2017年09月08日

今回はレトロゲーム系のイベントに行った時の話を。

先日、東京・銀座三越で開催された「PAC‐MAN(TM) GINZA STYLE」に行ってきた。
(8月のお盆中、10日間ほどの短期間の開催だった)

 PAC-MAN GINZA STYLE _ 銀座三越 _ 三越 店舗情報
 http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/event/pacman/index.html

※「パックマンジュニア」など貴重な筐体も多数並んでいて、三越の本気を見せつけられた感があるイベントだった。
-P1320091-2

※このように銀座の交差点角にもパックマンの姿がお目見え。
-P1320085

これは有名なレトロゲーム「パックマン」をテーマにしたイベント。
(銀座三越でのパックマンのイベントは、5月のパックマンの誕生日前後に行われたイベントに続く開催となる。
 GCCXとの縁で言うと、初期シーズンで有野課長(当時は主任)が開発者の岩谷氏にインタビューしていたことでおなじみ)

 パックマン生誕37周年イベント「PAC-MAN meets Ginza Mitsukoshi」
 http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170516098/

会場の銀座三越・9階へ上がると、エスカレーター前でさっそくパックマンがお出迎え。
(床面の「READY!」の文字もゲーム開始時を思わせるいい演出)
-IMG_20170821_135119

まずはパックマングッズが並ぶ物販コーナー。
Tシャツや小物類など多岐にわたる。
(そしてここの床にも、エサを食べるパックマンとモンスターが描かれていて雰囲気づくりが素晴らしい)
-IMG_20170821_141129



その横にはパックマンの電子ゲームやボードゲームなど昔発売されていたグッズ類の展示などもあり、貴重な商品の数々に驚き。
(以前紹介の「あそぶ!ゲーム展」を思い出す。左下の方にはパックマンデザインのハブラシなんかも並ぶ)

 GCCXロケ地巡り(#210・川口駅「あそぶ!ゲーム展」)(後編)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/52676421.html

IMG_20170821_135225

さらに、グッズ類のそばにはパックマンのアップライト筐体の説明書や基盤の展示もあったりとちょっとしたミュージアム並みで、三越の本気度が伝わってくる。
(「PAC MAN」でなく「PUCK MAN」なのが当時風? 「GAME ON」にあった筐体を思い出す)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/58012894.html

-IMG_20170821_135238

物販コーナーの横にはパックマンのイラストで包まれた軽食コーナー。
さりげなく「パックマンバトルロイヤル」筐体が置かれているのもいい感じ。
(ただ、スタンプラリーに参加しないとこれはプレイ不可能らしく、この日は時間がなくプレイできなかった)
-IMG_20170821_135315

その隣にはフォトスポット。
パックマン一家(?)やモンスターたちと一緒に撮影可能。
(最近のモンスターは帽子をかぶってたり髪型があったりと、見た目も個性的になった模様)
-IMG_20170821_135327

そしてその先にあったのが歴代パックマンの試遊台コーナー。
まずは初代「パックマン」に「ミズパックマン」。
(おなじみのパックマンとは似ても似つかない感じのアメコミ風のイラストが印象的。
 「GAME ON」にあった筐体とはまた別?)
-P1320089

続いて「スーパーパックマン」。
カギを取って小部屋のシャッターを開けて中のエサを取ったり、ターボボタンでパックマンが加速する要素が加わっている。
P1320100-2

斬新な画面スクロール要素が加わった「パックマンジュニア」。
(後の「パックマニア」につながる? あと、台の側面に描かれた黄色い生物(?)は初期のパックマンの姿なのだろうか…)
-P1320091-2

左右操作がレバーでなくボタンという操作感が新鮮な名作、「パックランド」。
(左右に動くアクションということで人気だったせいか、おなじみのBGMが鳴り止まなかったのが印象的)
-P1320095-2

ナムコレ 食玩 パックランド 単品

中古価格
¥1,690から
(2017/9/8 23:49時点)



そして大画面でプレイできる「WORLD'S LARGEST PAC-MAN」(世界最大パックマン?)と、よりどりみどりでパックマンを楽しめた。
-P1320096

さらになぜか「ガンバァール」と「パックマンズアーケードパーティ」も並んでいた。
(ナムコの懐かしいガンシューと、パックマンやギャラガなど昔の名作が選択プレイできる最近の筐体)
-P1320090



といったところで以上。

筐体の充実ぶりはただただ驚愕の一言で、まさに三越様様。
(テーマがゲームでもここまで充実した空間を作り上げる所に三越の本気を見た気がする。
 どういったルートでゲーム筐体を揃えたのか気になるところだが…)

この流れで他のゲームでもこの手のイベントが開催されることを期待したいところである。
(先日は日本橋三越で「艦隊これくしょん」のセールも開催されていたようだし)



 



(23:46)

コメントする

名前
 
  絵文字