2019年09月01日

前回、「スーパーモナコGP」「スペースアタック」などを遊んだ続きから。
(写真は7月に行った時のもので、数日前に行ったら一部筐体が入れ替わってたのでご注意を)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(1/2)

スーパーモナコGPの隣にあったのが「スーパースプリント」(右の台)。
筐体から3台のハンドルが狭そうに並んでる姿が印象的な、PCエンジン「モトローダー」(PCエンジン miniにも海外版が収録されるらしい)風の見下ろし方の固定画面レースゲーム。
akihabara_sega_game_5_super_sprint

狭いコースの中でのミニサイズの車の動きがちょこまかしていて大きなハンドルだと操作に慣れるのに一苦労。
(ゲームセンターCXつながりで言えば、今はなき「(下総)中山ゲームセンター」で有野課長がAD高橋さん(高橋先生の方)と対戦していたような)

壁には「USA」の電飾や「ROUTE66」の壁紙など、ちょっとアメリカのゲーセンっぽい雰囲気もあるのが面白い。
(基本、立ちプレイの筐体がほとんどなのもアメリカ風?(「GAME ON」のゲーム筐体を思い出す)。フロアの片隅ではジュークボックスも稼動していた)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

【新品】2020年3月19日頃発売予定!PCエンジン mini

価格:16,440円
(2019/9/1 11:29時点)
感想(0件)



「スーパースプリント」の隣にはピンボール台が並び、こちらもアメリカンな感じ。
(ピンボールは専門外なので割愛で…)
akihabara_sega_game_5_atari_sprint

※なお、数日前に行った時は「スーパースプリント」の隣は「スペースハリアー」(座席非稼動タイプ)に変わっていた。
 ハングオン、アフターバーナーにこれが並ぶとこの一角だけ一気に80年代にタイムスリップした気分…(以前紹介の「あそぶゲーム展」を思い出す)。

 「あそぶ!ゲーム展2」へ(埼玉・川口)(前編)

akihabara_sega_game_5_space_harrier


その近く、フロア中ほどのシマにあるのがこちら。

・モナコGP
・スーパーパンチアウト
akihabara_sega_game_5_punchout

モナコGPはすぐ近くのナツゲーミュージアムやウェアハウス川崎でプレイしたのを思い出す。
(「スーパーモナコGP」とともに新旧モナコGPが並ぶとか、あまりに貴重過ぎて実感がわかない…)

モナコGPはこのフロア内では数少ない1プレイ100円台なのも嬉しい所。
(ただ、他店に比べて若干難易度が高めに感じた(こちらのは敵車が謎の急速スライド移動をしたりと今までにない動きをしてて「あおり運転か!」とツッコミを入れたくなった)。久々のプレイで感覚が鈍ってたからかもしれないが…)

スーパーパンチアウトも一時期ナツゲーミュージアムにて稼動していた気がする。
(スーパーなので有野の挑戦の「パンチアウト」とは違うが、たくさんのボタンを使っての独特の操作感が斬新で楽しい)

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)


ちなみにその隣にはなぜか任天堂のレースゲーム「ニンテンドー クルージンブラスト」が置いてあった。
(微妙に聞き覚えのあるタイトルだと思ったら、千葉の大慶園遊園地で一時的に稼動していた模様)

 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

akihabara_sega_game_5_crusin_blast_nintendo


その裏にあったのがこちら。

・サイバータンク
・アフターバーナー(立ちプレイ型)
・トランスフォーマー(ガンシューティング)
akihabara_sega_game_5_cyber_tank


そしてフロアの隅の方にはガンシューティングゲームが固まっていて、ハウスオブザデッド祭りが開催中だった。
(かつてのクラブセガ新館の賑わいを思い出す。常に誰かがプレイしていてフロア内で一番の人気だった)
akihabara_sega_game_5_house_of_the_dead


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

少々プレイ料金は高めだが、貴重なゲームを東京都心、しかもアキバでプレイできるのはかなりの魅力。
秋葉原でのお買い物や他のゲーセン巡り、ロケ地巡りついでに立ち寄ってみてはどうか。
(フロアの反対側にはダーツゲームが並び、休日の夕方に行くとこちらも大盛況だった)
akihabara_sega_game_5_darts


