2014年11月29日

以前記事にした、声優の大山のぶ代さんのアルカノイド筐体が高田馬場にある「ゲーセン・ミカド」に引き取られた件で、先日その筐体を見に行った。

 大山のぶ代さんのアルカノイド筐体、ゲーセン・ミカドが引き継ぐ/ミカドの風景
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/32715890.html

 (関連記事)GCCXロケ地巡り(#104・高田馬場駅「ゲーセン・ミカド」)(2017/07)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/72701600.html


アルカノイド筐体があるのは2階への階段を登って右手。
アップライト筐体の「アルカノイド」(ブロック崩しゲーム)がある。
(テレビ番組で大山のぶ代さんのスーパープレイが紹介された時を思い出す。なお、1プレイ100円)
P1420043.jpg

筐体の上部には、大山のぶ代さんのサイン色紙とドラえもんの絵が添えられていて、微笑ましい。
d6bbb0a7.jpg


なお、これとは別にテーブル型筐体のアルカノイドもある。
(昔のゲーム喫茶やインベーダーハウスを思い出す懐かしい形である)
38189544.jpg


他に最近入ったと思われる台で、1階の入口そばにナムコ「メタルホーク」が稼動していた。
(筐体が派手に揺れる「バンゲリングベイ」風の2D全方向スクロールのシューティング。ヘリの上昇下降操作が難しいが、揺れるのは楽しい)
c4523fb1.jpg


アルカノイドはパドルコントローラー同梱版がニンテンドーDSソフトで出てるが、GBAスロットにパドルコントローラーを挿入するので、DS/DSLiteでないと無理?



(11:37)

コメントする

名前
 
  絵文字