2021年06月

2021年06月27日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、8回目は新潟。
(順番的に東北の次は関東かもしれないが、関東は店の数が多いので先に甲信越地方から書くことにする)

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(7)・福島

※昔のパチ台が並ぶ駄菓子屋風ゲームコーナーなど(隣はなぜか舘ひろしの単独初主演作品。同時代だから?)
NEC_0117


新潟は有名な佐渡金山(昔の桃鉄の一発逆転物件)のある佐渡が島があるのでそちらを見に行くついでと、「北海道&東日本パス」での移動可能範囲が東北に加えて新潟や長野も乗り放題だったので、そのついでに立ち寄ったので2度ほど行く機会があった。

最初に新潟に行ったのは9年前。
まだ旅行の初心者(純粋に観光名所を楽しむ人)だったのでゲーセンは二の次で時間通りに移動や観光することを優先していたが、そんな自分でも新潟港から佐渡へ行くフェリー内にあったゲームコーナーや「FAMICON BOX」にはちょっと驚いた模様(詳細以下。写真をもっと撮っておけばよかった)。

 佐渡行きフェリー「時間制ファミコン(FAMICON BOX)」

NEC_0055_20130412171035.jpg

佐渡ヶ島ではスペランカー気分で金山を見学したり…(とれた金で作られてた小判(「いっき」で集めるやつ)などの展示)
NEC_0121

心ゆくまで海景色をのんびり楽しんだりと、ゆっくり流れる島の時間を満喫した。
NEC_0133


未紹介だったのが、佐渡から帰った後にふと見に行った「新潟せんべい王国」。

米どころ新潟ならではのお煎餅にちなんだ施設なのだが、店内の一角に昔ながらのパチ台などが並ぶ駄菓子屋っぽいゲームコーナーがあった。
(隣にうっすら見えるのは「皮ジャン反抗族」という舘ひろしの単独初主演作品らしい(昔の映画ポスターなど懐かしグッズも並んでる。せっかくだから「免許がない」も並べてほしかったが))
NEC_0117

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皮ジャン反抗族 【DVD】
価格:2620円(税込、送料別) (2021/6/27時点)



お煎餅つながりでついでに書くと、当時、新潟駅前には「雪の宿プラザ」というのがあり、白い砂糖をまぶしたお煎餅「雪の宿」にちなんで製品やキャラクター紹介をするスペースが設けられていて、子供の頃からの「雪の宿」ファンにはたまらない場所だった。
(こういうお菓子とかの本場や本社、工場見学ってなんかテンションが上がる(以下、関連記事))

 グリコ の製品から道頓堀ランナーの歴史・江崎記念館 へ


二度目に旅行したのは5年前。
「北海道&東日本パス」で東北地方を旅した後、関東へ戻る途中で一泊した時だった。
(山形からJR米坂線>JR羽越本線と乗り継いで新潟に入り新津駅へ。そこで以下の駄菓子屋などを見た後、新潟駅へ)

 駄菓子屋巡り・新潟・新津駅「昭和基地一丁目C57(しごなな)」
 珍ゲーセン巡り・新潟・新津駅「ベルシティ新津・プレイランド」


新潟はマンガの資料館や「ドカベン」銅像、鉄道の町など、おいしい米以外にも見どころが多いのが驚きだった。

 安宿からの旅・新潟市「マンガの家」
 安宿からの旅・鉄道一色の町・新津(新潟県)を歩く(2016/07)

※「ドカベン」の近くには水島新司先生つながりで「あぶさん」などの銅像もある。
P1720167

※「ハイスクール奇面組」の奇妙な壁面フィギュアなどのある「マンガの家」。
 この辺はゲームよりマンガ好きな方でも楽しみやすいだろう。
P1250174


その後に立ち寄った、新潟の繁華街にある「ビルボードプレイス」のゲーセン。
ゲーム機より懐かしいものの展示の方が多く、ゲームそっちのけで長時間楽しんでしまった。
(まんだらけの高額商品の棚をウィンドウショッピングするような気分だった。「魚雷戦ゲーム」「パーフェクションゲーム」なんかも並んでいて、「たまゲー」に出てた昔のおもちゃ屋などに近い雰囲気も)

 展示物がレトロ・新潟「ビルボードプレイス」(2016/07)(1/2)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#81・「コマヤ玩具店」)