なお、他のフロアを見ると、最上階はイベントスペース。
(7月は初音ミクのイベント中だった。アーケード版がかなり続いてていまや長寿作品)
akihabara_sega_game_5_hatsune_miku_event

下の階はクレーンゲームが多めだが、プライズのフィギュアを並べた展示棚があったりとプレイ意欲をそそられる演出もあり、見どころ満載である。
akihabara_sega_game_5_prize_game


 



(11:35)

2019年08月16日

今回は、レトロゲームに関する本を読んだ話などを。

●「ファミリーコンピュータ1983-1994」
2003年にファミコン生誕20周年を記念して行われたテレビゲームの企画展「レベルX」にちなんで出版された本。
(出版社はゲームセンターCXの番組本などでおなじみ太田出版)

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む

ファミリーコンピュータ 1983-1994

中古価格
¥1,388から
(2019/8/16 20:53時点)




ちなみに「レベルX」は2003/12~2004/02に東京都写真美術館にて開催。
P1840015

ファミコンの歴史紹介や全部のゲームソフト展示、代表作品の試遊台が並ぶ当時としては画期的なゲームイベントだったらしい。
最近で言えば「あそぶ!ゲーム展」や「GAME ON」のようなもの?)

 「あそぶ!ゲーム展」の写真色々(京浜東北線・川口駅)
 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

イベントのチラシに(ほぼ?)全ソフトのパッケージが印刷されてたりと、ファミコンの全てを紹介するのがウリだった模様。
P1840013


さて、本の構成は以下のような感じ。

■ファミリーコンピュータソフト1252
ファミコンソフトのパッケージを並べた写真を交えた作品紹介。
(大判本で、結構大きな写真でパッケージを見られるのがありがたい。代表作は1枚ずつ、その他ソフトはある程度まとめて集合写真っぽく撮影されていた)
P1120108-2

「スーパーマリオ」などの代表作や「ポパイ」などの初期ファミコンソフトについては、作品説明も入っていて往年の名作の情報を復習できる。
(「バンゲリングベイ」のヘリの名は「シーアパッチ」、「マッピー」のマッピーとニャームコはロボットとして実在する、などのトリビア情報も盛り込まれていてついつい読み込んでしまう)

ソフトのパッケージが並んでるのを見ると、昔通った中古ゲームショップで棚に並んだパッケージを1個1個見ながらどれを買うか悩んだのを思い出す。
(箱の側面のデザインなんかも並べて比較するとメーカーの特徴が出ていて面白い)

「わんぱくコックンのグルメワールド」などパッケージ絵だけ印象的だがなんとなくスルーしたゲームも多々あったのを思い出したり。
(「Dの食卓」で有名なあの飯野氏の作品だと知ったのはつい最近の話だったりする)

 (関連)「ゲーム -Super 27 years life-」(飯野賢治)を読んでみた



ソフトのパッケージをじっくり眺めると「パックマン」には「NPM-4500」と4500円を示すことが書いてあったりとか、「バンゲリングベイ」では「by Will Wright」とゲームの作者・ウィルライトの名前がちゃんと入ってたりとか、「カラテカ」には「史上最強の必殺拳 from USA」と書いてあったりとか、「グーニーズ2」では「ヨーヨーが当たる!5000個」などの意外な発見も。
P1120109

「アイアムアティーチャー てあみのきそ」などのレアソフトもちらっと写ってた。
さらに、ほぼ名前だけだが「大和のマイトレード」など「ファミコントレード」(ファミコンで株取引する)のソフトも紹介されていた。

ついでに「●●のプリンセスがいっぱい」「●● 朝までファミコン」など今となっては出てはいけない人(?)が冠されたソフトも出ていたり、「爆笑!愛の劇場」というのがあって「人生劇場」と似たタッチの絵とフォントなんだけどメーカーが違う(タイトーでなくココナッツジャパン)ので当時謎に思ってたのを思い出したりとか、語りだしたら止まらない充実ぶりだった。



