2021年04月18日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、4回目は秋田。

 前:全国ゲーセン巡り紀行(3)・岩手

※今は無き(らしい)秋田駅前のボウリング場のゲーセンなどを見て回っていた。
P2400079


東北地方でよく行くのは関東から普通電車で北海道へ行く通り道である宮城・岩手・青森あたりなのだが、一度くらいは立ち寄っておくか…というほぼ気まぐれで、岩手・北上駅から西へと延びるJR北上線で秋田へと向かった。
(先日紹介の北上駅の以下の10円ゲーセンの後、8年前の話)

 意外な場所で見かけた10円ゲーセン(岩手・北上駅)

※観光の方は、焼きそば(とかまくら)で有名な横手、秋田犬(ハチ公)で有名な能代などに立ち寄った。

 焼きそばとかまくら(と少々マンガ)の町・秋田県・横手を歩く
 北海道&東日本パスで行く秋田~青森の旅(2013年7月)


ちなみに当時のJR北上線は北上駅の0番線から発車。
0番線ってあまり見たことがなく、「秋田ってそういう扱いなのか…」と思った次第(ハリーポッターの魔法世界への乗り場みたいな…)。
P2400030

秋田といえば赤い新幹線スーパーこまち。
というわけで秋田駅には模型が飾ってある。
P2400075


さて、雨の中、名物はないか、ゲーセンはないか、と秋田駅近くをあてもなく散策してる途中で見つけたのがボウリング場。
(秋田市民市場のそばにあり、「ボウルジャンボ秋田」の可能性あり。なお閉店したらしい情報あり)

 (参考サイト)思い出のボウリング場第127回ボウルジャンボ秋田

平日の17時頃だったが、ボウリングレーンはなぜか照明が落とされ、ゲームコーナーのみの営業となっていたのが寂しい感じ。
テレビゲーム筐体やパチ台、エアホッケーらしき台が見える。
(当時はあまりゲーセンの隅々まで撮影とかはしてなかったので写真はざっくりなのが惜しい)
P2400081


目に付いたのがこちらの3台。

・レイブレーサー
(なぜかカーナンバーが2と3。1や4はどこへ…1台ずつ切り売りでもされたのだろうかと思うと寂しい。ってこんな風景、イオン南越谷店でも見た気がする)

・クライシスゾーン
(佐渡ヶ島行きのフェリー内で見たのを思い出す)

・ゴルゴ13
(大阪のザリガニはじめ、意外とレトロゲーセンの定番。コラボマンガが面白かったのを思い出す)

 懐かしゲームコーナー巡り・埼玉・「イオン南越谷店」(2018/08
 佐渡行きのフェリー「時間制ファミコン(FAMICON BOX)」
 大阪「 #レトロゲーセンザリガニ 」へ(2018/12)

P2400079

他にはアストロシティ、ブラストシティ筐体が並んでいて、「メタルスラッグX」や2人打ち麻雀ゲーム(画面中央でちびキャラが動いてる…「ホットギミック」?)などが動いていた。
P2400080

ゲームの方はそんなところで終了。
あとはマンホールのデザインが秋田のお祭り「竿燈」だったのをなぜか写真に収めていた。
P2400084

さらに、申し訳程度のゲーム要素を追加しておくと、東能代駅のホームにあったバスケットゴール。
(バッセンなどでおなじみのバスケゲームを思わせる。当時はボールを借りて電車待ちの間にフリースローを楽しめたとかなんとか)
P2420160


といったところで今回は以上。

地理の授業でおなじみ(?)の八郎潟でも見るついでにまた訪れてみたいものである。
(数年前に秋田駅前に小さなゲーセンができたらしいのも気になる)

 6台だけの謎のゲームコーナー!?秋田駅前「緑屋ビル」潜入レポ!

 次:全国ゲーセン巡り紀行(5)・宮城




 

(12:35)

コメントする

名前
 
  絵文字