2020年10月

2020年10月18日

今回行ったのは、千葉県は京成線・ユーカリが丘駅のすぐそばのショッピングセンター「ユーカリプラザ」内にある「ハピピランド」。
(行ったのはついこの間、2020年10月)

 Hapipi Land(ハピピランド) ユーカリプラザ店

※実は5年前にも一度来ていたが、近くに外出したついでに久々に様子を見に行った。

 懐かしゲーセン巡り・ユーカリが丘駅「アミュージアム」など

※レバー2本で操作するドラえもんのタイムマシン型の乗り物など、ゲーム要素が気になる遊具もちらほら。
DSC_0198-2



ユーカリプラザは外観はガラス張りのビルで今風の駅前ショッピングセンターという感じ。
入口のフロア案内を見ると

「Hapipi Land(アミューズメント)」

と、白い貼り紙で店名が変わっていた。
(すぐ上に旧店名「アミュージアム」が見えるが微妙に透けてるのがいい感じに年季が入ってる…というか駅前のビルでもテナントが頻繁に入れ替わり埋まらないのが経営状況の厳しさを感じてしまったり)
0-104


ちなみに、別の入口近くの看板には「キラキラ★アソボックスAsobox」とゲーセンの案内が出ていた。
ただ、アソボックスAsoboxは数ヶ月前に運営会社が破産申請というニュースがあった(以下関連記事)ので、いずれこの名前も消えるのかもしれない。
(白い貼り紙で店名が隠されていたが、貼り紙の下は「アソボックスAsobox」と書かれていたのかも)

 #エターナルアミューズメント が破産申請…秋葉原・エアタワー(旧トライタワー)の思い出


というわけでゲームコーナーのある5階へ。
並んでいるのはプリクラやクレーンゲーム、音楽ゲームに子供向け乗り物遊具などファミリー向けな感じ。

「オンラインゲームは只今オフラインの為お休み中」

という注意書きがの寂しさを誘う。
(場末のゲーセンで壊れたゲーム筐体が放置されたままのような…これもアソボックス破産の影響なのだろうか)
0-173


最新の音楽ゲームが並んだコーナーへ行くと、一通り揃っている台のほとんどが電源が消えていて「maimai」など数台だけがオフラインで稼動中という状態。
以前あった旧バージョンの「ドラマニ」「ギタフリ」「pop'n music」などは残念ながらなかった。
(最近の台はインターネットランキング等のため、オンラインじゃないと正常に動かないゲームが多いが…これもネットワーク時代の弊害か)
DSC_0175

電源が消えてる「jubeat」などを見ると

「調整中です」

と、なぜか「ラブライブサンシャイン」のキャラが謝罪していた。
(かわいいからって何でも許されると思うのか、うん許しちゃう)
DSC_0176-2

なぜラブライブ…? と思いながらお店の奥へ進むと、少し薄暗くなった中、ラブライブのキャラクターの立て看板などで囲まれた一角を発見。
(ゲームの宣伝用の看板の他に普通のポスターも大量に貼られていた)
DSC_0178

キャラクターのPOPやポスターで飾られた中でラブライブの音楽ゲームを楽しめる模様。
順番待ちのためのソファやメッセージボードなんかもあり、ラブライバーご用達といった雰囲気だった。
(まさかこんなファミリー向けのゲームコーナーで…という感じだが、店員さんの趣味だろうか…。ここまでの愛は以前八千代台にあった「ゲームチッタ」を思い出す(こちらは初音ミク推しだった))

 千葉「ゲームチッタ八千代台」(閉店)(京成本線・八千代台駅)

DSC_0179

また、大抵お菓子やおもちゃが入ってる子供向けのクレーンゲーム「スイートランド4」があったのだが、台の上部でチャイナドレス姿のアニメキャラのフィギュアが回ってたりとただの「子供向け」とは違った雰囲気だった(大きなお子さん向け?)。
DSC_0181


さて、ここで入口付近へ戻ると、「ワニワニパニック2」や普通の「スイートランド4」などがある一般的な雰囲気に戻った感じ。
DSC_0184

「マリオカート」や「湾岸ミッドナイト6R」など新しめのレースゲームも稼働中。
DSC_0177

大きなプライズ入りのクレーンゲームも普通に並んでいる。
(ゲーム名の部分を店名「Hapipi Land」のPOPで隠してる台が多いが、理由は不明。別に改造クレーンゲーム筐体というわけでもなさそうだが…)
DSC_0187


その近くに大型ガンシューティング「トランスフォーマーズ」があったが、
「画面上部が暗くなってしまいます。 100円2クレジットで稼動させていただいております!」
となっていた。
(本当なら修理して稼動させたいところだが、これも破産の影響なのだろうか…と思うと同情を禁じえない)
DSC_0196

応援も兼ねてプレイしてみたが、むしろ画面の下の方がやや暗かった感じで、ムービーシーンの字幕や下から襲ってくる敵が見づらかった。
(それでもボタンを使ったQTEシーン、時間制限のある複数ターゲット射撃などがあり初心者でもなかなか楽しめた)
DSC_0186

他には子供向けの乗り物遊具で「ドラえもん大冒険」というタイムマシン型の乗り物があったが、上下左右のレバー2本にボタン2つを使って画面上でゲームが楽しめるようで、どういう遊びができるのか気になる所。
(さすがに店員の目があるのでプレイする勇気は出なかった)
DSC_0198


