2017年11月

2017年11月25日

今回は先日記事にした「台場一丁目商店街」に再び行った時の話を。
(2017年9月に行った時のもの。前回行ったのが2015年5月で約2年ぶり)

 前回の記事:GCCXロケ地巡り(#48「台場一丁目商店街」)(2015年5月)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/37260955.html

この春にリニューアルされたということで、お台場観光がてらにレトロゲームを楽しもうと久々に行ってみた。
(開店は11時。早く到着した方は近くのフジテレビでも見て時間をつぶすといいだろう)

 (公式)一丁目プレイランド|デックス東京ビーチ _ お台場
 https://www.odaiba-decks.com/shop/tenant/post-28.html

ゲームが集まってるのは、デックス東京ビーチ4階の入口近くの「一丁目プレイランド」。
リニューアルのおかげか、大型筐体・エレメカがだいぶ充実していて遊び応え十分となっていた。

まずはレースゲームなど大型筐体。
左から「サイドバイサイド2」「TOKYO WARS」「電車でGO!2」「リッジレーサー」と自動車・戦車・電車の乗り物で遊び倒せる。
(右端の「リッジレーサー」はずっと電源が落とされていて、調整中だった模様)
xP1380036

ガンシューティングの方も「バーチャコップ2」「ハウスオブザデッド」とセガの往年の名作をしっかり押さえているのがありがたい。
xIMG_20170921_112425

続いてエレメカ。
まずは有野課長の永遠の宿敵(?)「はっぴーぴえろ」。
(275点と相変わらず惜しい点数で終わるのはもはや仕様?)
xP1380058

初期の「たまゲー」、箱根の頃からの曲者「おしゃべりオーム」。
(「ハズレ!ハズレ!」の声でおなじみ。その奥には「花やしき」にあった「JUMP UP」がチラっと見える)

 GCCXロケ地巡り(#22・浅草駅「花やしき」)(後編)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/64735618.html

xP1380059

往年の名作「山のぼりゲーム」や、「ミニドライブ」を縦長にしたようなドライブゲーム「ポルル君の旅行」。
(「ポルル君の旅行」は以前「駄菓子屋ゲーム博物館」で見た気がする。左端には数字を探して押すゲーム「タッチ!アクション」も見える)

 GCCXロケ地巡り(#83・板橋本町駅「駄菓子屋ゲーム博物館」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/40666891.html

xP1380039

熱海「和田たばこ店」にもあった「バルーンバルーン」や…
(奥の方には「チェイスH.Q.」がさりげなく置いてあるのも見逃せない)

 GCCXロケ地巡り(#219・熱海駅「和田たばこ店」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/60695401.html

xP1380040

江ノ島ガーデンパーラーなどでプレイしていた「ボタン早押し選手権」。
(課長vsADさんでよく対決してるやつ。ボタンを連打して、負けた方がピコハンで叩かれる)
xP1380062

「アタミロープウェイ」あたりでプレイしていた「赤上げて!」と旗の上げ下げゲーム「キャプテンフラッグ」。
そして「池袋バッティングセンター」などバッセンでよく見かけた腕相撲ゲーム「アームチャンプII」。

 GCCXロケ地巡り(#95・池袋駅「池袋バッティングセンター」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/46654047.html
 お台場の人気アトラクション 等身大フィギュア館

xP1380041

その隣には「GCCXin四国」に出ていた「つかんでポン」もあった。
(右端には古風なボウリングゲームも見える)
xP1380067

さらに「ビンたてゲーム」などのレア筐体もあったりと、他のたまゲーロケ地でプレイしていたゲームが多数並んでいて、たまゲーファンにはたまらない空間となっていた。
(なお、お値段は1プレイ100円の台が多いが、お台場ゆえに観光地価格なのは止むを得ない?)
xP1380061