■クリエイターインタビュー
当時ご存命だった任天堂・前社長の山内博氏にはじまり、「スーパーマリオ」の宮本茂氏や「マザー」の糸井重里氏など任天堂の代表作に関するクリエイター、さらにファミコンのライバル機だったMSX、セガメガドライブで名作を開発していた「メタルギア」の小島氏、「ソニック」の中氏へのインタビューを収録。

山内氏がオンラインゲームについて「長時間同じソフトで遊ぶため新作ソフトが売れなくなる」と言っていて、いまや常識の月額課金やガチャによる収益という概念が当時はまだなかったことが興味深い。
(いまやソフトは無料(フリートゥプレイ)で、その後のガチャでヘビーユーザーに課金させればいいという…時代の流れとは怖いもの)


■ゲームハードウェア68
1983-2003の間に発売されたファミコン、任天堂のゲーム本体や周辺機器、および同時代の他社のゲーム機を並べた大判写真。
ソフトの写真と違い、机上にハードがざらっと並べられた状態で撮影したため判別が難しいものもあるのが残念だが、「野村ファミコントレード・通信アダプタセット」などのレア物もさりげなく並んでいるのがすごい。

 (関連記事)「ファミコンで株式入門」を読んでみた。


■コラム
上の2つでほぼ9割以上を占めていてお腹一杯なのだが、他にも「ゲーム機の進化における野球ゲームの演出」(「ベースボール」から「パワプロ」などへの進化)や「ゲーム画面とデザインの効果」(固定画面からスクロールへの進化など)といった興味深いコラムも添えられている。
(2003年までの20年間の進化を本書で見た上で、その後、今までの約15年のゲームの進化を思うと色々興味深いものがある)


ということで、ファミコン好きな方、ソフトのパッケージ画像で当時を懐かしみたい方にオススメかと思う。
(なお、ソフトの説明やインタビューなどの本文はほぼ全体について日本語の他に英語が併記されていて、外国人ゲームファンでも読みやすいだろう)

※ゲームセンターCXとのつながりでいえば、シーズン1のダイジェスト放送(BONUS STAGE)にて、有野課長がこのイベント(レベルX)を紹介するシーンが入っていた気がする。



 

(21:21)

2019年07月20日

今回行ったのは、秋葉原駅近くに最近新装オープンしたゲームセンター「秋葉原セガ5号館」。
(行ったのは2019年7月)

※昔懐かしいレースクイーンにも会うことができ、夏にピッタリ?(スーパーモナコGP)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race_queen


場所は電気街口を出て中央通りを西へ渡り、総武線の線路沿い(北側)にさらに西へ進んだ先。
1Fの入口横には「セガのたい焼き」があり、「セガロゴ焼き」などを味わうこともできる。

 (公式)セガ 秋葉原 5号館 - セガのお店情報サイト

akihabara_sega_5


さて、レトロゲームの集まるビルの4Fへ行くと、フロアの半分はダーツゲームが並んでいるのだが、もう半分の場所に所狭しと大型筐体や体感ゲーム、ガンシューティングゲーム、ピンボールなどが集められていた。
(かつてのクラブセガ新館(3号館)を思わせる雰囲気で、あまりの密度の濃さにプレイ前からワクワクが止まらない)

 秋葉原・クラブセガ新館、レトロ体感ゲームが一部撤去

akihabara_sega_5_pong


ゲームについて紹介していくと、まず入口近く(入って左手)にあったのがこちら。
奥から順に、

・スーパーハングオン
・スーパーモナコGP
・パックマンバトルロイヤル
・PONG(リニューアルエレメカ版)
・スペースアタック
akihabara_sega_5_game1

「スーパーハングオン」は数年前にセガ新館にあった(唯一残されたレトロ筐体)のを覚えてるが、向こうから移されたのだろうか…今度行った時に確認してみたい。

「スーパーモナコGP」は10年近く前、伝説のレトロゲーセン・松戸メクマンが営業してた頃にプレイしたのを思い出す。
(さらにゲームセンターCXつながりで言えば、昨年の「GCCXon太平洋」のたまゲーで、日本ゲーム博物館にて有野課長がプレイしていた気がする)

