2021年05月23日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、6回目は山形。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(5)・宮城

東北本線が通る宮城や福島に比べると山形はいまいち立ち寄る機会が少ない県だったが、秘湯の銀山温泉や将棋で有名な天童市などに行くため立ち寄る機会があった(詳細以下)。

 安宿からの旅・山形駅から秘湯・銀山温泉へ(2016年7月・前編)
 安宿からの旅・将棋と「3月のライオン」の町・天童へ


※画面の消えた「バトルギア3」がなんか寂しげだった記憶。
P1700299



昔の「桃鉄」で風景が使われていたレトロな温泉街・銀山温泉。
P2400028

天童は橋にギボシ代わりに将棋の駒が乗ってたりと将棋一色の町だった。
P1700072

電車本数の少ない奥羽本線での移動でなかなか苦労したのもいい思い出。
P1690253


さて、そんな中で未紹介だったゲーセンが、新庄駅から少し歩いた繁華街の中にあるデパート「こらっせ新庄」。
P1690279

館内の一角に申し訳程度の狭いゲームコーナーがあり、「たまゲー」の下着ゲットでおなじみ「ニューラッキークレーン」や…
(中身はムーミンやプーさんグッズなどいたって健全。天使の絵柄が昔風)
P1690284

迷路状の盤面を揺らしてガムを転がして遊ぶ「おまわりくんターゲットマシン」…
(ゴールするともう1個ガムがもらえる。有野課長が「ボルケーノ」という似たゲームに挑戦していたが)
P1690282

さらに、「ご当地キャラメル販売機」などがあった。
(前橋でもこんなのを見たのを思い出す)

 デパートのゲームコーナー巡り・群馬「スズラン前橋店」

P1690283


また、新庄は民話でも有名。
「笠地蔵」などの昔話が大通りの名前に付いててオブジェや看板が並んでたりする。
P1690278

さらに、「HUNTER×HUNTER」「幽遊白書」で有名な冨樫義博先生の出身地でもあり、駅のそばの観光案内所に先生の生い立ちや作品紹介のミニコーナーがあった、
(「てんで性悪キューピッド」も一緒に出しちゃっていいのかはわからないが…詳細は以下)

 民話と芭蕉と冨樫義博先生の町・新庄(山形県)を歩く(2016/07)

P1690257

それにちなんで、新庄市のイメージキャラクターも冨樫先生の発案だったりする。
(天狗の姿の「かむてん」)
P1690268


なお、以前紹介した山形駅前「ヤマコーボウル」は新庄駅の後に行った山形駅近くで泊まった時に立ち寄った。
(「バトルギア3」が電源が入っておらず調整中だったのが残念)

 ボウリング場ゲーセン巡り・山形駅前「ヤマコーボウル」

P1700299

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(ゲーム・ミュージック) BATTLE GEAR 3 The Edge [CD]
価格:2225円(税込、送料別) (2021/6/6時点)



その近くには電車運転ゲームも2台並んでいた。
(「電車でGO! 3(通勤編)」に姉妹品の「がんばれ運転士!!」。レースゲームのような対戦はできないが…)
P1700298


ついでに、山形駅にあった観光大使「はながたベニちゃん」の看板。
(ゲームセンターCXでクイズゲームに挑戦してた時、花笠音頭の問題が出ていたのを思い出すゆるキャラ)
P1690300



といったところで今回は以上。

山形は冷やし肉そばや芋煮が好きなのでまた現地に食べに行ってみたい。

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(7)・福島






(18:31)

コメントする

名前
 
  絵文字