行ったのは6年前、2015/03。
ゲームセンターCXのロケ地だった相模湖に行った(詳細以下)のだが、行く途中で立ち寄ったのが中央本線・四方津駅。
(湖は神奈川県だが、東京から行く途中で山梨を通る。駅の近くにある山の斜面を登る巨大エレベーターが特徴)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(前編)(#16・神奈川・相模湖)

P1820063

エレベーターで登った山の上のスーパーに立ち寄ると、レジの横にクレーンゲームが数台並ぶちょっとしたゲームコーナーがあった。
(台のバナー・景品ともに妖怪ウォッチとジバニャン一色だった頃)
P1820079

相模湖は遊覧船など、ゲーム以外でも長閑な気分に浸れる場所。
P1820177


さらに、その次に行ったのは2年前、2019/11。
甲府・昇仙峡の紅葉や富士山の絶景を楽しんだり、石和温泉でワインとか温泉を楽しんだりした。

 安宿からの旅・山梨・昇仙峡の紅葉巡り(2019/11)(1/2)
 温泉の他に甲州ワインも堪能…石和温泉駅で半日旅(2019/11)

DSC_0007


たまたま泊まったホテルにいい感じのレトロゲームコーナーがあったのがいい思い出となった。

 温泉のゲームコーナー巡り・山梨・石和温泉「ホテル花いさわ」
 レトロゲームコーナー巡り・山梨・石和温泉「石和びゅーほてる」

hotel_hana_isawa_game_center


未紹介だったゲームコーナーとして、甲府の市街地を散策した時に立ち寄ったデパート「岡島百貨店」と「KoKori」。

「岡島百貨店」はわりと古風なデパートなのだが、子供向けな感じのゲームコーナーがあり、クレーンゲームや「ワニワニパニック2」などがあった。
(右端にあるリラックマが回転する小型メリーゴーランドもなんかいい。山梨でクマだとあまりシャレにならん感じもする(昇仙峡でもクマの目撃報告があった)が、リラックマは例外?)
IMG_kofu_okajima_gamecenter

一方、「KoKori」の方は最新ゲームがひと通り揃った本格的なゲーセン(だから写真は省略。「PRIMO STUDIO」という名前)なのだが、山梨の雄・武田信玄公がなぜかオープンカーに乗っているというワイルドな感じのフォトスポットがあって驚かされた。
IMG_kofu_kokori_gamecenter

ついでに、甲府駅の駅ビル(セレオ甲府)内の飲食店を見て回ってた時、店先の看板を見たら、有野課長が近年挑戦していた「大工の源さん」っぽいイラストが添えられてたのが気になった。
(一杯やるお父さん世代向けのレトロゲー要素?)
IMG_kofu_gen

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファミコン 大工の源さん (箱・説あり)FC【中古】
価格:13800円(税込、送料別) (2021/9/5時点)





にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

自由に旅行に行けるようになったら、また温泉のゲームコーナー巡りに行ってみたい。
(大人になってわかった、お寛ぎスペースのある旅館客室の良さ(詳細以下))

 安宿旅行記・山梨・石和温泉駅「石和びゅーほてる」(1泊5000円~)

yamanashi_isawa_onsen_viewhotel_room_extra_space


 


 

(11:03)

2021年08月08日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、9回目は長野。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(8)・新潟

※ポップンミュージックの隣に古風なジュークボックス。
 どちらもお金を入れて曲を流す機械って意味では一緒?
NEC_0090



長野といえば有名なのは社会の教科書でおなじみの善光寺、そして蕎麦。
(自分が善光寺に行った時は、たまたま偉いお坊さんが来ていたのか山門の前で人々が並んで正座して和尚さんを迎える厳粛な場面に出くわしたりした。この辺のしきたりはなんともよくわからない)
NEC_0055

でもそれだけじゃつまらないので、松本城と諏訪湖なんかも見ていくか、あと小諸蕎麦と上田城(真田丸でおなじみ)なんかも…と、なんだかんだで3,4回くらい足を運んだ気がする。
(夜のライトアップされた松本城。当時は夜は無料開放されていた)
NEC_0145

