2016年10月15日

今回は自分が行ったゲーセンの話を適当に。

今回行ったのは、高崎線・高崎駅近くにある「群馬レジャーランド」。
(行ったのは2016年8月。懐かしの「クレイジータクシー」や謎のビリヤード風ゲーム「BILLY BOWL(ビリーボウル)」など珍しい台が結構あった)
xP1810157

駅東口から駅前通りを北上した先の大通り沿いにあるレジャー施設である。
(同じ建物にはパチ・スロやネカフェなども併設されている)
xP1810137

館内に入ると、
「B1F メダルゲーム テレビゲーム 景品ゲーム」
「2F ゲーム ビリヤード 卓球」
と、子供から大人まで楽しめそうなフロア構成。
xP1810162


ということでまずは2階へ。

案内の通り、貸し卓球台やビリヤード台が並ぶスペースがあり、運動好きな方でも楽しみやすくなっている。
(手前には「たまゲー」の定番・エアホッケーもある)
xP1810151

さらに、バスケのフリースローゲームやバッティングゲームなどもあったりと、幅広いスポーツに対応していてさすが「レジャーランド」といった雰囲気。
(ゲームとスポーツの取り合わせは先日紹介の「駅前スタジアム」に近い物を感じる)

 珍ゲーセン巡り・愛媛・松山「駅前スタジアム」(予讃線・松山駅)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/58410908.html

xP1810141



もちろんゲームの方も、「運転能力検定ゲーム」という異色ジャンルの「テクノドライブ」や、モグラでなくゴキブリを叩くワニワニパニック風ゲームの「ゴキデター」、…
xP1810139

WiiFitの先駆け(?)ともいえるバランスゲーム、ナムコ「BALANCE TRY(バランストライ)」に、スタイリッシュなもぐら叩き「ハンマーチャンプ」など、最新ゲームに混じってなかなか珍しい台が見られた。
xP1810140


その中で個人的に印象的だったのが、こちらのビリヤード「風」(ここ重要)ゲームの「BILLY BOWL(ビリーボウル)」。
xP1810146

ゲームが始まると台の奥にナインボールのような玉が出るので、一見ビリヤードのシミュレーターかと思ったが…
xP1810147

実際は手玉を打ってそれに当てて、台の奥や両サイドの穴に落とすとその分が点数になるというボウリングのようなルール。
(いかに強力なブレイクショットを打って全ての球を弾き飛ばすかがポイントとなる模様)
xP1810149

ちなみにビリヤードは過去に友人の付き添いでちょっと触ったり、子供用のビリヤードセットで遊んだことがあるくらいだったので、まともにボールを打つのもおぼつかないという体たらく…。
(まっすぐ打てるかも怪しい状況なので、手玉の位置を手前に出す子供用ハンデ的なこともやったりした)
xP1810150




(追記)
※なお、つい最近知って驚いたのだが、このゲームのようにビリヤードとボウリングを組み合わせたスポーツ「ビリボー(billibow)」というのがあるらしい。
 (向こうは小型ボウリングレーン上で球を打って並んだピンを倒すのだが、このゲームもそこからインスパイアされたのかもしれない?)

 ビリボー - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%BC



続いて地下1階へ。

こちらも案内の通り、最新のメダルゲームやクレーンゲームなどが並ぶ中、フロアの片隅の方に行くと、手前の「リズム天国」「タイムクライシス3」などなかなか懐かしめの台が見られ期待感が高まる。
xP1810161

その奥には「クレイジータクシー」、そしてさっきもやった「BILLY BOWL(ビリーボウル)」。
(なぜに2台もあるのか謎。この「ビリーボウル」、自分は初めて見たのだが、北関東限定とかで広まっていたのだろうか…?)
xP1810157

そこから振り返ると、懐かしい5鍵「ビートマニア THE FINAL」、クレタクっぽいアップライトのバイクゲーム「WILD RIDERS(ワイルドライダーズ)」、タッチタイピングゲームの申し子「タイピングオブザデッド」、そしてルパン三世のタイピングゲームと、またまたいい感じのゲームがずらり勢揃い。
xP1810159

「群馬恐るべし…」と思いつつお店を後にした。


といったところで以上。

交通の要所である高崎駅から徒歩で行けるので、高崎線や北関東の電車旅ついでに立ち寄ってみてはどうか。
(付近にはたまゲーロケのあった「オートパーラー上尾」など、懐かし自販機好きにはたまらないスポットもある)

 (関連記事)GCCXロケ地巡り(#190・北上尾駅「オートパーラー上尾」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/32715894.html




(11:20)

コメントする

名前
 
  絵文字