デパート屋上・遊園地

2021年09月19日

今回は先日紹介の埼玉県越谷市「イオン南越谷店」のゲームコーナーに再度行った時の話を。
(前回行ったのが2018/08だったので約3年ぶり。コロナのせいでだいぶご無沙汰だった)

 (前回訪問)越谷市「イオン南越谷店」(2018/08再訪)
 懐かしゲームコーナー巡り・埼玉・越谷市「イオン南越谷店」

※今もなお年代物のゲームが多数稼働中。
 特に「救急車」はかなりの年代物なのでお早めに。
DSC_0019


イオンに入ってエスカレーターで4Fに登った先に「アミューズメントパークガーデン越谷」がある。
(このご時世ということで入口にはアルコール消毒とマスク着用の注意書き)
DSC_0013

プライズゲームの景品は「鬼滅の刃」など人気作品の物が多く、流行のグッズをゲットしたい方にも入りやすい雰囲気。
DSC_0014


さて、レトロゲーム機の方は3年ぶりということで以前と少し並びが変わっていた。

入口から見て右奥、お店のフロアの隅(以前は「リズム天国」などが並んでいた)には「コブラザアーケード」、さらに「スト2ダッシュ」「セガテトリス」などが入った黄色の小型薄型ゲーム筐体(video kids筐体)が並んでいた。

その手前にはゲーム筐体が4台固まったシマがあるのだが、「タイピングオブザデッド」や「パズドラ」?のゲーム。
DSC_0017

その裏手には、「ビハインドエネミーラインズ」、そしてまた「パズドラ」?のゲーム。
今風のゲームに少しレトロゲームが侵食されていた感。
DSC_0018


「ビハインドエネミーラインズ」は大型グレネードガンを振り回すガンシューティング。
(「ゲームセンターCX」の「たまゲー」つながりで言うと、当時ADだった加賀さんが「ゴーゴーゴーゴー!」って言いながらプレイしていた記憶)

※「GUNNER 1」など、なんとなく千葉の「BTTA」でプレイした「ガンブレードNY」を思い出す筐体デザインでもある。

 レトロゲーセン巡り・千葉・松戸・五香駅「BTTA」

DSC_0021

最初は軍事基地内らしき場所から始まり、その後車に乗ってカーチェイスしながらの銃撃戦と盛り上がる展開が多いのだが、この日はブラウン管が不調なのか画面が暗くてあまりまともにプレイできなかったのが残念。
(たまに画面がぱっと明るくなったが、まともに動いてればだいぶ熱い戦闘を楽しめてたはず)
DSC_0020


さて、そこからフロアの壁沿いに左へと進むと、こちらの4台。
・ハウスオブザデッド4
・エアラインパイロット
・救急車(AMBULANCE)(セガ)
・レッツゴージャングル!
DSC_0019

前回、ボタンが補修されてたのをネタにした「レッツゴージャングル」。
久々にプレイしてみると、画面は良好なのだが照準の動きがやや過敏になっていてあまりうまくプレイできず…。
(年代物の筐体なので止むを得ないところか。気分だけでも楽しめたのでよし)
DSC_0029

「救急車」の方はよく見ると座席シートやアクセルペダルがガムテープで補強されていて、かなりの年代物ゲームということを実感。
プレイしたい方はお早めに。
DSC_0031

なお、年代物ゲームだが1時間500円の時間貸しサービスもやってる模様。
やり込みたい方向けのやり放題、ありがたい心意気。
DSC_0033



まだゲームが多数あるので、以下、後半へ続く。


 






(11:32)

2021年07月11日

今回は先日記事にしたゲームセンターCX「たまゲー」のロケ地、千葉の「大慶園」について以前の記事で使わなかった写真で当時を振り返ってみたい。
(本編のゲームセンターCXでも最近はロケがしづらいためか過去のたまゲーを放映してるらしいのでいいかと…)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#135「大慶園」)(前編)
 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

※カートレースをヘリの中から見物するグレイ宇宙人がいたりと園内の随所がツッコミどころ満載なのもよい。
P1680161


●旗揚げゲーム「キャプテンフラッグ」とクレーンゲーム棚
熱海ロープウェイなどで有野課長が挑戦していた「キャプテンフラッグ」。
その隣にはクレーンゲームと思いきや、台を再利用してプライズのフィギュアがずらっと並ぶ展示ショーケースとなっているのが面白い。
P1680114

