2019年04月14日

今回はレトロゲーム系のイベントに行った時の話を。

約1年前の話になるが、昨年5月、中野駅近くのセレクトショップ「METEOR」で開催された「わたしのファミカセ展 2018」に行ってきた。
(2005年から毎年開催されているとのこと。3年前に開催された時に行った話はこちら)

 「わたしのファミカセ展 2016」へ(JR中央線・中野・METEOR)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/60292945.html

※今年は10連休初日の2019/04/27~05/26まで開催とのこと。
 なお、お店が中野から西荻窪に移転されたようなのでご注意を。

 (公式)わたしのファミカセ展 2019 - My Famicase Exhibition 2019
 http://famicase.com/
 西荻窪・店舗   Map - METEOR
 https://super-meteor.com/?mode=f1

※博多土産の定番の煎餅(のおまけのお面)をテーマにしたこんな作品もあったりとこの年もバラエティ豊かな作品が集まっていた。
IMG_famicase2018_senbei



というわけで会場へ。
今回もオリジナルのラベルやゲーム内容を考えてデザインされたファミコンカセットが多数展示されていた。
(ファミコンソフトが壁に並ぶのを見てると昨年末に行った「ファミコンの思い出展(名前入りカセット博物館)」を思い出す)

 「ファミコンの思い出展(名前入りカセット博物館)」へ
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/77934959.html

IMG_famicase2018_meteor


さっそくネタ元の絵柄を見事に生かした「けっきょく北極大冒険」に目がいく。
(あのペンギンが激辛ジャンキーだったという裏設定に驚き。敵のアザラシも激辛ラーメンにやられてたり、氷の穴から魚でなく唐辛子が出てきたり…寒い場所で激辛を食べて身体を温めたくなるのはわかるが)

その後ろの「フラリーマン」は見慣れないオブジェが描かれてるが、これは神戸にある知る人ぞ知る「8時間労働発祥の地」の記念碑で、働き方改革のゲームという設定が面白い。
IMG_famicase2018_kekkyoku



絵柄勝負ではあのナムコの有名警察官がアウトローになってしまった「ヒッピー」も面白い。
(よく見るとちょっとラリった表情になってたり、左上のソフトナンバー部分を生かして「60's」と入れてるのも芸が細かい)
IMG_famicase2018_hippy



社会問題と絡めた作品として、ドナーカードっぽいデザインの「ゲーム提供意思表示カセット」。
最近はオタクの遺品整理を請け負う中古ショップがあるらしいのでそれに見合った内容?
IMG_famicase2018_donor


初期のファミコンソフトっぽいシンプルな斜線のデザインを生かした「放送事故 -PLEASE WAIT-」に「溶接II」とシンプルな作品もあり。
(このラインの色合いはフジテレビの画面だろうか)
IMG_famicase2018_please_wait


だいぶ昔のゲームセンターCX「有野の挑戦」の最中に有野課長がつけていた博多名物のあのお面をデザインした「ファミカセンペイ」。
大きさ的にお面にするのにもちょうどいい?(重いけど)
IMG_famicase2018_senbei



某コンビニに怒られそうな名前の「BIRI STOP(ビリストップ)」。
最近レアな存在になりつつあるお店だが巻き返しはあるのだろうか…。
IMG_famicase2018_biristop


元ネタでは楽しく麻雀をやってたあの子が次に手を出したのは「ファミリーコックリさん」。
(どう考えてもファミリーでやるもんじゃないが…麻雀以上にハードルが高そう。一方、その下の「こめそうどう」は時代劇の中で普通にやってそうだが)
IMG_famicase2018_family

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファミコン ファミリーマージャン (ソフトのみ)【中古】
価格:980円(税込、送料別) (2019/4/14時点)



当時放映間もない頃だったアニメにちなんだと思われる「バンデミミッミ」など時事ネタっぽい作品もちらほら。
公式グッズ?と思うほどのクオリティに、出オチでもよくぞ作ってくれたとじっくり絵柄を眺めてしまう。
IMG_famicase2018_popt


同じく時事ネタでは名前(の漢字)がよく似た2人の天才がテーマの「羽生vs羽生」。
(将棋とスケートでいったいどんな異次元バトルが繰り広げられるのだろうか…その後ろの、なぜか霊柩車とギャル幽霊が出てくる「ゴーストハスラーズ」もなかなか)
IMG_famicase2018_spy

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 ファミコン (FC) スパイvsスパイ (ソフト単品)
価格:900円(税込、送料別) (2019/4/14時点)



なお、会場にアンケート用紙があって気に入った作品に投票できるのだが、2018年の一般投票の優勝作品はこちらの「インスタクエスト 承認欲求の神々」だったとのこと。
(3人のポーズと色合い、振りかざした自撮り棒など元ネタをしっかり生かした良デザイン。承認欲求も行き過ぎれば悪霊(昨今のユーチューバーの事件みたいな)になるという社会風刺も含んでたりするのだろうか…)
IMG_famicase2018_2018GP



といったところで以上。

元ネタのファミコンで遊んだ経験の多い方はもちろん、そうでない方も時事ネタを生かしたゲームアイディアなど見ていて十分楽しめると思うので、西東京の観光ついでに足を運ばれてみてはどうか。




(11:13)

コメントする

名前
 
  絵文字