 松戸のレトロゲーセン・メクマンの思い出と移転後の状況

コースが微妙に実際のF1のモナコGPのコースに似せている形で、慣れてないと混乱するかも。
(ヘアピンや連続シケイン、トンネルなどは結構そっくり…ってF1見てない方はすみません)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_course

ゲームはショートコース(1周)を使った予選、そして通過すれば決勝(3周)という実際のF1のような流れ。
決勝では一般的なレースゲームのような残り時間制ではなく、レースの進行とともに上がっていく規定順位より前をキープしないと即ゲームオーバーという方式なのが新鮮。
(課長の挑戦していたSFC版「F-ZERO」のような感じ)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race

ゲームが終わればタイトル画面に戻ってレースクイーン(日焼けでやや色黒?)が写る。
(いまどきレースクイーンのいるゲームも珍しくなった感が…「バーチャレーシング」とかF1系のレースゲームが懐かしい限り)
akihabara_sega_5_super_monaco_gp_race_queen

※そういえば先日発表されたメガドライブミニには「スーパーモナコGP」が入らなかったのがちょっと残念。
 (アイルトンセナ監修の続編「スーパーモナコGP2」はほぼ無理としても、メガドライブ移植版の1作目なら実名選手はいないし問題ないかと思ったのだが…。実際のF1サーキットで戦うモードが入っていて、その時点でアウトなのだろうか)

メガドライブミニ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC&スマホ壁紙 配信

新品価格
¥7,538から
(2019/7/20 10:05時点)




※なお、こちらのレトロゲームのプレイ料金は大半が1プレイ200円。
 ある意味昔のお値段?(初代バーチャや大昔の初代ハングオンなんかも200円だったと聞くし)
 メンテナンス費用を考えれば、それでもプレイできるだけありがたいところだろうか。


「パックマンバトルロイヤル」は過去に紹介したお店だと「熱海城」やパックマンのイベント、そのほか普通のゲーセンでもわりと見かけるが、やはり4人対戦は魅力的。
(同じ4人対戦なら「デイトナUSA」や「セガラリー」の4台連結とか見てみたいが…)

 GCCXロケ地巡り(#216・「熱海城」(地下ゲーセン編))
 歴代パックマンが勢揃い!「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

「スペースアタック」は見ての通り、セガの出したいわゆる「インベーダー『風』ゲーム」。
(自機や前に並ぶトーチカ、インベーダーの形などタイトーのやつと比べながらプレイすると色々気付かされて興味深い)
akihabara_sega_5_space_attack

操作レバーとボタンがかなり小さめなのが時代を感じる。
(筐体のデザインが各社あまりこなれてなかった頃でまちまちというか)
akihabara_sega_5_space_attack_control

なお、タイトーのやつとの違いとして、インベーダーを全滅させた後に「円盤」が出現して不規則な動きで下へ攻めてくるのだが、これを倒すと1UPするので初心者でもわりと長くプレイしやすいのが嬉しいところ。
(数少ない1プレイ100円台でもあるので、時間つぶしにオススメ)
akihabara_sega_5_space_attack_ufo

※面が進むとインベーダー大群の初期位置がどんどん下がって来て、トーチカとかぶるくらいの位置になるのがシビア。
 (自分は4面くらいでやられてしまった)


他にはレトロガンシューティングゲームも豊富で、以前イオン南越谷店でプレイした「レッツゴージャングル」などがあった。
(右隅にはペプシコーラの自販機らしきオブジェが置かれていて、ちょっとアメリカンな雰囲気を演出)

 懐かしゲームコーナー巡り「イオン南越谷店」(2018/08再訪)

akihabara_sega_5_lets_go_jungle


意外と思い出語りが長くなってしまったので、次回へ続く。
(何年もご無沙汰だった筐体を見ると、どうしてもあれこれ語りたくなってしまうゆえ…)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(2/2)
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ





(10:09)

2019年07月06日

今回は、レトロゲームに関する本を読んだ話などを。

■スーパーマリオランド・エンディング画面

初代「ゲームボーイ」のローンチソフト「スーパーマリオランド」のエンディング画面。
(結構前の「ゲームセンターCX」にて有野課長もクリアしていた)