上の段にはワンピース、下の段にはドラゴンボールのキャラと「ジャンプ」作品が多かった。
P1680115


●戦場の絆・千葉1位
長く人気のガンダムゲーム「戦場の絆」。
過去に行われたイベント「スプリングバトル2010」の貢献ランキングで、大慶園のチーム「D@IKEIEN大隊」が千葉1位だったという認定証みたいなものが展示されていた。
(ここは大型筐体のゲームも品揃え抜群)
P1680116


●スリルドライブ3、ダライアスバースト
いまやレトロの範疇に近くなりつつあるドライブゲームとシューティング。
普通のゲームコーナーなら目立つ大きさだが、大型筐体だらけのこの店ではむしろあまり目だってなかったかも。
P1680138


●謎の座標
お店の外はヘリポートっぽい空き地があるのだが、そこにあったのが経度と緯度が書かれた謎の座標。
このお店の物だろうか。(←矢追純一UFO特番風のナレーション)

カートレース場の中にも小型ヘリコプターがあったりするし、実際にヘリが発着することもあるのかもしれない。
(何者が降り立っているのだろうか。そして右の古めかしい軽トラは何に使うのだろう…)
P1680142


●アメリカン(?)なバスケットコート
ヘリポートっぽい空き地の近くには3on3用っぽい片面のバスケットコートがあり、若人がバスケを楽しんでいた。
(後ろの壁の絵柄や文字なんかがアメリカンっぽい。あるいは昔の秋葉原にあったらしいバスケット場なんかを思い出す)
P1680149

●レトロなアニメキャラ、ベティ・ブープ
ダーツやビリヤード、プライズゲームなどが楽しめる別館。
英字看板やガソリン給油機などアメリカンな品が展示されている中、レトロなアニメキャラ、ベティ・ブープ(Betty Boop)の人形もあった。
(体型がアダルティな感じで大人向けなこの遊園地にマッチしてるかも)


●カートレースを見物するグレイ宇宙人
カート場の上には小型ヘリコプターが吊り下げられているのだが、その中に乗り込んでるのはグレイっぽい宇宙人。
こんなところに出没する彼らの目的は何なのか(←また矢追純一UFO特番風)。
(隣にはちゃんと操縦士もいてツッコミどころ満載なのもよい)
P1680161




●入口に転がってる飛行機の残骸
入口近くの道沿いなど、園内のあちこちに飛行機かロケットの残骸らしい物が転がっているのがミステリアスで面白い。
その横を楽しそうに出入りする家族連れや友人連れがいるのもなんかシュール。
P1680164


●館内を見守るスパイダーマン
前回の記事でスーパーマンが館内を見守っているのを紹介したが、他の場所にはスパイダーマンが2階付近の壁に張り付いて立っていた。
(先ほどのグレイから我々を守ってくれる、とでもいうのだろうか←呪いのビデオ風)
daikeien_spiderman

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スパイダーマン フィギュア(柱)ビッグ 等身大フィギュア
価格:374000円(税込、送料別) (2021/7/11時点)





●金網越しに見えるクラシックカー
カート場の上にはレースを観戦できるスペースがあるのだが、その一角には金網で区切られたスペースにクラシックカーが何台か展示されていた。
「WARNING」や「VIDEO SURVEILLANCE」(防犯カメラ監視中?)など、英語の警告文が物々しい。
daikeien_classic_car


●「お宝HOLE」とコカコーラ
プライズゲームが集まる別館にあった「お宝HOLE(掘る)」というゲーム。
穴に縦の棒をスポっと入れれば当たりという改造クレーンゲームでよく見るやつ。

その背後には昔ながらのデザインの「CocaCola」の看板があり、日米のコラボが面白い。
daikeien_coca_cola_ad



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

今回紹介した所以外でも園内の随所がツッコミどころ満載なので、再訪してあちこち探検しても十分楽しめると思う。

 




(10:37)

2021年04月11日

今回は先日記事にした「たまゲー」のロケ地、東京・浅草「花やしき」について、以前の記事で使わなかった写真で当時を振り返ってみたい。
(本編のゲームセンターCXでもつい最近、過去のたまゲーの傑作選として放映されてたのでいいかと…)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(前編)
 #GCCX ロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(追記)


