2021年04月

2021年04月25日

今回行ったのは、京成曳舟駅から歩いて10分ほどのゲームセンター「ル・モンド」。
(駒形にも同じ名前のゲームセンター「ル・モンド(駒形店)」があったのを思い出したり)

 珍ゲーセン巡り・東京「ル・モンド 駒形店」(再訪)(2019/08)

※行ったのが2016/09とだいぶ前で現在の営業状況とは異なる可能性があるので、あくまで参考として読んで頂ければと思う。


お店に着いてまず驚くのが店先の看板。

某有名ゲームキャラクターに酷似した「なにか」(あえて名は言わない)が描かれていて、入る前から期待感満点である。
(大阪西成にあった「ポパイ」っぽい「なにか」が描かれてたゲーセンを思い出す)

 大阪・西成ドヤ街のゲーセン(「ゲームセンター ポパイ」など)

とりあえず「スーパーマリオワールド」が出た1990年以降にできたお店(もしくは付けられた看板)なのだろうか。
(中古ファミコンショップでもマリオの絵とか使ってたお店があったのを思い出したり)
xP1850170


レトロゲームは少なめだったためあまり店内写真を撮ってなかったが、入口近くに並ぶのは通常のテレビゲーム筐体。
奥の方には大型モニターでプレイする競馬ゲームなどのメダルゲームや、パチ、スロット台などが並びやや大人向けな雰囲気。
(このへん、駒形店と似た印象)
xP1850165

レトロゲーム成分として見つけたのがこちらの「レトロゲームBOX」。
「500種類以上! なつかしい! あのゲーム!」が遊べるという、いわゆる「法的にアレ」な台。
(時間貸しも可能で、1時間500円で遊び放題にもなる模様)
xP1850164


とりあえず100円入れてプレイしてみるとこんな感じでゲームを選択できる。

「イチダントアール」の下に「いっき」「イメージファイト」「エキサイティングアワー」「SNK vs CAPCOM」など時代やメーカーの壁を超えたラインナップが並ぶ。
(画面左上の方にうっすらと「ファイル(F)」などのWindowsっぽいメニュー、そして「MAME32」というタイトルバーらしきものが見えるが、もう100円を入れてしまった以上、仕方ないので気づかない体でプレイする)
xP1850169


相当昔、数回だけプレイした記憶がある「イチダントアール」をプレイしてみる。
レバーやボタンの操作性は良好。
(もともとシンプル操作のゲームだけれども…なお、先日発売のアストロシティミニにも入ってる)
xP1850167

ちなみに、曳舟駅へ戻る途中にはこんな少年野球の貼り紙があったり…
(「墨田区・ヤングイーグルス」。某ネット通販会社の野球チームとの関係は不明。東北の人は怒っていい?)
xP1850172-2


 こんな喫茶店「のらくろ」があったりしたので、マリオっぽい看板があってもこの界隈では別に気にするほどのことではないのかもしれない。
(キーコーヒーとの関係は不明。「のらくろ」が有名な商店街のお店も以前紹介したが…)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#150「トイパークまさみや」)

xP1850162



 




(10:18)

2021年04月18日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、4回目は秋田。

 前:全国ゲーセン巡り紀行(3)・岩手

※今は無き(らしい)秋田駅前のボウリング場のゲーセンなどを見て回っていた。
P2400079


東北地方でよく行くのは関東から普通電車で北海道へ行く通り道である宮城・岩手・青森あたりなのだが、一度くらいは立ち寄っておくか…というほぼ気まぐれで、岩手・北上駅から西へと延びるJR北上線で秋田へと向かった。
(先日紹介の北上駅の以下の10円ゲーセンの後、8年前の話)

 意外な場所で見かけた10円ゲーセン(岩手・北上駅)

※観光の方は、焼きそば(とかまくら)で有名な横手、秋田犬(ハチ公)で有名な能代などに立ち寄った。

 焼きそばとかまくら(と少々マンガ)の町・秋田県・横手を歩く
 北海道&東日本パスで行く秋田~青森の旅(2013年7月)


