2021年05月09日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、5回目は宮城。

 前:全国ゲーセン巡り紀行(4)・秋田

関東から普通電車で北海道や岩手、青森へ行くついでの通り道なので宮城はわりとよく立ち寄るのだが、乗り換えなどでよく降りる仙台駅周辺のゲーセンは普通のゲーセンが多いせいか、お店の外観はチェックしても店内の写真はあまり残ってなかった。
(仙台七夕や日本三景の松島など観光が優先だったのも理由)

 安宿からの旅・仙台七夕(2014年)
 安宿からの旅・仙台から北上ついでに松島へ寄り道(2016年7月)


※地下フロアのゲーセンってだけで入る前からなんかワクワク感が倍増。
P1780114


仙台から電車で気軽に行ける日本三景・松島。
P1680048

松島から仙石線でさらに海沿いを行けば石ノ森章太郎先生のゆかりの地・石巻へ。
(仮面ライダーやゴレンジャーなどでおなじみ。ラッピング電車もあり)
P1680072



さて、数少ないゲーセンの写真がこちら。

まず、仙台駅東口そばのBiVi仙台にあるゲーセン「the 3RD PLANET」。
なぜかプリクラコーナーの写真だけを撮っていたが、「ここもプリクラだけの普通のゲーセンか…」とため息混じりに撮影したのかもしれない。
(風の谷のナウシカの「ここも腐界に沈むか…」的なノリだった記憶)
P1780142

続いて、駅西口の繁華街にある「タイトーステーション仙台」。
太鼓にクレーンという今風のお店ってことで外観だけでパス。
P1780119

もう1軒、アーケード街の地下にある「プレイランドエフワン」。
天井の低い地下フロアのゲーセンなのだが、地下へ続く階段の壁にゲームのポスターがびっしり貼られてるのが昔ながらの雰囲気。
P1780114

東北といえば楽天イーグルス。
というわけで、アーケード街の天井付近には巨大ユニフォームが飾られてたりする。
(勝利セールのためにも頑張ってほしい)
P1780117




なお、この時は市内のとあるローソンが「ジョジョ」コラボで「オーソン(OWSON)」となってたのが面白かった。
(以下、関連記事)

 18きっぷで東北本線の旅・途中下車で寄り道(東京~仙台)(3)

P1780036


さらに、仙台駅から仙台空港へ向かうアクセス鉄道の途中にあるイオンモール名取。

ここにも大型ゲーセンがあったのだが、新しめの「ハウスオブザデッド」「ジュラシックパーク」など大型のガンシューが何台かあった。
aeon_natori_game_gun

その一方で、子供向けなのか昔懐かしい10円ゲーム「日本一周旅行ゲーム」もあった。
(秋葉原にあった有野課長の10円ゲームを思い出す。こちらの景品は普通のアメ玉)

 #GCCX ロケ地巡り(#250「あみあみ秋葉原ラジオ会館店」)

aeon_natori_game_10yen


ほか、過去に紹介したお店は県南にあるこちらの2軒。
有名な「一目千本桜」という名所があるということで、それを見るため何度か立ち寄った。

 ボウリング場のゲーセン巡り・「ボウルジャンボフォルテ」
 バッセンのゲーセン巡り・宮城・大河原駅「SAM-1」(サムワン)

 宮城県・大河原駅「フォルテ(ユーズランド)」(2016/03)

※一年ほど前に「ボウルジャンボフォルテ」へ行ったところ、ワニワニパニックやポップンミュージックなど少し台が入れ替わっていた。
bowl-forte-gamecenter


自由に観光できるようになったら、また花見ついでに遊びに行きたいものである。
miyagi-hitome-sakura


 次回:全国ゲーセン巡り紀行(6)・山形

 

 

(10:05)

コメントする

名前
 
  絵文字