●げーむぷらザ
昔ながらの遊園地らしいメルヘンチックなフォントで書かれたゲームコーナー「げーむぷらザ」の看板。
(左には「ちけっとうりば」もある)
今時こういうフォント、国内でどれだけ残ってるのだろうか…。
P1570107


※余談を言うと、最初にゲームセンターCXの前に「花やしき」を知ったきっかけはマンガの「こち亀」。
 署長の息子を花やしきに連れてきた回で、両さんがアトラクションに乗ったり、「ミニドライブ」風のゲームをやっていたのが印象的。


●プリクラとソニックブラストヒーローズ
左には花やしきのマスコット(?)、パンダ柄の写真が撮れるプリクラ。
隣にはレトロ感あふれるパンチゲーム「ソニックブラストヒーローズ」という面白い組み合わせ。
(ゲームコーナーは過去記事で詳しく紹介したのでそちらを見てもらえれば)

 GCCXロケ地巡り(#22・浅草駅「花やしき」)(後編)

P1570065

●数字押しゲーム「ドキドキドッカン」
ゲームコーナーの2階にあったゲーム。
スクリーンに表示される数字を下のキーで時間内にすばやく押す「すうじ おし ゲームじゃ!」なのだが、みんなでやれば盛り上がりそう。
(愛知のたまゲーでやっていた「ダイナマイトドカン」みたいに、数字を分担してやってみたいところ。「ドッカン」つながりで)
P1570187


●スペースショットのキャッチコピー
当時ADの浦川さんが無理やり乗らされて「東京さ怖くなった?」と言われた絶叫アトラクション「スペースショット」。
この時はあいにく運休中だったのだが、近くに書いてあったキャッチコピーが

「Ride it... Feel the POWER(赤字)」

とのことで、花やしきらしからぬパワフルな感じである。
(「POWER!」と叫ぶ人というと「トップギア」の人しか思い浮かばないが)
P1570145


●パンダカーの背中
園内の一角にある200円で動くパンダ。
(間近で見ると結構モフモフ感がある。毛並みはまあまあきれい)
背中はこんな感じになってて、赤い「バックボタン」があるので轢き逃げなども起こらず安全?
P1570075


●鳥獣供養碑
園内の中心部、植え込みの中にさりげなく置かれた石碑。
かつて花やしきはトラの5つ子やライオンの赤ちゃんが誕生するなど動物園でもあったらしいが、関東大震災の際に薬殺されたためその供養とのこと。
普通の番組ではなかなか取り上げられない意外な歴史もある。
P1570083


●日本最古のジェットローラーコースター・座席から
有野課長も乗っていた、日本最古ともいわれるローラーコースターの座席から撮った一枚。
(運転中は安全上撮影禁止のため、発車直前に撮った)

スケール感はミニサイズなのだが、ぎこちない感じで急加速・減速するせいか意外と怖くて、一周する頃には前の手すりを握り締めてるほどだった…。
P1570087


●子供用乗り物
園内の屋根の下にあった子供用の乗り物。
(屋根の下ってだけでデパ屋感)
「GO! GO! PATOCAR」というパトカー、電車の中では大人気のドクターイエロー、消防車という取り合わせ。
P1570101


●来園記念撮影スポット
「ご来園記念 さつえい花だん」と立て札のあるフォトスポット。
初夏らしい色鮮やかな花に囲まれ、花をあしらった謎のキャラクター(「あらいぐまラスカル」っぽいお面をつけて、髪形はどことなく「鉄腕アトム」にも見える)と一緒に撮影できるらしい。
(中央には「2016」のマーク。よく見ると「2015」をちょっと書き換えたようにも見えるのが微笑ましい)
P1570104


●スリラーカー
時間の都合で乗れなかった、列車風の乗り物で楽しむお化け屋敷「スリラーカー」。
入口からして怖さ満点である(「あなたの知らない世界(おもいっきりテレビ)」風とでもいうか)。
P1570109


●セーラームーンの乗り物
こちらもサイズ上の問題(イスが小さくほぼ子供用)で乗れなかった、セーラームーンの乗り物。
(先日課長がゲームに挑戦していたが…)