ちなみに当時のJR北上線は北上駅の0番線から発車。
0番線ってあまり見たことがなく、「秋田ってそういう扱いなのか…」と思った次第(ハリーポッターの魔法世界への乗り場みたいな…)。
P2400030

秋田といえば赤い新幹線スーパーこまち。
というわけで秋田駅には模型が飾ってある。
P2400075


さて、雨の中、名物はないか、ゲーセンはないか、と秋田駅近くをあてもなく散策してる途中で見つけたのがボウリング場。
(秋田市民市場のそばにあり、「ボウルジャンボ秋田」の可能性あり。なお閉店したらしい情報あり)

 (参考サイト)思い出のボウリング場第127回ボウルジャンボ秋田

平日の17時頃だったが、ボウリングレーンはなぜか照明が落とされ、ゲームコーナーのみの営業となっていたのが寂しい感じ。
テレビゲーム筐体やパチ台、エアホッケーらしき台が見える。
(当時はあまりゲーセンの隅々まで撮影とかはしてなかったので写真はざっくりなのが惜しい)
P2400081


目に付いたのがこちらの3台。

・レイブレーサー
(なぜかカーナンバーが2と3。1や4はどこへ…1台ずつ切り売りでもされたのだろうかと思うと寂しい。ってこんな風景、イオン南越谷店でも見た気がする)

・クライシスゾーン
(佐渡ヶ島行きのフェリー内で見たのを思い出す)

・ゴルゴ13
(大阪のザリガニはじめ、意外とレトロゲーセンの定番。コラボマンガが面白かったのを思い出す)

 懐かしゲームコーナー巡り・埼玉・「イオン南越谷店」(2018/08
 佐渡行きのフェリー「時間制ファミコン(FAMICON BOX)」
 大阪「 #レトロゲーセンザリガニ 」へ(2018/12)

P2400079

他にはアストロシティ、ブラストシティ筐体が並んでいて、「メタルスラッグX」や2人打ち麻雀ゲーム(画面中央でちびキャラが動いてる…「ホットギミック」?)などが動いていた。
P2400080

ゲームの方はそんなところで終了。
あとはマンホールのデザインが秋田のお祭り「竿燈」だったのをなぜか写真に収めていた。
P2400084

さらに、申し訳程度のゲーム要素を追加しておくと、東能代駅のホームにあったバスケットゴール。
(バッセンなどでおなじみのバスケゲームを思わせる。当時はボールを借りて電車待ちの間にフリースローを楽しめたとかなんとか)
P2420160


といったところで今回は以上。

地理の授業でおなじみ(?)の八郎潟でも見るついでにまた訪れてみたいものである。
(数年前に秋田駅前に小さなゲーセンができたらしいのも気になる)

 6台だけの謎のゲームコーナー!?秋田駅前「緑屋ビル」潜入レポ!

 次:全国ゲーセン巡り紀行(5)・宮城




 

(12:35)

2021年04月11日

今回は先日記事にした「たまゲー」のロケ地、東京・浅草「花やしき」について、以前の記事で使わなかった写真で当時を振り返ってみたい。
(本編のゲームセンターCXでもつい最近、過去のたまゲーの傑作選として放映されてたのでいいかと…)

 ゲームセンターCXロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(前編)
 #GCCX ロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(追記)


●げーむぷらザ
昔ながらの遊園地らしいメルヘンチックなフォントで書かれたゲームコーナー「げーむぷらザ」の看板。
(左には「ちけっとうりば」もある)
今時こういうフォント、国内でどれだけ残ってるのだろうか…。
P1570107


※余談を言うと、最初にゲームセンターCXの前に「花やしき」を知ったきっかけはマンガの「こち亀」。
 署長の息子を花やしきに連れてきた回で、両さんがアトラクションに乗ったり、「ミニドライブ」風のゲームをやっていたのが印象的。


