2017年03月18日

今回はロケ地ではなく自分が行ったゲーセンの話を適当に。

今回行ったのは大阪・梅田の大阪駅前第2ビル地下にあるゲームセンター「ZERO」。
(この辺は付近のビルの地下街と合わせて俗に『梅田ダンジョン』とも呼ばれているエリア。行ったのは2016年12月)

行くきっかけは、先日紹介の「日本橋商店会・昭和ノイエ」と同様、関西のテレビ番組「松本家の休日」でこの店が出ていて、懐かしのレトロゲームに挑戦していたこと。

 珍ゲーセン巡り・難波駅「日本橋商店会・昭和ノイエ」
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/53225074.html


(「たまゲー」でもよく見る台からレアそうな台まで結構色々揃っていた)
xP2040049


場所は大阪駅前第2ビル(第1~第4ビルまで並んでいて、地下通路を通って行き来できる)の地下1階。
(行く前、正確な店名がわからなかったのだが、事前にぐぐると「インド料理店・マハラジャの向かいにある」という情報があり、ビル内の地図でマハラジャを探したらたどり着けた次第)

エスカレーターのそばにあり、店先の目立つ場所に懐かしい筐体が色々並んでいるのが目を惹く。
(レトロ筐体はほとんどが店先に出ているようで、その数8台)
xP2040052

まずは「たまゲー」でも定番の「国盗り合戦」。
(隣の「miniUFOキャッチャー」もまた懐かしい。なお、1プレイ100円と少々高いのはサラリーマンがよく出入りするビルで大人仕様の価格だから?)
xP2040047

続いてパチンコ風の野球ゲーム「ホームランゲーム」。
右下の玉を撃つハンドルが昔のパチンコ台の手打ち仕様なのがまたいい感じ。
(「18才未満22時以降立ち入り禁止」とあるが、大人ならそれ以降、深夜まで10円ゲームが楽しめるというのも貴重な空間?)
xP2040048

さらにこちらの3台。右から順に
「和田たばこ店」にもあった数字探しゲーム「タッチ!アクション」。
口を開けるカエルに玉を入れる「カエルのうた」。
そして「トーホーレジャープラザ」にもあった「山のぼりゲーム」。
(一応景品も出る模様)

 GCCXロケ地巡り(#219・東海道線・熱海駅「和田たばこ店」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/60695401.html
 GCCXロケ地巡り(#211・有楽町線・平和台駅「トーホーレジャープラザ」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/66168507.html

xP2040049

そして、3台の左奥の隠れた場所にあったのはタイトル不明な謎の野球ゲーム。
(正式名称は「バッティングゲーム(1960年製)」らしい?
 下のレバーを回して人形のバットを振らせる仕組みの模様。こちらも1プレイ100円)
xP2040051

最後にこちらの2台。右から順に
「ナツゲーミュージアム」で有野課長が挑戦していた「ジャンピングラリー」。
玉を弾いてレール内を勢いよく進ませる「ロックンロール」。

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/65496910.html

xP2040050

といったところで以上。

大阪駅から徒歩圏内ですぐの距離(ダンジョンで迷わなければ、だが)なので、大阪観光ついでに気軽にレトロ10円ゲーム(1プレイ100円の台もあり少々お値段は高めだが)をやりたい方にオススメかと思う。

※1本50円からと激安のジュース自販機もあったりと色々楽しませてくれる。
 恐るべし梅田ダンジョン…(以下、参考記事)。

 こんな所にも激安自販機・大阪駅前ビルにて(2016・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/13151867.html

(なお、お店の内部には最新ゲームも豊富に取り揃えていて、そちらで楽しみたい方にもちょうどいいだろう。こんな感じで「ボーダーブレイク」「マジックアカデミー」など話題作のポスターが並んでいた)
xP2040045

※福岡KBCのローカル番組「ドォーモ」の「全日本レトロゲーム機探訪録」にも出ていたらしい。
 (岡本氏が「ホームランゲーム」や「バッティングゲーム」に挑戦していた)
 いずれそちらのロケ地巡りもしてみたい物である(以下一例)。

 大阪・新今宮駅「かすが娯楽場」( #ドォーモ ロケ地巡り)
 愛知・西尾駅「天野ゲーム博物館」( #ドォーモ ロケ地巡り)

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ




(12:16)

コメントする

名前
 
  絵文字