2019年01月26日

今回行ったのは南海線・萩ノ茶屋駅近くにある「SHIN-EI GAME CENTER(シンエイゲームセンター)」。
(大阪観光のため近くの安宿(一泊1600円)に泊まったついでに立ち寄った。行ったのは2018年12月)



このお店は以前ちらっと「西成のゲーセン」ということで紹介した(以下記事)が、その時は入る勇気がなかったため外観などを紹介しただけだったが、今回は意を決して決死の覚悟(大げさ…でもないと思う)で入ってみることにした。

 珍ゲーセン巡り・大阪ミナミ・西成ドヤ街のゲーセン
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/66945901.html


こちらが外観。
萩ノ茶屋駅へ続く道幅の細いアーケード街(萩之茶屋本通商店街)にある。
(約2年前に行った時と同様、店の入口は透明なシートを暖簾のように分け入って入る開放的な(?)雰囲気。シート越しにうっすらとビデオシステム製のゲーム(たぶん麻雀ゲーム)画面が見えた)
IMG_osaka_nishinari_gamecenter_shinei


貼紙を見ると、「法令により」開店は朝6時(!)、閉店は午後8時とのこと。
「新台入荷」でスロット台が増えたらしいことも告知されていた。
(自分が行った時は平日の朝8時前だったが、既に5,6人ほど40代以上らしい男性客がいた)
IMG_osaka_nishinari_gamecenter_shinei_open


店内の見取り図はこんな感じ。
(やっつけクオリティなのはしょうがない)
IMG_osaka_nishinari_gamecenter_shinei_in_map


西成という場所柄、店内写真を撮るのは危険行為だと思ったためほとんど写真は撮らず。
(ゲーム機の間に店員さん(50代以上?とおぼしき)の席もあり目を光らせていたので、うかつにシャッター音など鳴らすのはやばいと思った(色々ワケあってこの地で息を潜めている人もいるかもしれないので…))

通路のスペースはひと一人通るのがやっとでかなり狭く、大荷物を持っての店内移動は難しいので、ロッカーかホテルに預けた方がいいだろう。

テレビゲーム機はテトリスやコラムスなどの落ちものゲーム、麻雀・上海などほぼ年配の方向けゲームで占められている。
(以前紹介のニュー新橋ビルや、御徒町にあったゲームインファースト(現在は閉店?)なんかを思わせる)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#108・東京・新橋駅「ニュー新橋ビル」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/76563705.html
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#160・山手線・御徒町駅「GAME INN FIRST」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/61440522.html


さらに、ゲーム機の他にパチ台やスロットが並んだシマもあり、皆真剣でさながらリアルマネーの動く鉄火場のような緊張感があった。
(ゲームのラインナップと真剣さでいえば以前紹介のオートパーラーとかに近いかも)

 関連記事:懐かし自販機ゲーセン巡り・オレンジハット新町店
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/66636322.html
 懐かし自販機ゲーセン巡り・宇都宮線・栗橋駅・オートパーラーまんぷく
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/65670844.html


なお、お店の端の方には唯一レトロゲームらしいゲーム「メタルスラッグ3」を発見。
…が、残念ながら「調整中」の貼紙が。
(灰皿付ということはこれを嗜む40代の方もいらっしゃるのだろうか…ある意味リアルタイム世代だが)
IMG_nishinari_gamecenter_metalslug




その左隣には50円ゲーセンの必須アイテム「100円→50円x2」の両替機もあった。
(テレビゲームはほとんど1プレイ50円。激安のお惣菜やジュース同様、西成住人に優しい価格設定ということか(西成の自販機は1本50円がデフォだし))

 ついに水素水も闇落ち…西成ドヤ街の激安自販機(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21015535.html


そんなわけでプレイしてみたのが2人打ち脱衣麻雀ゲーム「ファイナルロマンス4」。
(女の子の絵柄がいかにも当時(90~00年代)っぽい感じ)
IMG_nishinari_gamecenter_finalromance4




難易度設定は結構甘めだったようで、デジタル効率最優先で深く考えず適当に打ってれば相手より先手を取れて、先にテンパイして上がれて楽に連勝できた。
(こんな感じにきれいなタンピン手の三面待ちリーチも楽々あがり…って麻雀知らない人スミマセン。
 今回は「たまゲー」の麻雀回みたいな感じで見てもらえれば)
IMG_nishinari_gamecenter_finalromance4_mahjong


そして勝てば当然相手の娘は脱ぐ(脱衣麻雀なので)わけだが、当然見えちゃいけない部分も見えちゃってる(アーケードなので)ので、その辺の写真は割愛。
(女の子にときめくのは新橋のお父さんも西成のおじさんも変わらないということだろうか…)
IMG_nishinari_gamecenter_finalromance4_win


麻雀素人の自分でも4人目まで行けたのでかなり甘めの設定だったものと思われる。
(1ミスが命取りであろう脱衣麻雀なのに、ミスった上にフリテンリーチかけても流局間際にツモって勝てるほどだった。これだけ連勝したのは以前プレイした「Gtaste(ジー・テイスト)」以来かも)

 GCCXロケ地巡り(#190・埼玉・北上尾駅「オートパーラー上尾」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/32715894.html

IMG_nishinari_gamecenter_finalromance4_stage4


他には「ドキドキワクワク・おもちゃ箱」という景品の出る麻雀ゲーム筐体もあった。
(メルヘンチックなデザインだが、これでおもちゃ箱の中身が「大人のおもちゃ」だったら怖いが…)
IMG_nishinari_gamecenter_prize_mahjong



といったところで以上。

「ドヤ街・西成」ならではの場末感・スリルがたっぷりなお店なので、行きたいという方はそれなりに覚悟を決めてからの方がいいだろう。
(緊張しっぱなしで朝から疲れてしまい、もう1軒の「TVタウン ゲームセンターPOPEYE」の方は行けなかったのが残念)

なお、疲れた方向けにお店近くには格安ジュースの入った自販機が並んでいる。
(ペットボトルが1本30円~とこちらも西成価格の驚きの安さ)

 (関連記事)大阪西成探訪・萩ノ茶屋駅のそばで見かけた個性的すぎる酒自販機
 http://doya-gai.blog.jp/archives/26027257.html

IMG_nishinari_vender_lowprice



(12:11)

コメントする

名前
 
  絵文字