P1710290

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】魚雷戦ゲーム
価格:42460円(税込、送料別) (2021/6/27時点)



その後には、あちこち見て回って疲れた中(さらに雨)なのに、新潟駅の南東側にあるゲーセン「チャンス」にも行った。

 レトロゲーセン巡りの昔話・新潟駅「チャンス」(2016/07)


そして未紹介だったのが、同じく新潟の燕三条駅近くにある「タイトーステーション」。

最新の音ゲーなどが並ぶ今風のゲーセンだったため、特に紹介はしていなかった。
(有野課長が少し前の「たまゲー」でやってたセガの音ゲー「マイマイ」。隣はタイトーの「グルーヴコースター」、その間の仕切り板はなぜかコナミ製「ビーマニ サウンドセパレーター」なのが面白い)
P1720090

平日の午前で人がいなかったので、こっそり「マイマイ」を練習してみたり。
(なぜか高橋名人が歌ってる曲をプレイしていた)
P1720086

ちなみになぜ燕三条に行ったかというと、日本地理でよく出る「金属製品や刃物の名産地」ってことでなんとなく行ってみた次第。
(包丁などもこんな感じでズラリと展示販売してる)
P1720066



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで今回は以上。

新潟はゲームセンターCXのミニコーナー「基盤屋珈琲店」に出ていた「テーブルゲーム愛好会」の会長さんの県ということで、意外と隠れたゲームセンターや駄菓子屋さんが多いらしい(長岡市だったか、公共施設にもゲームが展示されている)ので、また機会があれば行ってみたい。

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(9)・長野
 





(10:55)

2021年06月20日

今回行ったのは、新潟駅から南東側へしばらく歩いた先にあるゲームセンター「チャンス」。
(行ったのは2016/07)

※「ときめきメモリアル対戦ぱずるだま」など懐かしいゲームを喫煙プレイ可能だった(灰皿つき)。
P1720245


新潟といえばお煎餅、お煎餅といえば「雪の宿」(?)。
というわけで新潟駅前にはデカデカと「雪の宿」を宣伝する三幸製菓の看板があった。
「おいしさの街 新潟へようこそ!」
P1720009

 

 

場所は駅の南東側、バイパス沿い。
1Fが駐車場で車で遠くから来る人向けなのが地方のゲーセンという感じ。
P1720238


ここはゲーセン以外にカラオケ、ダーツ、ビリヤードなどが併設。
(複合アミューズメント施設という感じでラウンドワンとかを思わせる。なお、写真がブレたのは雨の中行ったので少し肌寒かったためだろう)

「麻雀倶楽部」とあったのでコナミかMリーグのやつかと思いきや、「リーチ麻雀」「セット麻雀」とあったのでどうやら本物の雀荘(ニュースで聞く名前で言えば「麻雀ゲーム店」?)らしい。
P1720240


広めの店内にはアストロシティっぽいゲーム筐体が並んだシマがいくつもあり雨の日でも結構な賑わい。
懐かしいゲームも多く、「ハイパーストII」の入ったバーサスシティ筐体(VERSUS CITY。「ただ今勝ち抜き中●人」の表示が上にあるアストロシティの姉妹品?)や…
P1720246

音ゲー「パカパカパッション」、落ちゲー「コラムス」…
P1720244

「ときメモ対戦ぱずるだま」などの懐かしいゲームが色々。
(少し暗めの中、銀色の灰皿がキラリと輝いてたのも昔ながらって感じ)
P1720245




脱衣麻雀「麻雀ジーテイスト」も発見。
あまり写真を撮ってなかったということは、たぶんあっさり負けたのだろう。
(麻雀ゲームで勝った時の例は以下)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#190「オートパーラー上尾」)
 #GCCX ロケ地巡り(#104・高田馬場ゲーセンミカド)(2020/09)

P1720243

「ダンスマニアックス2」など昔の音ゲーも何台かあった。
(店内の暗めの場所にあったので写真ではほとんど見えず)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

※なお、ぐぐったところ閉店したらしいブログ記事あり。
 (再訪できないのは残念。ゲーセン一期一会って大事…)

 新潟市にあるゲームセンター チャンス笹口店がついに閉店へ・・・






(09:43)

2021年06月13日

今回行ったのは、地下鉄・名古屋港駅の近くにある「ガチャガチャミュージアム」。
(行ったのは2017/03。名古屋市内を地下鉄でぶらり旅したついでに立ち寄った)