三日月形の乗り物(にしては、ずいぶん紅い月である)で子供さんはもちろん、大きいお子さんも喜びそうである。
(鈴木その子並みの肌の白さ、美白も見どころ)
P1570110


●スカイシップ
園内のレールを動く乗り物は、自分でこぐ「ヘリコプター」の他に自動で動く「スカイシップ」もある。
体力がない時はこちらがオススメ。
P1570123

●ヘリコプター・スタッフ待機所
なんとなく撮影したスタッフさんの待機所。
6月と十分暑い時期ということで、暑さ対策で小型扇風機が置いてあったり、棚の上に飲み物とか私物が置いてあるのがお疲れ様という感じ。
P1570132



といったところで以上。

またいずれ浅草界隈の散策ついでに遊園地気分を味わいに行きたいものである。
 

(10:01)

2021年01月31日

今回行ったのは、千葉県は京成線・ユーカリが丘駅から歩いて10分くらいのショッピングセンター「イオンタウン」内にあるゲームコーナー。
(行ったのは2020年10月)

 イオンタウンユーカリが丘 - イオンタウン株式会社

※ユーカリが丘のイオンは5年前にも一度来ていたが、当時の「イオンユーカリが丘店」は「イオンタウン」にリニューアルしていた。

 懐かしゲーセン巡り・ユーカリが丘駅「アミュージアム」など

※リニューアルした「ワニワニパニックR」などレトロゲー要素がちらほら。
0-1013-123


というわけで駅からしばらく歩いた先にあるイオンタウンへ。
(途中で先日紹介の「ユーカリプラザ」内にある「ハピピランド」にも立ち寄った)

 デパートのゲームコーナー巡り・ユーカリが丘駅「ハピピランド」

大型ショッピングセンターらしく、吹き抜け部分には10月ってことでハロウィンぽい装飾が飾られていた。
(なかなかリアルな死神や巨大タランチュラなど、子供が見たら怖がって泣きそうな感じだが…)
DSC_0117


こちらが「ゲームコーナー」。
(フロア案内で「アミューズメント:ゲームコーナー」とだけあり、看板はシンプル)

マンボウや熱帯魚が描かれていて海の中をイメージした感じが夏にもってこいな感じ。
(松戸のキテミテマツドのゲーセンを思い出す)

 松戸「キテミテマツド・南asobi諸島」(2020/01)

DSC_0121

並んでるゲームは上の写真の通りほとんどがクレーンゲームや子供向けの乗り物遊具などファミリー向けな感じ。
(リニューアルした店舗で、しかもイオン自体が運営してるとあっては仕方がないところか)

そんな中、何かレトロゲームっぽい要素がないかと店内を探すと、あの「ワニワニパニック」の最新作(?)、「ワニワニパニックR」を発見。
(「あの! ワニワニパニックが かえってきた! リターン」とあるので「R」は「リターン」の略か)
DSC_0123

ただ、見た目は初代とほぼ一緒な感じ(点数が3桁表示なことくらい?)で、そのままRしてきたように見えるが詳細は不明。
さらに、右奥にはボタン連打で負けた方がピコハンで叩かれる「ボタン早押し選手権」がパックマンでリニューアルされたゲームがある。
(たまゲーで有野課長がADさんとよく対決してるやつ)

その近くには以前プレイした大型ガンシューティング「デッドストームパイレーツ」、そして隣には以前紹介のバッセンなどでよく見かけたバスケのフリースローゲームをこれまたパックマンでリニューアルしたゲームがあった。
(スコア表示などシステムはほぼ一緒と思われる)
DSC_0124

そしてその隣にはエアホッケーをまたもパックマンでリニューアルした「パックマンスマッシュ(PAC-MAN SMASH)」があった。
(最近のホッケーでよくある、ゲーム途中でパックが大量に流れてきて壮絶な打ち合いができるやつと思われる。もしかしてホッケーの「パック」つながりで「パックマン」?)
DSC_0125

他には、「とにかく簡単に獲れる!」と大きく貼り紙されたクレーンゲームや、子供向けのガンシューティングらしい「水てっぽう大冒険」があった。
(人けがなければプレイしてみたかったが、平日でもそこそこ子連れの買い物客がいたのでスルー)
DSC_0122