といったところで以上。

運営会社が変わったなどの影響で今後のゲームコーナー運営が気になるが、なんとか少しでも長く営業を続けてほしいものである。
(店員さんのゲーム愛を感じる店だと特にそう感じる)

この後は近くのアクアユーカリ、イオンタウンなども見に行ったのだが、その話は後日。
(以下は5年前の様子)

 ボウリング場ゲーセン巡り・「アクアユーカリ(ユーカリ・ボウル)」


(17:15)

2020年10月04日

今回は、JR秋葉原駅近く「秋葉原セガ5号館」に再び行って来た時の話を。
(最近は頻繁にレトロゲーム筐体が入れ替わってるようなので、現在も稼働中かどうかはお店にご確認を)

 (前回) レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(1/2)

※往年のマルボロ・マクラーレンホンダのF1を思わせる「スーパーモナコGP」筐体もありました。
DSC_0091


●人形が戦うアイスホッケーゲーム、サッカーゲーム
ゲーム機が入れ替えとなり、以前はPONGなどがあった場所に「SUPER KIXX PRO」などレバーで選手を動かす機械仕掛けのサッカーゲーム、アイスホッケーゲームなどが置かれていた。
子供の頃、おもちゃの小さいやつで友達同士で遊んだのを思い出す。(友人同士で来てれば遊べるのだが、1人だったのでスルー…)
akihabara_sega_game_5_hockey

サッカーゲーム越しに「スーパーハングオン」などのバイクゲームが見えるのも面白い。
(80年代のゲーセン&おもちゃ屋って感じがする)
akihabara_sega_game_5_soccer


●セガの往年バイクゲーム
この時は店内の一角にレア物バイクレトロゲームが3台も固められていた。

「エアバイクコップ(ABCop)」
「スーパーハングオン」
「ワイルドライダーズ」
DSC_0099-2

「エアバイクコップ(ABCop)」はイスの前にバイクハンドルがあるシットダウンタイプ筐体。
敵にバイクで体当たりして倒していくワイルドな内容。
DSC_0101

「ワイルドライダーズ」は細長い筐体にバイクハンドルが付いた立ち乗りタイプ。
(かすかに見た記憶があると思ったら、高崎駅近くの「群馬レジャーランド」で4年前に見た)

 珍ゲーセン巡り・高崎線・高崎駅「群馬レジャーランド」

パトカーから逃げながらのレースで、ハンドルの押し引きでジャンプやスライディングなどの技が出せるのがユニーク。
(ハチャメチャさはクレイジータクシーっぽい感じも)
DSC_0097

筐体のあちこちに描かれたアメコミ調のイラストもいい感じ。
(ちょっとジェットセットラジオを思い出すタッチかも)
DSC_0098


●(前から見た)スーパーモナコGPとラッドモビール
二輪に続き貴重な四輪自動車レースゲームの「スーパーモナコGP」と「ラッドモビール」。
過去に行った店(以下)では壁際に並ぶ形で配置されてることが多かったのだが、この時は店内中央に配置されていて筐体の前の部分も見れてよかった。
(白と赤で当時のマルボロ・マクラーレンホンダのF1を思わせる筐体)

 #GCCX ロケ地巡り(#77「ウェアハウス川崎」)(再々訪)
 松戸のレトロゲーセン・メクマンの思い出と移転後の状況

DSC_0091

なお、後ろから見るとこんな感じ。
右下の「POWERED by SEGA」ってのも「POWERED by HONDA」を思わせる。
(配置が変わっていたがバーチャコップやハウスオブザデッドも引き続き稼働中だった)
DSC_0103


●(横から見た)初代モナコGP
立ってプレイするタイプの「モナコGP」(100円)。
筐体側面にゲーム中のコースや車の様子が描かれていて、敵車に当たってスピンしたり、トンネル内でライトをつけて走ったり、衝突したら即爆破の大型トレーラーなど、ゲーム内容が一目瞭然なのが面白い。


●クルージンブラスト
アメリカ直輸入らしいレースゲーム。
ドリフトや宙返りなどのトリックを決めながらの派手なレースが可能。
(ただ、レース前の選択画面が結構長いのに比べるとレース本編は2分足らずと結構短め。短いのはアメリカ仕様?)
DSC_0085

ゲームの後、ふと横を見るとずらっと並ぶダーツゲーム。
(このお店ではゲームとダーツをやる人数が同じくらいとこちらもなかなかの人気。よく見るとペルソナ5(P5)とコラボした台もある)
DSC_0089


ゲームの後は下の階のクレーンゲームフロアも見ていく。
景品のフィギュアを並べた展示棚があるのだが、この時は人気の「鬼滅の刃」のフィギュアなどが並んでいた。
DSC_0105

隣にはバンプレストの「ドラゴンボール」のフィギュア。
棚の最上段に並んでいるので、写真を撮ると自然とローアングルになるのが面白い。
DSC_0104


といったところで以上。

貴重な筐体が数多く稼動しているので、イベントスペースやクレーンゲームスペース含め、アキバに来たならぜひ立ち寄って損はないお店だと思う。


 

(10:22)