 JETTY|名古屋港水族館ホームページ-「3. ガチャ2 ミュージアム」
 安宿からの旅・名古屋地下鉄一日乗車券でぶらつき旅(後編)

※モリガンや不知火舞などレトロ格闘ゲームのガシャポンフィギュアたちも一杯だった。
nagoya_gacha_gashapon_fighter



「ガチャガチャミュージアム」があるのは、名古屋港駅から水族館へ行く途中にある商業施設「JETTY」の2階の一角。
P2310155

吊り下がった港っぽいデザインの看板、平仮名の「りょうがえき」って両替機の貼り紙がいい感じ。
(プライズ機や幼児用の乗り物なんかもあり健全な雰囲気)
nagoya_gacha_gashapon_game

「なつかしのゲーム」と貼り紙が出ていて、ガチャガチャやプリクラ機に囲まれた中、ちらほらとゲーム筐体が並ぶ。
P2310156


まずは、たまゲーで有野課長が挑戦していたのを思い出す「握力・背筋力」の測定マシン。
(わざわざ旅先でやるものなのかと思うが、日常を離れてふと手持ち無沙汰になった時にそういう心境になるのかもしれない(温泉場の健康・血圧チェックマシンみたいに))
nagoya_gacha_gashapon_game_haikin

奥へ進むとテレビゲームの並ぶエリア。
「太鼓の達人11」に「太鼓の達人13」と古めの太鼓が2台、そして同じく音楽ゲームの「リズム天国」などこちらも健全なゲームが並ぶ。
nagoya_gacha_gashapon_game_taiko

原始的なエアホッケー「TINY HOCKEY」(パックが跳ねるのを防止するネットも付いてて安全)、奥の方にアンパンマンのホッケーゲーム(台の高さからして幼児用)、もぐらたたきゲームなどもあり、デパートのゲームコーナーっぽい雰囲気。
nagoya_gacha_gashapon_game_hockey

「トリプルキャッチャーアイス-25度」というアイス入りのクレーンゲームもあった。
(ガリガリ君っぽい「ガリガリランド」という貼り紙が気になるが赤城乳業のことだろうか(「レゴランド」より楽しそう))
nagoya_gacha_gashapon_game_ice_crane

ハーゲンダッツや雪見だいふくなどが入ってて、食欲をそそるラインナップ。
(「ウェアハウス川崎」ロケ時の渡邊さんを思い出す)
nagoya_gacha_gashapon_game_ice_cream



さて、「ガチャガチャミュージアム」の名の通り、ここのもう1つのウリがガチャガチャ商品の展示コーナー。

健全(?)な所では、特撮戦隊シリーズの赤が集まった「レッドクロニクル」。
(いつぞやのたまゲーで有野課長がおもちゃ屋でこういう品を手にとってた気がする)
nagoya_gacha_gashapon_red_chronicle




「巨人の星」の星一徹や花形など。
(中央上部に「アタックNo.1」、右端に「力石徹の墓」も見えるが、同時代の昭和アニメの商品を集めたのだろうか)
nagoya_gacha_gashapon_kyojin

レトロゲーの域に入りつつある「FF8」の主人公キャラたち。
(スコール、リノア、ゼルは覚えてたが、もう一人なんか悪い奴の名前が出てこなかった…サイファー? チョコボのトサカを刈りにいってるように見えるが)
nagoya_gacha_gashapon_ff8


レトロゲーム機の小型フィギュア(ガチャガチャサイズ)もあった。

一番上はセガマーク3やメガドライブ、
中段はテーブルゲーム筐体、
下段はゲームボーイやファミコン、ディスクシステムなどだろうか。
(古いおもちゃ屋の棚か、過去に見に行った家庭用レトロゲームのイベントを見てるようでもある)

 レトロゲームからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(3)
 終了間近・「あそぶ!ゲーム展2」へ(京浜東北線・川口駅)(後編)

さらに同時代つながりで90年代のレトロ格闘ゲームのフィギュアたちも。
リリスやモリガン、春麗に不知火舞、ワルキューレ、ゼノサーガのキャラなんかもいる。
(下段はヴァンパイアセイバー?)
nagoya_gacha_gashapon_fighter




といったところで以上。

ゲーム筐体は少ないが、豊富なガチャガチャ商品の展示は懐かしいおもちゃ屋感覚で見て楽しめると思うので、
名古屋への旅行で、水族館や遊園地(シートレインランド)のついでに気軽に立ち寄ってみてはどうか。

