2020年11月

2020年11月29日

今回はレトロゲーム系のイベントに行った時の話を。

もう2年前の話になるが、2018年4月、コトブキヤ秋葉原館で開催された「16bit Models 第3回 展示会」に行ってきた。

 模型集団“16bit models”による第3回展示会『お題:SEGA』...

これはゲームをテーマにした立体模型を作る模型集団「16bit models」さんの作品展示会。
毎回テーマに沿ったゲームの作品が並ぶらしく、この時はSEGAのゲームがテーマだった。
(ちょうど同じ時期に開催していた「セガフェス2018」を見た後に立ち寄った)

 #セガフェス2018 をレトロゲー好きが振り返る

※派手に台パンをかます「バーチャファイター」のアキラもいた(違う)。
16bit_models_sega_virtua_fighter2


というわけで、秋葉原の中央通りから1本裏通りへ入った所にある「コトブキヤ秋葉原館」へ。
(この界隈は狭い裏通りだがビラ配りのメイドなんかもいて混んでいる)
16bit_models_sega_akihabara_kotobukiya


会場はビルの1フロアで、フロア内の外周や中央部に展示作品がライトアップされて並んでいて、じっくり眺める方、思い思いのアングルから撮影する方などで結構な賑わいだった。
(人が集まる人気作品など一部は撮影できなかったが、とりあえず撮影できたものだけ紹介)


まずは「バーチャファイター」。
(先日、復刻版の発売が発表されたアストロ筐体入り)

向かい合わせの対戦台で白と黒のアキラが対戦していたが、フィニッシュの一発で相手の白アキラがイスごと吹っ飛んだダイナミックな構図。
(決して投げた灰皿がクリティカルヒットしたわけではない…はず)
そしてそれを脇で見守るバーチャスティックを抱えたサラもシュールである。
16bit_models_sega_virtua_fighter


続いて、アーケード版「ギャラクシーフォースII」のスーパーデラックス筐体。
映像でしか動いてるのを見たことがないが緻密なつくりに驚愕。
(プレイするなら3DSのセガ3D復刻アーカイブスなどだろうか)
16bit_models_sega_galaxy_force2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セガ3D復刻アーカイブス2 3DS
価格:5259円(税込、送料無料) (2020/11/29時点)



セガの看板タイトル「龍が如く」の桐生と真島(Max Factory)。
隣にはドリームキャストの初期を飾った「スペースチャンネル5」のウララも躍動感溢れるポーズを決めていた。
(少し前に有野課長が挑戦してたのを思い出す)
16bit_models_sega_ryu_ga_gotoku


最近映画にもなり、いまなお世界的キャラクターの「ソニック」。
ビーズアートっぽい大きなドット絵が味わい深い。
16bit_models_sega_sonic


小さな足場を軽やかに渡っていく「ランドストーカー」のライル。
3つ並ぶ足場を見て、足場が3次元で複雑に動いてて苦しんだ場所を思い出したり。
16bit_models_sega_land_stalker


往年の3D体感シューティングゲーム「アフターバーナー」。
ディティールまで丁寧に作られた機体や爆風を見てるとまたドッグファイトをやりたくなるところ。
(「あそぶ!ゲーム展2」や「GAME ON」などでプレイしたのを思い出す。最後に出た続編「アフターバーナークライマックス」なら今でも池袋のゲーセンミカドなどでプレイできるかも)

 「あそぶ!ゲーム展2」へ(埼玉・川口)(前編)
 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)
 レトロゲーセン巡り・池袋「ランブルプラザミカド」(2019/10)

16bit_models_sega_after_burner


そして知る人ぞ知るセガマンガ「セガのゲームは世界いちぃぃぃ!」の名物キャラ「ドリドリキャス子さん」もいた。
金属バットなどの武器を振り回す姿が印象深いがこの日は普通のJKっぽいおすましポーズ。



といったところで以上。

フィギュアに関しては素人な自分だが、三次元で芸術作品として仕上げられたゲームキャラを色々な角度から眺めるのはまた違った味わいがあるなと素直に感動させて頂いた。

フィギュアを見る目が今後変わりそうである。
(セガつながりで言えば「秋葉原セガ5号館」にはクレーンゲーム等のプライズのフィギュアを並べた展示棚がある。9月に行ったときは「鬼滅の刃」など人気作品のフィギュアが並んでいた)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(2/2)

IMG_akihabara_sega_5_kimetsu_figure



 

(10:30)

2020年11月15日

今回行ったのはセガアリーナ蘇我。

 セガ アリーナ 蘇我 - セガのお店情報サイト

ここは店内がクレイジータクシーっぽい雰囲気のゲーセンとして有名ということで、小旅行がてらに訪れてみた。
(臨海部にあり駅からは結構離れているが、京葉線・JR蘇我駅から出ている「ハーバーシティ無料巡回バス」を使うと楽。行ったのは2020/10)