ただ、普通に観光の気分が強かったせいか、ゲーセンの写真はほとんどなかったのが残念。
(約10年前ならそれなりに味のあるお店、スーパー、デパートが結構あったのだが、今はどうなっただろうか…)


最初に長野に行ったのは9年前。

長野市内の観光の後、関東方面への帰りに立ち寄ったのが諏訪湖の近くの上諏訪駅。
(御柱祭(オンバシラ祭り)で有名な諏訪大社にちなみ、駅の入口にも注連縄が掛かっている)
NEC_0089

名前は忘れたが、上諏訪駅前のデパートらしき施設内にゲームコーナーがあり、「pop'n music」が3台くらい並んでいたのと、
その隣に古風なジュークボックス(熱海の和田たばこ店で見たような年代物)があるのが面白くて撮影していた。
(どちらもお金を入れて曲を流す意味では一緒?)

 懐かしゲーセン巡り・静岡・熱海「和田たばこ店」
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#219「和田たばこ店」)

NEC_0090

操作ボタンや曲リストはこんな感じで、横一列に並んだ0~9のボタンを押して曲の番号指定する昔のATMのような操作。
画質が荒いが、右下を見ると「ワム」の「ウェイクミーアップ」などが再生できた模様。
NEC_0091

ちなみに上諏訪駅は駅のホームに足湯があることでも有名。
行き交う電車を見ながら熱い湯に浸かれ、電車好きにはたまらない場所。
NEC_0098


残念ながらゲーセンの写真はこれだけ。
旅の途中でそれなりにスーパーなどに立ち寄ることはあったが、大したゲームコーナーがなかったのか写真は無かった。


また、レトロゲームつながりの写真だと、6年前に長野に行った時。

善光寺の帰りに参道沿いの商店街をぶらついてると、ある店のショーケース内に「桃太郎伝説」(「電鉄」でなく、昔のRPGの方)のイヌ・サル・キジのぬいぐるみが並んでいた。
(周りの商品とは関係なく(後ろの「みつを」の詩も関係ないはず)、なぜここにあるのか不明。買い物したついでに店の人に聞いてみたが、よくわからないという回答だった記憶がある)
P1240178



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで今回は以上。

長野は温泉が多いということで、温泉巡りついでに温泉旅館のゲームコーナー巡りもしてみたい。

 『ゲームコーナーがある宿』上諏訪温泉のホテル・旅館・宿

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(10)・山梨

 

 

(11:05)

2021年06月27日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、8回目は新潟。
(順番的に東北の次は関東かもしれないが、関東は店の数が多いので先に甲信越地方から書くことにする)

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(7)・福島

※昔のパチ台が並ぶ駄菓子屋風ゲームコーナーなど(隣はなぜか舘ひろしの単独初主演作品。同時代だから?)
NEC_0117


新潟は有名な佐渡金山(昔の桃鉄の一発逆転物件)のある佐渡が島があるのでそちらを見に行くついでと、「北海道&東日本パス」での移動可能範囲が東北に加えて新潟や長野も乗り放題だったので、そのついでに立ち寄ったので2度ほど行く機会があった。

最初に新潟に行ったのは9年前。
まだ旅行の初心者(純粋に観光名所を楽しむ人)だったのでゲーセンは二の次で時間通りに移動や観光することを優先していたが、そんな自分でも新潟港から佐渡へ行くフェリー内にあったゲームコーナーや「FAMICON BOX」にはちょっと驚いた模様(詳細以下。写真をもっと撮っておけばよかった)。

