2017年12月16日

今回行ったのは千葉県・八千代市にある「ラッキーバッティングドーム」。
東葉高速鉄道・八千代緑が丘駅から南西へ歩いて10分ほどのバッティングセンターである。

※野球でなく卓球のハードな千本ノックが体感できるナムコの卓球ゲーム「ナイスピンポン」などのレア台もあったりと面白いお店だった。
xP1750100


「バッティング」の他に「音ゲー」「ビデオゲーム」「クレーンゲーム」と並んでいる通り、ゲーム機も結構豊富だった。
(行ったのは2016年7月。なお、最近再び行ったら一部ゲーム機が入れ替えになってしまっていたのでご注意を)
xP1750077

※ゲーセンが併設のバッティングセンターも「たまゲー」定番ということで…。
(以下は一例)

 GCCXロケ地巡り(#176・千葉・浜野駅「スポーツウェーブ鉄腕24」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/70677283.html

入口を入ると、すぐ横に「グラスでドンピシャ!!」と幸先の良いスタート。
(「大塚バッティングセンター」にもあった。バッセン御用達ゲーって訳ではないと思うが…)

 GCCXロケ地巡り(#158・大塚駅「大塚バッティングセンター」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/35321022.html

xP1750104

そのそばには、バッセン好きな男の子が満足しそうな「小川直也のマッスルジャッジメント」や「ソニックブラストヒーローズ」などのパワー系ゲームも。
P1750105-2

さらに、ナムコの川下りゲーム(?)「ラピッドリバー」や…
xP1750078

「炎のチャレンジャー電流イライラ棒」などタイトルだけでジワジワくる懐かしいゲームもちらほら。
(左奥にガンシューの名作「ガンバレット」があるのも見逃せない。他に1階は最新のビデオゲーム・レースゲームが多め)
xP1750079


続いて2階に上がると、まずはスポーツ系ゲームの定番・フリースローゲームが並んでいた。
xP1750080

腕相撲ゲーム「アームチャンプⅡ」も発見。
(「池袋バッティングセンター」にもあったが、やはりバッティングしに来た子向けに体力ゲームが多いのが定番?)

 GCCXロケ地巡り(#95・池袋駅「池袋バッティングセンター」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/46654047.html

xP1750081

他には、ナムコの小型ボウリングゲーム「ファミリーボウル」が2台も並んでいたり。
(隣にはHOPE社のボウリングゲーム「ファイナルボウリング2」も)
xP1750082

その中で目を惹いたのがこちらの「パットdeGOLF」。
xP1750090

ミニサイズのグリーン上でゴルフのパットを体験できるゲーム。
(一昔前の社長室によくあるアレである)

1mほどのパットなのだが、ステージが進むとグリーンに傾斜が付いたり、カップの位置が動いたりと変化に富んだステージとなるので、意外と楽しめた。
xP1750086



それともう1つ、ナムコの卓球ゲーム「ナイスピンポン」。
(本物の卓球台をまるまる1台使った大型筐体で、結構レア台?)
xP1750100

ゲーム内容は奥の2つの穴から打ち出されるピンポン玉(卓球のサーブっぽい玉)をラケットで打ち返す。
打ち返した位置によって点数が決まっていて、相手のラケットや隅だと、5点・8点など高得点となっている。
(卓球のラケットは2種類(ペンとシェイク)用意されてるので、上級者も安心?)
xP1750092

一見簡単なのだが、初級モードでも玉数が結構多い(40球くらい?)のと、玉が出てくる感覚が早め(3,4秒に1球くらいで、手を休めるヒマはほぼなし)なので1プレイ5分足らずでもかなりヘトヘトになるほどだった。
(意外と卓球ってハードなスポーツなのを実感できた)

他には、サッカーボールなどを蹴って特定の位置に当てる「ストラックアウト」的なゲームや…
(GCCXin四国でD高橋さんが挑戦していたような感じのゲーム。
 五郎丸がまだ流行だった頃ということで、サッカーボールの他にラグビーボールも蹴れるようになっていた)
xP1750101

そのバスケ版「スローイングボーイ」というのもあった。
(たくさん並んだゴールにボールをシュートする、「ストラックアウト」的ルール?)
xP1750103


といったところで以上。

バッセンらしく大型スポーツゲームの品揃えが充実していて、スポーツの秋にもってこいのお店かと思う。
(以前紹介の八千代台「BTTA(バックトゥザアーケード)」と同じ千葉県八千代市ではあるが、向こうは京成線、こちらは東葉高速線で微妙に離れているのでハシゴしたい方はご注意を)

 レトロゲーセン巡り・千葉・八千代台「BTTA」(再々訪)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/71692149.html





(11:05)

コメントする

名前
 
  絵文字