※店内にはクレイジータクシーのアメ車が展示。
 助手席に魔女風のドクロが乗っているのもクレージー?
0-1002-2



さて、京葉線・JR蘇我駅から出ている「ハーバーシティ無料巡回バス」でお店へ向かう。
バス停はお店の裏手にあり、臨海部ってことでそばに海が広がる中、バスを降りてから正面入口方面まで少々歩く。
DSC_0026

正面入口へ。
「SEGA」の上に例のクレイジータクシー看板があるが、絵ではなく少し飛び出た感じの看板になっててなかなかリアル。
DSC_0058

ドアを入るといきなりクレイジータクシーのディスプレイがお目見え。
ゲームそのままの黄色いアメ車がナナメに配置されていてゲーム中のハチャメチャな運転を思い出す。
DSC_0046

正面から見るとこんな感じ。
この時は10月ということでハロウィン風に車の周りが装飾されたり、助手席にミイラ風の魔女(?)が乗っていてなかなかクレージーな雰囲気。
(暴走車に轢かれた人が化けて出た姿ではない事を祈りたい)
DSC_0047

車の隣には本場のアメリカの物っぽい給油機なども並んでいる。
(このアメリカンな雰囲気、千葉県の大慶園を思い出す)

 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

DSC_0108




クレイジータクシーのキャラクター、アクセルの下には映画版ソニックのフォトスポットもあった。
(映画ならではの質感のソニック)

他にも床面に道路模様が描かれてたり、インテリアで信号機が設置されてたりとあちこちにクレイジータクシー要素がちりばめられてるので隅々までチェックしたくなる。
DSC_0062

通路脇のガチャガチャが並んだ一角を見ると、その中に「セガハードのポーチ」入りガチャがあるのがセガらしい?

さて、肝心のゲーム機の方はクレーンゲームや子供向けの乗り物遊具などファミリー向けのゲームから、音楽ゲームやレースゲーム、カードゲームなどのマニア向けのゲーム、メダルゲームなど大体一通り揃ってる感じ。

周囲がヤシの木や「Mobil」などのアメリカ風看板(秋葉原のセガ5号館を思い出す)など、派手なインテリアが散りばめられてるのがアメリカンかつ西海岸な雰囲気でよい。

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(再訪・2020/06)

DSC_0112

レースゲームは「頭文字DZero」、ガンシューティングとして「ルイージマンション」、そして名前を忘れたがライフルでクレー射撃をやるやつがあった。
※クレイジータクシーがテーマのゲーセンなのに、「クレイジータクシー」はないというのがなんとも皮肉。
(この近くでプレイするなら秋葉原の「hey」などだろうか)
DSC_0110

普通のビデオゲームはあまり並んでいなかったが、それを補うように発売間近の「アストロシティミニ」の広告ボードが飾られていた。
これもいいけど、やはりゲーセンで原寸大筐体でプレイしたいのだが…

そのそばには、たまゲーで「93%的中!」が話題になった「最強の占い!『占いコレクション トロッテ』」やプリクラがあったりとJK向けのコーナーもある。
DSC_0036

さらにその隣には、新幹線やバス、以前紹介の「レッツゴーサファリ」(他のゲーセンでプレイ。乗り物にスクリーンが付いててゲーム要素が気になる)などの乗り物遊具、バスケゲームなどが並んだ子供向けのコーナーも。

 懐かしゲームコーナー巡り・茨城・「イトーヨーカドー古河店」

DSC_0035



広いゲーセンでまだ続くため、続きは後編へ。






(09:46)

2020年11月01日

今回は久しぶりに高田馬場のゲーセン・ミカドに行った時の話を。
(結構定期的に通っていたが、日記に書くのは久しぶり)

 前回:GCCXロケ地巡り(#104「ゲーセン・ミカド」)(2017/07)

※ミカドちゃんの冷たい視線を横目に「スーパーリアル麻雀PV」をプレイしてみたり。
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong

※操縦桿がテープで補強された「スターブレード」が稼働中。
 年代もの筐体はプレイが熱くなっても慎重に扱いたい。
takadanobaba_mikado_gamecenter_star_blade2


というわけで久しぶりにJR高田馬場駅へ。
(山手線の線路沿い。たまゲーのロケ時は電車が行き来する駅ホームに向けて有野課長が手を振ってたシーンが懐かしい)
takadanobaba_mikado_gamecenter


入口の近くにあったのがこの4台。

・「ボール雀三国志」(昔ながらの雀球ゲーム。パチ風に玉を打って麻雀の役を作る)
・「STRIKER2」(スマートボールっぽく玉を打って4x4の穴に入れて一列揃えば当たり)
・「アルマジロパニック」(調整中らしくガワだけ。アルマジロでレース?)
・「アフターバーナークライマックス」(セガ往年の体感ゲームのリメイク版)

takadanobaba_mikado_gamecenter_jankyu


来る度に毎回挑戦してる「アフターバーナークライマックス」。
(池袋ミカドでもプレイした)