 佐渡行きフェリー「時間制ファミコン(FAMICON BOX)」

NEC_0055_20130412171035.jpg

佐渡ヶ島ではスペランカー気分で金山を見学したり…(とれた金で作られてた小判(「いっき」で集めるやつ)などの展示)
NEC_0121

心ゆくまで海景色をのんびり楽しんだりと、ゆっくり流れる島の時間を満喫した。
NEC_0133


未紹介だったのが、佐渡から帰った後にふと見に行った「新潟せんべい王国」。

米どころ新潟ならではのお煎餅にちなんだ施設なのだが、店内の一角に昔ながらのパチ台などが並ぶ駄菓子屋っぽいゲームコーナーがあった。
(隣にうっすら見えるのは「皮ジャン反抗族」という舘ひろしの単独初主演作品らしい(昔の映画ポスターなど懐かしグッズも並んでる。せっかくだから「免許がない」も並べてほしかったが))
NEC_0117

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皮ジャン反抗族 【DVD】
価格:2620円(税込、送料別) (2021/6/27時点)



お煎餅つながりでついでに書くと、当時、新潟駅前には「雪の宿プラザ」というのがあり、白い砂糖をまぶしたお煎餅「雪の宿」にちなんで製品やキャラクター紹介をするスペースが設けられていて、子供の頃からの「雪の宿」ファンにはたまらない場所だった。
(こういうお菓子とかの本場や本社、工場見学ってなんかテンションが上がる(以下、関連記事))

 グリコ の製品から道頓堀ランナーの歴史・江崎記念館 へ


二度目に旅行したのは5年前。
「北海道&東日本パス」で東北地方を旅した後、関東へ戻る途中で一泊した時だった。
(山形からJR米坂線>JR羽越本線と乗り継いで新潟に入り新津駅へ。そこで以下の駄菓子屋などを見た後、新潟駅へ)

 駄菓子屋巡り・新潟・新津駅「昭和基地一丁目C57(しごなな)」
 珍ゲーセン巡り・新潟・新津駅「ベルシティ新津・プレイランド」


新潟はマンガの資料館や「ドカベン」銅像、鉄道の町など、おいしい米以外にも見どころが多いのが驚きだった。

 安宿からの旅・新潟市「マンガの家」
 安宿からの旅・鉄道一色の町・新津(新潟県)を歩く(2016/07)

※「ドカベン」の近くには水島新司先生つながりで「あぶさん」などの銅像もある。
P1720167

※「ハイスクール奇面組」の奇妙な壁面フィギュアなどのある「マンガの家」。
 この辺はゲームよりマンガ好きな方でも楽しみやすいだろう。
P1250174


その後に立ち寄った、新潟の繁華街にある「ビルボードプレイス」のゲーセン。
ゲーム機より懐かしいものの展示の方が多く、ゲームそっちのけで長時間楽しんでしまった。
(まんだらけの高額商品の棚をウィンドウショッピングするような気分だった。「魚雷戦ゲーム」「パーフェクションゲーム」なんかも並んでいて、「たまゲー」に出てた昔のおもちゃ屋などに近い雰囲気も)

 展示物がレトロ・新潟「ビルボードプレイス」(2016/07)(1/2)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#81・「コマヤ玩具店」)

P1710290

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】魚雷戦ゲーム
価格:42460円(税込、送料別) (2021/6/27時点)



その後には、あちこち見て回って疲れた中(さらに雨)なのに、新潟駅の南東側にあるゲーセン「チャンス」にも行った。

 レトロゲーセン巡りの昔話・新潟駅「チャンス」(2016/07)


そして未紹介だったのが、同じく新潟の燕三条駅近くにある「タイトーステーション」。

最新の音ゲーなどが並ぶ今風のゲーセンだったため、特に紹介はしていなかった。
(有野課長が少し前の「たまゲー」でやってたセガの音ゲー「マイマイ」。隣はタイトーの「グルーヴコースター」、その間の仕切り板はなぜかコナミ製「ビーマニ サウンドセパレーター」なのが面白い)
P1720090

平日の午前で人がいなかったので、こっそり「マイマイ」を練習してみたり。
(なぜか高橋名人が歌ってる曲をプレイしていた)
P1720086

ちなみになぜ燕三条に行ったかというと、日本地理でよく出る「金属製品や刃物の名産地」ってことでなんとなく行ってみた次第。
(包丁などもこんな感じでズラリと展示販売してる)
P1720066