ゲームボーイの素朴な音源が奏でるエンディング曲が結構印象的なのだが、その冒頭で画面下のスタッフロールに「PRODUCER G. YOKOI」とゲームボーイの生みの親・横井軍平氏の名前が流れるのも、今となっては印象深い。

※実は敵の数が増えた裏面があり、表面だけで物足りない方にオススメ。

 (参考記事)3DSVC・裏面もある「スーパーマリオランド」

super_mario_land_ending_yokoi_gunpei


===================

■「横井軍平ゲーム館」

古くは「ウルトラハンド」から「ゲームウォッチ」、さらに「ゲームボーイ」「バーチャルボーイ」などまで、任天堂にておもちゃやゲーム機の製作に携わった横井軍平氏へのインタビューを牧野武文氏がまとめた本。

インタビュー内容はおもちゃ・ゲーム機の製作の裏話のほか、横井氏の生い立ちや有名な「枯れた技術の水平思考」などの技術者論、任天堂の退職の経緯など多岐にわたり、任天堂フリークにはたまらない。
(インタビューが行われたのが横井氏が交通事故で亡くなる直前で、横井氏の全てが綴られた一冊となってしまったというのがちょっと運命的)

横井氏の作品といえばまず浮かぶのは「ウルトラハンド」「ラブテスター」といったおもちゃだが、他にも、あのルービックキューブを越えたとも言われるパズルゲーム「テンビリオン」やラジコンカー「レフティRX」などの隠れた遺作なども紹介されていたり、光線銃からの「ダッグハント」「ワイルドガンマン」などファミコン作品へのつながり、ゲームボーイの麻雀ゲーム「役満」の前に既に電子ゲームの「役満」があって通信対戦ができてたこと(さらに実はバグがあったこと)、アメリカでのファミコン売り出しのため実はすごく重要だった任天堂ロボットのコンセプトなど、任天堂の歴史の中での横井氏の存在の大きさを改めて実感させられた。
(当時の任天堂社長・山内氏やマリオでおなじみ宮本氏など開発スタッフとのこぼれ話も随所に盛り込まれていて、読み進める度に任天堂についての興味が高まる)

横井軍平ゲーム館: 「世界の任天堂」を築いた発想力 (ちくま文庫)

新品価格
¥799から
(2019/7/6 09:43時点)




※「ラブテスター」は以前のロケ地巡りで紹介した「柴又ハイカラ横丁」のおもちゃ博物館にもあったのを思い出す。

 GCCXロケ地巡り(#32・柴又駅「柴又ハイカラ横丁」)(追記)


※余談を言うと、「『ヨッシーのたまご』で、受け皿の方を動かすアイディアを提案」といった内容も出てきて、ふと、過去に読んだ「ゲームセンター『CX』」の番組本で、田尻智氏のインタビューの中で出てきた横井氏のエピソードを思い出したり。

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む


※ちなみに、同じ牧野武文氏の著書で「任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代」というのもある。

こちらでは「横井軍平ゲーム館」の後日談や書ききれなかった話の追記、横井氏が任天堂退職後に立ち上げた会社「コト」での活動内容、横井氏の直筆スケッチなどがあり、こちらも貴重な内容が多いので併せて読むのにオススメかと思う。



※さらについでに、「ゲームの父・横井軍平伝」という著書も。

こちらも一部内容は似ている部分があるが、横井氏の開発したおもちゃのカラー写真や横井氏のオフショット・若い頃の写真、さらにバーチャルボーイやワンダースワンの一部設計図などが収録されていた。

ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男

中古価格
¥950から
(2019/7/6 09:46時点)








(09:55)

2019年06月22日

今回行ったのは、秋葉原駅・電気街口のすぐそばにある「あみあみ秋葉原ラジオ会館店」。
(平日の夕方少し前に立ち寄ったのだが、外国人観光客で結構店内が混んでいて、秋葉原の賑わいぶりを実感させられた)

 [店舗情報]-amiami.jp-あみあみオンライン本店-

ここは基本的にフィギュアやアニメグッズのお店なのだが、世界に一台の10円ゲーム「戦え!課長ファイター」があるということで秋葉原での買い物ついでに立ち寄ってみた。
(番組でオンエアされた頃、お店のニュースサイトでも紹介されていた)

 【トピックス】有野課長も来店!「ゲームセンターCX メダルゲーム 戦え!課長ファイター」撮影模様をリポート!