 レトロゲーセン巡り・池袋「ランブルプラザミカド」(2019/10)

何年ぶりかにエンディングAが見れてご満悦。
(なお、シートベルトが不調なのか「未着用です」のメッセージが出っ放しだったが操作はほぼ問題なし)
takadanobaba_mikado_gamecenter_afterburner_climax

入口から正面、奥の方は以前と変わらずレースゲームが並ぶ。
しかし一番手前には「電車でGO!2」があった。
takadanobaba_mikado_gamecenter_racing

続いて同じく体感ゲームの「パワードリフト」。
派手に揺れる筐体の上で、BGMがいい感じのBコースをなんとかクリア。
(3DSの3D復刻アーカイブスで練習したかいがあった)

筐体の前面上部に描かれた黒いエンジンカバーの「SEGA」、「elf」「BRIDGESTONE」などのロゴが時代を感じる。
takadanobaba_mikado_gamecenter_power_drift


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】[3DS]セガ3D復刻アーカイブス2 通常版(20151223)
価格:3580円(税込、送料別) (2020/11/1時点)





まだ9月で暑い中、アストロシティ筐体の上では館内換気用の扇風機が活躍中。
(天井のグラディウスIIやサラマンダなどのポスター(スペースの都合か横向き)もあいかわらず懐かしい)
takadanobaba_mikado_gamecenter_astrocity


そしてまた大型筐体「スターブレード」。
テープで補強された操縦桿を慎重に握ってプレイ。
(もうかなりの年代ものというのを実感。あと何回プレイできるだろうか…)
takadanobaba_mikado_gamecenter_starblade

レースゲーム「アウトラン2」もプレイ。
ステアリング中央のフェラーリマークが今も眩しい。
(以前稼動していた初代「アウトラン」は入れ替えとなってしまったが、こちらも今となっては十分貴重)

 ゲームセンターCXロケ地巡り「ゲーセン・ミカド」(2016/06)

takadanobaba_mikado_gamecenter_outrun2


奥の方のアストロシティ筐体がずらっと並ぶエリアは、コロナ対策で仕切り板付き。
横から見るとお店のマスコットキャラ(ミカドちゃん)が描かれた板がずらっと並んで絵になる風景。
(平日の午前で、たまたま周りにプレイ中の人がいなかったのできれいに撮影できた)
takadanobaba_mikado_gamecenter_guardboard



そしてこちらもだいぶ久々なのだが、「スーパーリアル麻雀PV」をプレイ。
(新橋ビルや大阪西成などで麻雀ゲームをプレイしたのを思い出す)

 GCCXロケ地巡り(#108・東京・新橋駅「ニュー新橋ビル」)
 レトロゲーセン巡り・大阪西成・「シンエイゲームセンター」

台は1Fフロアの一番奥の方に置いてあり、昔のゲーセンのようなゾーニング。
(近くにはファイナルロマンスもあった。ミカドちゃんに見守れられながら(睨まれながら?)コイン投入)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong

久々のプレイで脱衣麻雀ツキ(?)がたまってたのか、ほぼ苦もなく4連勝くらいでき、あっさり次女をクリア(脱がせきった)。
(面白いように早いリーチが連発。レートRの掛かったネット麻雀もこれくらい好調なら…と思う所)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_p5

そして最近移植されたスイッチ版ではなくアーケード版(水着シーンとかでごまかしてるSFC版でもない)なので、しっかり脱ぐ(変な光なども邪魔しない)…のだが、そのシーンは割愛。
(現地でプレイして存分にご確認を。たまたまこの時はギャラリーがいなくて安心して脱衣を堪能できた)
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_p5_jijo_win

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーリアル麻雀 LOVE2〜7! 特装版
価格:7461円(税込、送料無料) (2020/11/1時点)



なお、次に出てきた長女には初戦であっさりやられて終了。
「兄より優れた弟など…」ならぬ「姉より優れた妹など…」ということか。
takadanobaba_mikado_gamecenter_super_real_mahjong_lose

さて、ここで飯時になったのでお店を出ようとすると、途中に並んでた筐体の1つが「ファイナルファイト」。
こちらもスーファミ版ではなくアーケード版なのでオープニング中のジェシカがしっかり下着姿。
(SFC版ではドレス姿で露出低め。当時のゲーム雑誌で両者の違いが紹介されていて思春期前の子供心にドキドキした記憶)
takadanobaba_mikado_gamecenter_final_fight



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

この日自分がプレイしたのは主に体感レトロゲームだったが、他にも格闘ゲームや音楽ゲーム、アクションなど他のジャンルの数十年位前の貴重なゲームやピンボール台などもあいかわらず多数稼働中なので、都心でレトロゲーセンに行くなら外せないお店だろう。






(10:38)