●プリクラとソニックブラストヒーローズ
左には花やしきのマスコット(?)、パンダ柄の写真が撮れるプリクラ。
隣にはレトロ感あふれるパンチゲーム「ソニックブラストヒーローズ」という面白い組み合わせ。
(ゲームコーナーは過去記事で詳しく紹介したのでそちらを見てもらえれば)

 GCCXロケ地巡り(#22・浅草駅「花やしき」)(後編)

P1570065

●数字押しゲーム「ドキドキドッカン」
ゲームコーナーの2階にあったゲーム。
スクリーンに表示される数字を下のキーで時間内にすばやく押す「すうじ おし ゲームじゃ!」なのだが、みんなでやれば盛り上がりそう。
(愛知のたまゲーでやっていた「ダイナマイトドカン」みたいに、数字を分担してやってみたいところ。「ドッカン」つながりで)
P1570187


●スペースショットのキャッチコピー
当時ADの浦川さんが無理やり乗らされて「東京さ怖くなった?」と言われた絶叫アトラクション「スペースショット」。
この時はあいにく運休中だったのだが、近くに書いてあったキャッチコピーが

「Ride it... Feel the POWER(赤字)」

とのことで、花やしきらしからぬパワフルな感じである。
(「POWER!」と叫ぶ人というと「トップギア」の人しか思い浮かばないが)
P1570145


●パンダカーの背中
園内の一角にある200円で動くパンダ。
(間近で見ると結構モフモフ感がある。毛並みはまあまあきれい)
背中はこんな感じになってて、赤い「バックボタン」があるので轢き逃げなども起こらず安全?
P1570075


●鳥獣供養碑
園内の中心部、植え込みの中にさりげなく置かれた石碑。
かつて花やしきはトラの5つ子やライオンの赤ちゃんが誕生するなど動物園でもあったらしいが、関東大震災の際に薬殺されたためその供養とのこと。
普通の番組ではなかなか取り上げられない意外な歴史もある。
P1570083


●日本最古のジェットローラーコースター・座席から
有野課長も乗っていた、日本最古ともいわれるローラーコースターの座席から撮った一枚。
(運転中は安全上撮影禁止のため、発車直前に撮った)

スケール感はミニサイズなのだが、ぎこちない感じで急加速・減速するせいか意外と怖くて、一周する頃には前の手すりを握り締めてるほどだった…。
P1570087


●子供用乗り物
園内の屋根の下にあった子供用の乗り物。
(屋根の下ってだけでデパ屋感)
「GO! GO! PATOCAR」というパトカー、電車の中では大人気のドクターイエロー、消防車という取り合わせ。
P1570101


●来園記念撮影スポット
「ご来園記念 さつえい花だん」と立て札のあるフォトスポット。
初夏らしい色鮮やかな花に囲まれ、花をあしらった謎のキャラクター(「あらいぐまラスカル」っぽいお面をつけて、髪形はどことなく「鉄腕アトム」にも見える)と一緒に撮影できるらしい。
(中央には「2016」のマーク。よく見ると「2015」をちょっと書き換えたようにも見えるのが微笑ましい)
P1570104


●スリラーカー
時間の都合で乗れなかった、列車風の乗り物で楽しむお化け屋敷「スリラーカー」。
入口からして怖さ満点である(「あなたの知らない世界(おもいっきりテレビ)」風とでもいうか)。
P1570109


●セーラームーンの乗り物
こちらもサイズ上の問題(イスが小さくほぼ子供用)で乗れなかった、セーラームーンの乗り物。
(先日課長がゲームに挑戦していたが…)

三日月形の乗り物(にしては、ずいぶん紅い月である)で子供さんはもちろん、大きいお子さんも喜びそうである。
(鈴木その子並みの肌の白さ、美白も見どころ)
P1570110


●スカイシップ
園内のレールを動く乗り物は、自分でこぐ「ヘリコプター」の他に自動で動く「スカイシップ」もある。
体力がない時はこちらがオススメ。
P1570123

●ヘリコプター・スタッフ待機所
なんとなく撮影したスタッフさんの待機所。
6月と十分暑い時期ということで、暑さ対策で小型扇風機が置いてあったり、棚の上に飲み物とか私物が置いてあるのがお疲れ様という感じ。
P1570132