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

見てのとおりテレビゲームのレトロゲー要素は乏しいが、エレメカ系は数十年の時を経ても続編が出てるのが面白いなあと思った次第。
(今の子にもパックマンの受けはいいのかなとも思うが、以前あった銀座のパックマンのイベントでも子供に人気だったのを思い出したり)

 歴代パックマンが勢揃い!「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」



 


(11:03)

2020年11月15日

今回行ったのはセガアリーナ蘇我。

 セガ アリーナ 蘇我 - セガのお店情報サイト

ここは店内がクレイジータクシーっぽい雰囲気のゲーセンとして有名ということで、小旅行がてらに訪れてみた。
(臨海部にあり駅からは結構離れているが、京葉線・JR蘇我駅から出ている「ハーバーシティ無料巡回バス」を使うと楽。行ったのは2020/10)

※店内にはクレイジータクシーのアメ車が展示。
 助手席に魔女風のドクロが乗っているのもクレージー?
0-1002-2



さて、京葉線・JR蘇我駅から出ている「ハーバーシティ無料巡回バス」でお店へ向かう。
バス停はお店の裏手にあり、臨海部ってことでそばに海が広がる中、バスを降りてから正面入口方面まで少々歩く。
DSC_0026

正面入口へ。
「SEGA」の上に例のクレイジータクシー看板があるが、絵ではなく少し飛び出た感じの看板になっててなかなかリアル。
DSC_0058

ドアを入るといきなりクレイジータクシーのディスプレイがお目見え。
ゲームそのままの黄色いアメ車がナナメに配置されていてゲーム中のハチャメチャな運転を思い出す。
DSC_0046

正面から見るとこんな感じ。
この時は10月ということでハロウィン風に車の周りが装飾されたり、助手席にミイラ風の魔女(?)が乗っていてなかなかクレージーな雰囲気。
(暴走車に轢かれた人が化けて出た姿ではない事を祈りたい)
DSC_0047

車の隣には本場のアメリカの物っぽい給油機なども並んでいる。
(このアメリカンな雰囲気、千葉県の大慶園を思い出す)

 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

DSC_0108




クレイジータクシーのキャラクター、アクセルの下には映画版ソニックのフォトスポットもあった。
(映画ならではの質感のソニック)

他にも床面に道路模様が描かれてたり、インテリアで信号機が設置されてたりとあちこちにクレイジータクシー要素がちりばめられてるので隅々までチェックしたくなる。
DSC_0062

通路脇のガチャガチャが並んだ一角を見ると、その中に「セガハードのポーチ」入りガチャがあるのがセガらしい?

さて、肝心のゲーム機の方はクレーンゲームや子供向けの乗り物遊具などファミリー向けのゲームから、音楽ゲームやレースゲーム、カードゲームなどのマニア向けのゲーム、メダルゲームなど大体一通り揃ってる感じ。

周囲がヤシの木や「Mobil」などのアメリカ風看板(秋葉原のセガ5号館を思い出す)など、派手なインテリアが散りばめられてるのがアメリカンかつ西海岸な雰囲気でよい。

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(再訪・2020/06)

DSC_0112

レースゲームは「頭文字DZero」、ガンシューティングとして「ルイージマンション」、そして名前を忘れたがライフルでクレー射撃をやるやつがあった。
※クレイジータクシーがテーマのゲーセンなのに、「クレイジータクシー」はないというのがなんとも皮肉。
(この近くでプレイするなら秋葉原の「hey」などだろうか)
DSC_0110

普通のビデオゲームはあまり並んでいなかったが、それを補うように発売間近の「アストロシティミニ」の広告ボードが飾られていた。
これもいいけど、やはりゲーセンで原寸大筐体でプレイしたいのだが…

そのそばには、たまゲーで「93%的中!」が話題になった「最強の占い!『占いコレクション トロッテ』」やプリクラがあったりとJK向けのコーナーもある。
DSC_0036

さらにその隣には、新幹線やバス、以前紹介の「レッツゴーサファリ」(他のゲーセンでプレイ。乗り物にスクリーンが付いててゲーム要素が気になる)などの乗り物遊具、バスケゲームなどが並んだ子供向けのコーナーも。

 懐かしゲームコーナー巡り・茨城・「イトーヨーカドー古河店」

DSC_0035



広いゲーセンでまだ続くため、続きは後編へ。






(09:46)