「戦え!課長ファイター」が置いてあるのは秋葉原ラジオ会館の4F。
下りエスカレーターとエレベーターの近くに置いてあった。
(オンエア時はゲーム機の背後に広めのスペースが開いていた気がするが、店内の配置変えや特設ブースができていたせいか、雰囲気が結構変わっていた印象。近くに100円両替機が見当たらなかったので、買い物して小銭を用意しておくのがベター)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_fighter_game2

上の写真の通り、ゲーム機の周囲の棚には「課長のイカ」をはじめ番組グッズも多数揃っていて、「GCCX博物館」(詳細以下記事)などこれまでのイベントで買い忘れた品などを買いたい方にも重宝するだろう。
(先日の「ゲームセンターCX Symphony」のパンフレットや菅Pの絵本、バカリズムとの対決で使ったマフラータオルなど意外な品もあった)

 (参考記事)gccx15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)


さて、ゲーム機の方は10円玉をレバーではじいてゴールまで運ぶいわゆる「新幹線ゲーム」。
台の上には有野課長のPOPが飾られ、「日本で一台」のアピールも。
(台の横にはさりげなく元AD加賀さんの姿もあった。POPもそうだが、ロケ時になかった見どころが追加されててゲーム機は1台でもじっくり周りを観察すると意外と長時間楽しめた)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_fighter

なお、「10円ゲーム」と思いきや1回100円なのだが、プレイするともれなく景品としてドット絵の王様や課長がデザインされたブドウ糖のお菓子「課長の憧れ ブチョウ糖」がもらえる。
(番組が終わるまでには「有野部長」に昇進という展開もあるのだろうか…)

※これは最近のゲーム機の規定で、プレイ時になにか景品を出すようにしないといけなくなったからと少し前のラジオ番組で有野さんが語っていた。
(以下、参考ツイート)

 「新幹線ゲーム、今はお金を入れて遊ぶほかに何か…」

※台の構造自体は他のゲーセンでもそこそこ見かける「日本一周旅行ゲーム」と一緒だと思われる。
 (6本のレバーやレールの形など、「新幹線ゲーム」定番の形。こちらは以前紹介の宮城「SAM-1」にあった台)

 バッセンのゲーセン巡り・宮城・大河原駅「SAM-1」(サムワン)

IMG_nihon_1syu


ゲームの後、隣を見ると箱に積まれていたのが「幕張生挑戦」で話題となった「課長水 GCCX1UPドリンク」。
1本200円とコンビニのペットボトルと大して変わらないお手頃価格?
(カートン買いも可能で、特典マグネットがもらえるとのこと。特典はいいとして1カートンの水は持ち帰るのが大変そうだが…なお、D松井さんの「マツナビ」情報も添えられていた。さすが元祖ナビタイム)
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_water


さらに、ゲーム機の上には、たまゲーロケ地おなじみの有野課長のサイン色紙も。
(「コインゲームは1日12時間」と添えられていたが、そんなにプレイしたらどれだけお昼ご飯が美味しくなるのだろう…(by某駄菓子屋のお母さん))
IMG_amiami_akihabara_gccx_kacho_autograph

他にも、つい最近出たカードゲーム「有野課長のLoveLetter」やDVDにブルーレイ、「GCCX PLAYFUL」ブランドのソニックTシャツなどもあり、ゲームの後はお買い物も存分に(by矢内さん)楽しめる親切設計だった。



といったところで以上。

ゲーム機は1つだけなのだがグッズの充実ぶりがちょっと驚くほどなので、秋葉原駅のそばだし帰りの電車に乗る前にでも気軽に立ち寄ってみてはどうか。
(あるいはアキバのロケ地巡りついでにでも)

 #GCCX ロケ地巡り(再々訪)(#2・秋葉原・トライアミューズメントタワー)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#17・山手線・秋葉原駅「スーパーポテト レトロ館」)

カードゲーム ゲームセンターCX 有野課長のLove Letter

新品価格
¥2,160から
(2019/6/22 09:44時点)





 

(09:54)