といったところで以上。

またいずれ浅草界隈の散策ついでに遊園地気分を味わいに行きたいものである。
 

(10:01)

2021年04月04日

今まで自分が旅行中に行ったゲーセンの思い出話、3回目は岩手県。

 前:全国ゲーセン巡り紀行(2)・青森

※初代「タイムクライシス」があった1プレイ10円のゲーセンなど。電車の時間がなければもっと遊んでいたかったが…
P2400028



岩手は北海道へ行く途中の寄り道(東北本線~IGR銀河鉄道)の他、朝ドラ「あまちゃん」で話題になった三陸鉄道やカッパの町とかを見に何度か立ち寄っていた(詳細以下)。

 安宿からの旅・岩手・遠野「カッパ淵」
 安宿からの旅・岩手・三陸鉄道南リアス線(盛駅~釜石駅)

※三陸鉄道とJRの乗換駅・宮古駅。
 「よう おでんした」という方言風のウェルカムメッセージや大漁旗がじんとくる。
P2430163


さて、最初に岩手に立ち寄ったのは8年前の2013年。
関東から盛岡を目指す途中、北上駅で電車の乗り継ぎ待ちの時間があったのだが、駅の中で待つのもヒマなのでとりあえず駅を出てみる。
(直方体で細長い昔ながらの国鉄の駅って感じ)
P1680186

駅前にあったまあまあ大きめのデパート「おでんせプラザぐろーぶ」に入ってみると、地下に全ゲーム1プレイ10円のゲーセン(詳細以下)があり、個人的に大ヒットだった。
(大画面の初代「タイムクライシス」など珍しい台が多かった。右にちらっと見切れた「GAME EXPLORER」筐体も気になる)

 意外な場所で見かけた10円ゲーセン(岩手・北上駅など)

今の自分なら電車を1本遅らせて数時間遊んでたかもしれないが、ここは電車の本数が少ないのが辛いところなので旅を優先した。
P2400028


次に行ったのは5年前。

再び北上駅前のデパートのゲーセンを見にいったのだが、台が全部クレーンゲームに入れ替わっていてがっかり。
(こうして見るとクレーンゲームもそれなりに個性があるのが面白いっちゃ面白いが、やはり昔のゲームの方がいい)

 珍ゲーセン巡り・岩手・北上駅前「おでんせプラザぐろーぶ」

P1680197

クレーンゲームで遊んだ後、店内の片隅に不自然に広いスペースが空いていたのをなんとなく撮影。
古いゲーム機が撤去されたものの、代わりの台が入らずにそのまま空いたままだったりするのだろうか。
(左上、「10円ゲームコーナー」の看板横に「ツ」「FE 北上店」となにか文字が隠れてる感じなのも気になる)
P1680198


未紹介のお店としては、北上駅の後に立ち寄った盛岡駅近くの繁華街にあったバッティングセンター?の「パーフェクトスポーツ」。
地下にある施設なのだが、サッカーとピッチングが楽しめる(バッティングでなく投げる方?)模様。

「家族で!! お仲間と!!」の後に「1人でも!!」と、「!」マーク2つで言ってくれてるのが嬉しいところ。
(右の壁に見切れた巨人55番の頃の松井のポスターもポイント高い)
P1680232

ついでに、商店街の居酒屋で見かけた、おそらく料理とは何の脈絡もないピカチュウ(らしき)の顔出し看板(申し訳程度のゲーム要素)。
お箸で食べようとしてるのは岩手名物の「じゃじゃ麺」だろうか…
P1690028



といったところで今回は以上。

ゲームセンターCXの「パイロットウィングス」生挑戦をした時に紹介されていた花巻のゲーセンにも機会があれば行ってみたいところ。
(盛岡はホテルが安かったのも印象的)

 安宿旅行記・岩手・盛岡「ホテルニューカリーナ」(1泊3200円~)

 次:全国ゲーセン巡り紀行(4)・秋田




(10:09)