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで今回は以上。

新潟はゲームセンターCXのミニコーナー「基盤屋珈琲店」に出ていた「テーブルゲーム愛好会」の会長さんの県ということで、意外と隠れたゲームセンターや駄菓子屋さんが多いらしい(長岡市だったか、公共施設にもゲームが展示されている)ので、また機会があれば行ってみたい。

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(9)・長野
 





(10:55)

2021年06月06日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、7回目は福島。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(6)・山形

福島は関東からJR線で北上する時にほぼ確実に通る県(東北本線のほか、水郡線や常磐線などでも通る)ではあったのだが、電車の本数が少なめで途中下車がしづらく、駅近くのお店が少ないこともありあまりゲーセンに立ち寄る機会はなかった。
(ラーメンで有名な喜多方、NHK大河ドラマ「八重の桜」ゆかりの会津若松などに立ち寄った)

※温泉街で「遊戯場」と見てゲーセンと思いきやパチ屋だった時の残念感…
P1910041


喜多方はラーメンのほかに古い酒蔵や商店などが集まるレトロな町並みも見どころ。

古めのロボットや野球盤などが収蔵された「昭和レトロミュージアム」というのがあり、「柴又ハイカラ横丁」の資料館を思い出す。

 安宿からの旅・磐越西線・喜多方「昭和レトロミュージアム」
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#32「柴又ハイカラ横丁」)

P1260129

いい意味で飾り気なしの朽ち果てた商店(ペプシの看板付き)が残ってたりする。
P1260086


また、「八重の桜」でおなじみ会津若松の「鶴ヶ城」。
NEC_0064

会津といえば「赤べこ」ってことで、駅には大きな赤べこ人形があったり、改札口も「赤べこ」デザイン。
(家庭用プールにスイカのビーチボールが浮かんでるのも涼しげ。東北でも意外と暑い会津の夏)
NEC_0112

喜多方から会津若松、郡山へは昔ながらの国鉄風の快速列車「あいづライナー」で移動。
このへんもレトロ感たっぷりだった。
P1260154



福島に来る度に何度も通るのが、東北本線の福島県の駅の中で特に乗り継ぎが最悪とも言われる新白河駅。
長い待ち時間が厳しいが、駅の西側、東側それぞれにゲーセンがある点だけは評価できる。

 懐かしゲーセン巡り・新白河駅「ゲームスペースA3」ほか
 東北本線移動の障害・新白河駅で暇をつぶす方法を探す

※新白河駅近くのちょっと洒落たたたずまいのゲーセン「ゲームスペースA3」。
P1770135

レトロゲーム以外に最新ゲームも多いお店なのだが、そこにあったMFC(麻雀格闘倶楽部)のポスター。
長寿麻雀漫画「むこうぶち」のコラボイベント用ってことで、謎の麻雀強者・傀がタッチパネルを操作するシュールな絵面だった。
(ネットゲームの麻雀でもしっかりと敵をトビ終了させて「御無礼」コールしてるのがさすが)
P1770137


さて、未紹介のゲーセンとしては、福島駅近くの西口の近くにラウンドワンがあった。
(「UFOキャッチャーALL100YEN」の幟が並んでいた。景品をとるまでかかる金額はいくらになるかは腕次第だが…)
P2180067

広大なフロア内にずらっとクレーンゲームが並んでる様子はさすが大型チェーンという感じ。
(上の階に並ぶテレビゲーム機は最新のものが大半で、このブログ的にはあまり見どころがなかった)
P2180068


あと、GCCXつながりで言えば、ミニコーナー「ファミコンBOX」の収録があった飯坂温泉にも行った。
駅を出ると川沿いに年季の入ったホテルや旅館が並び、鄙びた温泉街って感じがたまらない。
P1910068

古風なたたずまいの「遊戯場」という看板があったが、ゲーセンではなく普通のパチ屋だった。残念。
P1910041

ついでに、郡山駅のそばのビル「ビッグアイ」にある「郡山市ふれあい科学館スペースパーク」。
宇宙がテーマの資料館なのだが、なぜか実際の運転台を使った列車シミュレータ(有料)があり「電車でGO」気分で楽しめる。
(プレイ時間は5分30秒で200円らしい。こまかい)
P2570044



