2015年12月11日

今回行ったのは映画「男はつらいよ」の舞台、葛飾・柴又にある「柴又ハイカラ横丁」。
(京成線・柴又駅から柴又帝釈天へ続く参道を数分歩くと到着。
 入口横の赤い巨大ブリキロボットがレトロ感を演出)
P2350079

※「寅さん(のお面)がいる店」という話があった三ノ輪の「いちせ商店」とはまた別の話。

 「たまゲー」ロケ地巡り(#169・荒川区・三ノ輪駅「いちせ商店」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/32715892.html

1階は駄菓子屋とゲームコーナー、2階はおもちゃ博物館となっているので、まずは1階へ。

 (公式サイト)柴又ハイカラ横丁 レトログルメ商品たくさん 柴又帝釈天・柴又駅すぐ近くの観光スポット
 http://www2.odn.ne.jp/shibamata/

1個数十円のアメやガム、ラムネ、昔ながらのスターのプロマイドなどがぎっしり並んでいる。
別の「たまゲー」回で当りを出すのに頑張った「あんこ玉」も袋入りセットで売られていたりする。
P2350095


有野課長がネタにしていた小ビンヨーグルトの巨大版「ジャンボヨーグル」も山積み。
(このサイズ、年齢によっては食べた後の血糖値が怖いレベル?)
P2350096


また、店内の奥の方にはピンボール台やゲーム機がちらほら並んでいる。
(ピンボール台のよこになぜかいる梅宮辰夫。辰ちゃん漬がブームだった頃か…)
P2350081


その隣には何台かのゲーム機もある。
こちらは課長がやっていた「スペースインベーダー」。
(レバーやボタンが垂直についてるのが昔の台っぽい。オンエア時は白黒だったがこの時はカラーだった)
P2350082


続いて、テーブル筐体の「ゼビウス」。
(コンパネ左端の「1P・2P」選択ボタンが懐かしい)
NEC_0172

画面横のインストカードを見ると、ボスが「アンドアジェネシス」でなく「アドーア・ギレネス」となっていた。
(暗くてうまく撮影できなかったが、懐かしいタッチの絵)
P2350086

さらに、アーケード版の「スーパーマリオ」。
(台場一丁目商店街にあったのとは微妙に筐体の形が違う模様)
NEC_0171

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#48「台場一丁目商店街」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/37260955.html

1回10円のワンボタンクレーンゲーム(チャンスラーと思われる)もあった。
(相模湖にもあったが、こちらは中身にサイコロキャラメルなどがあって豪華で、なんとなく心惹かれる)
NEC_0173

他には「たまゲー」定番の「国盗り合戦」や…
(隣の「うまいシュガーラスク」の段ボールも気になるが)
P2350090

おなじみの「カーレース」もある。
(店内のレジそばには「新幹線ゲーム」もあった)
P2350094

駄菓子をレジへもっていくと、レジ横の射的コーナー近くに来店した芸能人の写真が貼り出されていて、その中に有野課長の写真があった。
(課長の隣は「メレンゲの気持ち」のホンジャマカ石塚氏だった。
 照明(昔ながらの白熱電球)のせいかこちらもぼやけてしまったが)
P2350103

この日は土日で、有名観光地のせいか開店直後の10時過ぎから次々にお客さんが入ってくる賑わいぶり。
年代を問わずゲームや買い物を楽しんでいる様子だった。
(課長が得意な射的コーナーもまだ健在)

「たまゲー」抜きにしても、柴又観光ついでに普通に当時を懐かしみたい人にもオススメのスポットだと思う。
(公式サイトによると、火曜日が定休日、また、2階の博物館は土・日・祝日のみ開館らしいのでご注意を)

※なお、長くなったので2階のおもちゃ博物館については後日(以下記事)。

 GCCXロケ地巡り(#32・柴又駅「柴又ハイカラ横丁」)(追記)

 




(21:31)

コメントする

名前
 
  絵文字