 


 

(09:54)

2021年06月06日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、7回目は福島。

 前回:全国ゲーセン巡り紀行(6)・山形

福島は関東からJR線で北上する時にほぼ確実に通る県(東北本線のほか、水郡線や常磐線などでも通る)ではあったのだが、電車の本数が少なめで途中下車がしづらく、駅近くのお店が少ないこともありあまりゲーセンに立ち寄る機会はなかった。
(ラーメンで有名な喜多方、NHK大河ドラマ「八重の桜」ゆかりの会津若松などに立ち寄った)

※温泉街で「遊戯場」と見てゲーセンと思いきやパチ屋だった時の残念感…
P1910041


喜多方はラーメンのほかに古い酒蔵や商店などが集まるレトロな町並みも見どころ。

古めのロボットや野球盤などが収蔵された「昭和レトロミュージアム」というのがあり、「柴又ハイカラ横丁」の資料館を思い出す。

 安宿からの旅・磐越西線・喜多方「昭和レトロミュージアム」
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#32「柴又ハイカラ横丁」)

P1260129

いい意味で飾り気なしの朽ち果てた商店(ペプシの看板付き)が残ってたりする。
P1260086


また、「八重の桜」でおなじみ会津若松の「鶴ヶ城」。
NEC_0064

会津といえば「赤べこ」ってことで、駅には大きな赤べこ人形があったり、改札口も「赤べこ」デザイン。
(家庭用プールにスイカのビーチボールが浮かんでるのも涼しげ。東北でも意外と暑い会津の夏)
NEC_0112

喜多方から会津若松、郡山へは昔ながらの国鉄風の快速列車「あいづライナー」で移動。
このへんもレトロ感たっぷりだった。
P1260154



福島に来る度に何度も通るのが、東北本線の福島県の駅の中で特に乗り継ぎが最悪とも言われる新白河駅。
長い待ち時間が厳しいが、駅の西側、東側それぞれにゲーセンがある点だけは評価できる。

 懐かしゲーセン巡り・新白河駅「ゲームスペースA3」ほか
 東北本線移動の障害・新白河駅で暇をつぶす方法を探す

※新白河駅近くのちょっと洒落たたたずまいのゲーセン「ゲームスペースA3」。
P1770135

レトロゲーム以外に最新ゲームも多いお店なのだが、そこにあったMFC(麻雀格闘倶楽部)のポスター。
長寿麻雀漫画「むこうぶち」のコラボイベント用ってことで、謎の麻雀強者・傀がタッチパネルを操作するシュールな絵面だった。
(ネットゲームの麻雀でもしっかりと敵をトビ終了させて「御無礼」コールしてるのがさすが)
P1770137


さて、未紹介のゲーセンとしては、福島駅近くの西口の近くにラウンドワンがあった。
(「UFOキャッチャーALL100YEN」の幟が並んでいた。景品をとるまでかかる金額はいくらになるかは腕次第だが…)
P2180067

広大なフロア内にずらっとクレーンゲームが並んでる様子はさすが大型チェーンという感じ。
(上の階に並ぶテレビゲーム機は最新のものが大半で、このブログ的にはあまり見どころがなかった)
P2180068


あと、GCCXつながりで言えば、ミニコーナー「ファミコンBOX」の収録があった飯坂温泉にも行った。
駅を出ると川沿いに年季の入ったホテルや旅館が並び、鄙びた温泉街って感じがたまらない。
P1910068

古風なたたずまいの「遊戯場」という看板があったが、ゲーセンではなく普通のパチ屋だった。残念。
P1910041

ついでに、郡山駅のそばのビル「ビッグアイ」にある「郡山市ふれあい科学館スペースパーク」。
宇宙がテーマの資料館なのだが、なぜか実際の運転台を使った列車シミュレータ(有料)があり「電車でGO」気分で楽しめる。
(プレイ時間は5分30秒で200円らしい。こまかい)
P2570044



といったところで今回は以上。

JR郡山駅近くのイオン内のゲーセンにレトロ筐体がそこそこ並んでるらしいので、機会があれば行ってみたい。
(飯坂温泉も普通に温泉めぐりでまた行ってみたい)

 次回:全国ゲーセン巡り紀行(8)・新潟

 



 

(09:48)