といったところで今回は以上。

JR郡山駅近くのイオン内のゲーセンにレトロ筐体がそこそこ並んでるらしいので、機会があれば行ってみたい。
(飯坂温泉も普通に温泉めぐりでまた行ってみたい)

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(8)・新潟

 



 

(09:48)

2021年05月23日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、6回目は山形。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(5)・宮城

東北本線が通る宮城や福島に比べると山形はいまいち立ち寄る機会が少ない県だったが、秘湯の銀山温泉や将棋で有名な天童市などに行くため立ち寄る機会があった(詳細以下)。

 安宿からの旅・山形駅から秘湯・銀山温泉へ(2016年7月・前編)
 安宿からの旅・将棋と「3月のライオン」の町・天童へ


※画面の消えた「バトルギア3」がなんか寂しげだった記憶。
P1700299



昔の「桃鉄」で風景が使われていたレトロな温泉街・銀山温泉。
P2400028

天童は橋にギボシ代わりに将棋の駒が乗ってたりと将棋一色の町だった。
P1700072

電車本数の少ない奥羽本線での移動でなかなか苦労したのもいい思い出。
P1690253


さて、そんな中で未紹介だったゲーセンが、新庄駅から少し歩いた繁華街の中にあるデパート「こらっせ新庄」。
P1690279

館内の一角に申し訳程度の狭いゲームコーナーがあり、「たまゲー」の下着ゲットでおなじみ「ニューラッキークレーン」や…
(中身はムーミンやプーさんグッズなどいたって健全。天使の絵柄が昔風)
P1690284

迷路状の盤面を揺らしてガムを転がして遊ぶ「おまわりくんターゲットマシン」…
(ゴールするともう1個ガムがもらえる。有野課長が「ボルケーノ」という似たゲームに挑戦していたが)
P1690282

さらに、「ご当地キャラメル販売機」などがあった。
(前橋でもこんなのを見たのを思い出す)

 デパートのゲームコーナー巡り・群馬「スズラン前橋店」

P1690283


また、新庄は民話でも有名。
「笠地蔵」などの昔話が大通りの名前に付いててオブジェや看板が並んでたりする。
P1690278

さらに、「HUNTER×HUNTER」「幽遊白書」で有名な冨樫義博先生の出身地でもあり、駅のそばの観光案内所に先生の生い立ちや作品紹介のミニコーナーがあった、
(「てんで性悪キューピッド」も一緒に出しちゃっていいのかはわからないが…詳細は以下)

 民話と芭蕉と冨樫義博先生の町・新庄(山形県)を歩く(2016/07)

P1690257

それにちなんで、新庄市のイメージキャラクターも冨樫先生の発案だったりする。
(天狗の姿の「かむてん」)
P1690268


なお、以前紹介した山形駅前「ヤマコーボウル」は新庄駅の後に行った山形駅近くで泊まった時に立ち寄った。
(「バトルギア3」が電源が入っておらず調整中だったのが残念)

 ボウリング場ゲーセン巡り・山形駅前「ヤマコーボウル」

P1700299

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(ゲーム・ミュージック) BATTLE GEAR 3 The Edge [CD]
価格:2225円(税込、送料別) (2021/6/6時点)



その近くには電車運転ゲームも2台並んでいた。
(「電車でGO! 3(通勤編)」に姉妹品の「がんばれ運転士!!」。レースゲームのような対戦はできないが…)
P1700298


ついでに、山形駅にあった観光大使「はながたベニちゃん」の看板。
(ゲームセンターCXでクイズゲームに挑戦してた時、花笠音頭の問題が出ていたのを思い出すゆるキャラ)
P1690300



といったところで今回は以上。

山形は冷やし肉そばや芋煮が好きなのでまた現地に食べに行ってみたい。

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(7)・福島






(18:31)