2021年03月28日

前回、レースゲームや音楽ゲーム、子供向けゲームなどをチェックした続きから。

 千葉・セガアリーナ蘇我へ(1/2)

ファミリー向けゲームってことで、昨年の目玉だったはずのゲーム「マリオ&ソニック東京2020オリンピック」を発見。
(東京五輪の夢よもう一度!と気分だけでも味わいたい方向け? もうこれで五輪やっちゃえよとも思うが)
chiba_game_center_sega_arena_tokyo_2020_olympic

また、同じく親子・子供向けってことで、定番のもぐらたたきゲームやワニワニパニック2、アンパンマンの太鼓ゲーム「たいこでとんとん」なんかもあり、アメリカンな外観でも、家族で来て安心して遊べる雰囲気。
DSC_0075

この手の一般ゲーセンの定番・最新のマリオカートの隣にはちょっと古めな戦車ゲーム「タンク!タンク!タンク!(ナムコ)」なんかもある。
chiba_game_center_sega_arena_tank

その近くの出入り口を見ると、「NAOMI」「AM3研」などのロゴが入ったクレイジータクシーのポスター(登場キャラ4人&タクシー4台を紹介)があった。
(当時のゲーセンにも貼られていたのかも?と思うとレアな感じ)
chiba_game_center_sega_arena_crazy_taxi_ad


さて、お店の奥の方、メダルゲームが集まるエリアへ行くと、入口には「LAS VEGAS」と看板が掛かってて大人向けという感じ。
クレイジータクシーの舞台である西海岸~ラスベガスは王道ルート?
(「水曜どうでしょう」のアメリカ横断みたいに)
DSC_0041




本場ラスベガスっぽい派手なネオンの下にメダル両替機やゲーム(マリオ・ルイージのメダルゲームなど)が並んでいる。
DSC_0083

大人向けのメダルゲームに混じり、ワンピース「ゴムゴムの一本釣り」やドラゴンボールのメダルゲームが集まった一角があるのがちょっとシュール。
(雰囲気だけ見ればここから25セント硬貨がジャラジャラ出てきても不思議はないが)
DSC_0107


ちょっと気になったのがこちらの「ピンポンザウルスハンター」。
コントローラーだけ見れば大型ガンシューティングゲームなのだが、「ピンポン」とある通り、ガンからピンポン玉が筐体内部のスクリーンに向かって発射され、それが画面に当たると撃ったと判定されて画面内の敵(恐竜)が倒れるというエレメカ要素を取り込んだゲーム。
DSC_0079

初心者向けの「はじまりのしま」からスタート時点ではロックされている「さいごのしま」まで、ステージ構成が結構本格的なのが意外だった。

難易度は一面は楽に遊ばせてくれるが二面目以降急にシビアになる印象。
これをやった子たちが将来本格的なガンシューティングゲームにはまるのかもしれない。
(ピンポン玉が筐体の外に飛び散らない仕様なのは「しくじり先生」で出ていたお砂場ゲームの教訓からだろうか…)
DSC_0071


ゲームの後、テーブル席がある自販機コーナーで一息。
コカコーラのイスに座ってドクターペッパーをぐびり。
(自販機の周りのガワもクレイジータクシーと徹底している。そばのヤシの木が西海岸&アメリカン)
DSC_0082

なお、ゲーセンの2階には子供向けの時間制のお遊戯スペース(キッズユーエスランド風)があるのだが、外から眺めると奥に「初代ワニワニパニック」や「リズム天国」、「太鼓の達人14」などが見えた。
(子供連れ専用っぽいのでそれ以上は確認できず)
DSC_0085

2階吹き抜けから前編で見たアメ車を見ることも可能。
非日常感たっぷりなのはやはり楽しい。
(「ウェアハウス川崎」を思いだす。閉館してしまったのは残念)

 #GCCX ロケ地巡り(#77「ウェアハウス川崎」)(2018/01)

DSC_0089

外に出ればすぐそばは波止場で、千葉の海を見ながら気軽に海岸散歩を楽しめるのも魅力。
青空の下、大型のタンカーなどがのんびりと行き来していた。
DSC_0091



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

レトロゲーム要素は少なめだが、クレイジータクシー要素やゲームついでに海を見に行きたい方にオススメかと思う。
(むしろこの後に訪れた同じく蘇我の「グローボ」の方がレトロゲーの内容では驚かされた。詳細は以下)

 デパートのゲームコーナー巡り・千葉・蘇我駅「グローボ」



 

(11:12)

コメントする

名前
 
  絵文字