2015年08月29日

今回行ったのは、神奈川・相模湖周辺(「勝瀬観光」などのボート屋併設のゲームコーナー)。
JR中央線・相模湖駅から歩いて10分ほどの湖沿いにある。

行ったのは2015年3月で、休日の午前に足を運んだ。
湖沿いの桜がまだ咲きかけの状態のせいか、春休みの時期でも観光客はちらほらという感じ。
P1820163

湖沿いに何軒かのゲームコーナー(本業は遊覧船や貸しボートの方なのだろう)、その向かいに射的屋などがある。
(たたずまいや看板の字の剥げ具合からして、かなりの歴史を感じさせる)

まずは「勝瀬観光」へ。
(「スワン丸」などの遊覧船や貸しボートもやっている。
 黄色い「勝瀬観光」の看板を赤い「スワン丸」が隠してしまっているのがまた豪快)
P1820139

店内のゲームは「たまゲー」の準・定番と言ってもいい「ファイナルハロン」や…
(初めてプレイしたが、ちゃんとインコースを走らないと番組で課長がやってたような最下位争いになり、意外と難しい)
P1820135

漕ぎ棒を操って急流くだりする「ラピットリバー」。
P1820133

さらに、ミニ機関車やアンパンマンなど、子供向けの乗り物も多数並ぶ。
(天井に張り巡らされた万国旗にどこか懐かしさを感じる)
P1820138

続いて、その隣の「津久井振興(振興ボート)」に入る。

(右)ルールがよくわからない数字当てゲーム「ももたろう」。
(左)傘の上で転がす玉がどこで止まるかを当てる「名人会」(カプコン製)。
P1820143

「名人会」はオンエア時に課長がやっていたが、間近で見ると台の中の人形がモデルになったと思われる某コンビによく似ていて再現度が高い。

(右)1階10円のお手頃なお菓子クレーンゲーム「メリークレーン」。
(左)「 \ハズレ! ハズレ!/ 」でおなじみ、課長の永遠の宿敵と言ってもいい「おしゃべりオーム」。
P1820148

「メリークレーン」はワンボタン操作で、クレーンが1本のライン上しか移動しないシンプル操作。
(ボタンを押してる間クレーンが移動→離すと掴む動作→自動でクレーンが戻る)

適当にお菓子の山ができた所にクレーンを突っ込ませたらラムネが1個取れたが、勢いよく取り出し口の外にお菓子が飛び出た。
(右上の取り出し口から中央へ飛び出し、結構な飛距離だった)
P1820149

ロケ時、10円玉が詰まって色々大変なことになった「メロディーショット」もまだ健在。
(「新幹線ゲーム」タイプの貴重な台らしい)
バタくさい感じの絵のタッチや、ハズレの穴に書かれた「くやしい!」などの文字が懐かしいセンス。
P1820151

スタンディング筐体の「スペースインベーダー」もあった。
宇宙船コクピットっぽいコンパネのデザインがなかなかクール。
(白黒画面。「懐かしの」と貼り紙がある通り、お値段も昔のまま1回100円)
P1820161

最後は、某ゲームの隙間から見えていた商品。
「チョコボール」っぽいお菓子が山積みだが、賞味期限は大丈夫なのだろうか…?
(花やしきの回で見たパチモノっぽいお菓子「ゼリコ」よりはマシだが)
P1820158

長くなりそうなので、後編へ続く。



(10:48)

コメントする

名前
 
  絵文字