まだまだ紹介しきれてないので、後編へ続く。
(遠くのロケ地へ行くヒマがない時でも、ここへ来ればロケ地で遊んでいたゲームがまとめて遊べるのは本当に助かる)
xP1380035





(10:11)

2017年11月11日

今回はレトロゲーム系のイベントに行った時の話を。

先日、タイトーステーション・アリオ柏店‏(セブンパークアリオ柏内)で開催中の「遊べる!タイトーレトロゲーム展」に行ってきた。
(残り半月くらいと短期間の開催(2017/11/27まで)なのでご興味のある方はお早めに。
 なお、公式サイトに目立った情報はなかったようで、公式ツイッターでの告知でイベントを知った)

 #タイトーステーションセブンパークアリオ柏店 では、#レトロゲーム展 を...
 https://twitter.com/Taito_ArKashiwa/status/926996282668851201
 株式会社タイトー|タイトーステーション セブンパークアリオ柏店
 https://www.taito.co.jp/gc/store/00002125

これは「アクロバット(風船割りゲーム)」「スピードレース」など、タイトーの往年のアーケードゲームをテーマにしたイベントで、入場料を払うと遊び放題(30分500円、延長10分200円)となるもの。
(トーホーシネマのそばの小さなスペースが会場。隣のカウンターにいるスタッフに料金を払い、入場パスをもらって入れる仕組み)

この時は混雑を避けるため平日の午前に行ってみたが、この時間でも中高年世代の先客がちらほらいた。

まずは注目していたレースゲーム筐体へ。
(「あそぶ!ゲーム展1」に出ていた「スピードレース」があると聞いて、久々にやろうと思ったため)

 GCCXロケ地巡り(#209・川口駅「あそぶ!ゲーム展」)(前編)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/52189972.html

並んでいたレースゲームはこちらの3台。
左から順に

・スピードレース
・ロードチャンピオン
・スピードレース デラックス

xP1480020

「スピードレース」が2種類ある(ゲーム展で見たのは「スピードレース デラックス」の方)のがまず驚き。
2種類とも見下ろし型の直線コースを敵車を避けながら走るいわゆる「モナコGP」タイプのゲームなのだが、「スピードレース」の方が若干スピードがゆっくり目な印象。
(グラフィック、スピード感を向上し、ギアやスピードメーターが追加されて「デラックス」になったということだろうか)
xP1480028

何度かトライして前回よりいい点数(3000点台・普通ドライバー)が出せたので満足。
(秋葉原・ナツゲーミュージアムにある「モナコGP」で練習した効果があったのかもしれない)

 GCCXロケ地巡り(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/43952704.html



「ロードチャンピオン」はコースが左右に曲がっているが、敵車を避けながらまっすぐ走る点は他2作と一緒。
かなりダイナミックに曲がってる箇所もあり、油断してるとあっという間に自車がコース外にはみ出るのが面白い。
(スコア表記が画面右下の数字表示だけというのもレトロ感満点)
xP1480023

次は近くにあった「ミサイルX」「インターセプター」。
xP1480032

「インターセプター」はコクピット視点の戦闘機ゲーム。
画面内に現れる白い敵の機影に、操縦桿のレバーを上下左右に動かして画面中央の照準を合わせて破壊する。
(照準は中央で固定されていて、レバー操作に合わせて敵機の軌道を変えている模様)

「ミサイルX」は遠距離・中距離・近距離のライン上を走る敵の戦車にミサイルを発射して撃破するゲーム。
距離は左の上下スイッチで指定して、ミサイル発射は右のレバーボタン。
そして発射後はレバーの左右でミサイルの軌道を変えることができ、慣れてくると独特の臨場感があって楽しい。
xP1480030

続いて「アクロバット(風船割りゲーム)」。
xP1480036

たまゲーの秩父の回で有野課長がプレイしていた(向こうは「サーカス」?)が、シーソーで落下する人間を受け止め、もう一方の人を跳ね上げて天井を動く風船を割っていく変則的なブロック崩しという感じ。
(急に人間の落下スピードが早くなったり、左右の台に当たった時の軌道が読めなかったりと意外と難易度が高い。受け止められないと落下死となる画面もシュール)

そして、レトロアーケードゲームの定番・ブロック崩しも並んでいる。
「スーパーブロック」「ズンズンブロック」の2台。
xP1480038

左の「スーパーブロック」は普通の白黒画面のブロック崩し。
(「あそぶ!ゲーム展1」で遊んだ「ブロックアウト」を思い出す。よく似ているが当時の版権がどうなっているのかは不明)

右の「ズンズンブロック」も基本は一緒だが、画面にカラーセロハンが貼られて列毎に色分けされているのが新鮮。
(スペースインベーダーでもこういう演出があった気がする)

妙に気合の入った筐体のイラスト(スターウォーズかタツノコプロのアニメっぽいというか時代を感じる)も印象的。
ブロック崩しと言いつつ実は宇宙戦争の最中だった?
xP1480041



次は「ボールパーク」。
レバーの上下左右で投球(速球やスロー、カーブなどファミスタに通じる操作感)、ダイヤルスイッチで外野の守備を移動(ダイヤルを回した方向へ3人一緒に動く)、ボタンでバッティングという操作が新鮮。
(説明を見ると、1回表裏で100円、9回までやるには800円?必要と書かれていて、料金設定に驚き)
xP1480042

2人対戦プレイ専用の「バリケードII」。
画面上のヘビのような自機を動かし、相手を囲んで動けなくすれば勝ち(頭が外壁か自分・相手の体に接触すると負け)というルール。
(似たゲームでゲームボーイの「かこむん蛇」とか、ファミコンの「ウィッツ」というのがあった気がする。
 あるいは「がんばれゴエモン」のペンキ塗りミニゲームも似たような感じ?)
xP1480054

なお、「進行方向と逆にレバーを動かした場合も負けとなります」とあるのがレトロ風の処理っぽい?

「クリーンスイープ」は調整中となっていたためプレイできず。
(その辺の情報もツイッターで流してくれると親切なのだが…)
xP1480019

最後に、時代がかなり飛ぶが航空機シミュレーターの「ランディングハイジャパン」。
(成田空港でも見た気がする)

 珍ゲーセン巡り・成田空港のゲームコーナー
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/56457986.html

xP1480047

初心者向けモードもあってプレイしやすいので、気軽に重い操縦桿やスロットルレバーなどを握ってみてはどうか。
(ただ、他の作品も遊びたいので無理やり墜落させてゲームオーバーにしてみたり…)
xP1480053

といったところで以上。

展示ゲームは11作品(1個は調整中)で、似たジャンルのゲームも数台あったりと小規模ではあるが、「風船割りゲーム」などかなり貴重なゲームが揃っているので、当時のレトロゲームに触れたい方は行ってみてはどうか。
(「スピードレース」「風船割りゲーム」はたまゲーで出ていたゲームでもあるので、たまゲーファンにもいいかと思う)

「ランディングハイジャパン」以外は全てアップライト筐体で、完全に大人向け(プレイに必要な背丈の意味で)って雰囲気もいい。

※なお、セブンパークアリオ柏にはラウンドワン・スポッチャもあり、最新ゲームや(やや最近の)レトロゲームを楽しみたい方ならこちらも遊んで行って損はないだろう。
 (話題の新作「電車でGO」も2台入っていたので早速プレイ。タイトーづくしの一日だった)
xP1480069



※駅からはかなり離れているが、柏駅・我孫子駅・新鎌ヶ谷駅から出ているバスで行ける。
 (我孫子駅からのシャトルバスは無料なのが嬉しい)

 アクセス|セブンパークアリオ柏
 http://www.sevenpark-ario-kashiwa.jp/web/about/access.html





(12:12)