2019年11月02日

今回行ったのは、都営浅草線・浅草駅から少々歩いた先にある「株式会社バンダイ東京本社」。
(台東区の観光情報サイトでも紹介されているスポット)

 バンダイ本社 | TAITOおでかけナビ

番組中では「たまに作るならこんなグッズ」ということで有野課長が新フィギュアの製作のために会社を訪れていたのだが、会社前の広場にあるキャラクターの等身大フィギュアをいじっていたので、浅草観光のついでにその辺を見に行った次第。
(さすがに社内に入るコネはないため…。なお、柵などはなく休日でも自由にフィギュアを見ることができる)

※有野課長が「力道山のポーズ」と評したドラゴンボールの「孫悟空」もいる。
 やはりヒーローは昔も今もこのポーズが似合う?
IMG_bandai_asakusa_son_goku



バンダイ東京本社は大通り沿いにあり、浅草駅から南下してしばらく歩くとかわいいキャラクターが並ぶ楽しい空間に到着。
(フィギュアのほか、ショーウィンドウにプリントされた「仮面ライダーゼロワン」も目立つ)
IMG_bandai_asakusa


「BANDAI」のロゴの上、キャラクターの先頭に立っているのはあの大ヒットゲーム「たまごっち」のキャラクター、「まめっち」。
(やはり歴史に残るヒット作で稼ぎ頭だからということだろうか?)

 キャラクター | バンダイ公式サイト

IMG_bandai_asakusa_tamagocci



その後ろにもアンパンマンなど、バンダイが関連グッズなどを手がけるキャラクターが並んでいる。
(背後のショーウィンドウには「仮面ライダーゼロワン」の宣伝コーナーが目立つ。ガチャやカードゲームの筐体も置いてあるがウィンドウの中で遊べないのが残念?)
IMG_bandai_asakusa_anpanman



奥へ進むと有野課長が「力道山のポーズ」と評していたドラゴンボールの「孫悟空」、さらにドラえもんやウルトラマンなど錚々たるメンツが並び、大人もテンションが上がる雰囲気。
(浅草観光のついでに立ち寄ったような外国人観光客などが記念写真を撮っていた)
IMG_bandai_asakusa_son_goku



ウルトラマン(こちらも悟空と同じく力道山ポーズ)の隣には初代「仮面ライダー」などもいる。
(背後のショーウィンドウには販売中のグッズが並んでいてこちらも目が離せない)
IMG_bandai_asakusa_ultraman


そして一番奥には「バンダイナムコ」つながりということで等身大(?)パックマンもいた。
(銀座のパックマン展や蒲田東急プラザランドにいたフィギュアを思い出す)

 ゲームセンターCXロケ地の今(旧「蒲田東急プラザランド」)
 歴代パックマンが勢揃い「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

IMG_bandai_asakusa_pacman


横から見るとこんな感じで、パックマンの鼻の高さが印象的。
(天狗の鼻を思わせる角度と長さ。土日だったので結構外国人が多数見に来ていた。実は隠れた浅草の観光スポット?)
IMG_bandai_asakusa_pacman_side

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パックマン PAC-MAN 彫像・スタチュー 【pac-man statue】
価格:53801円(税込、送料無料) (2019/11/2時点)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

ゲームとは直接関係ないが、子供も大人にもなじみの深いキャラクターが並ぶスポットということで、浅草や都心観光(秋葉原からもそこそこ近いし)のついでに時間があれば立ち寄ってみてはどうか。
(あるいは花やしきや浅草バッティングスタジアム、デンキヤホールなど他のロケ地めぐりのついでにでも)

 #GCCX ロケ地巡り(#22・浅草「花やしき」)(追記)

 
 



(19:33)

2019年10月12日

今回は、レトロゲームに関する本を読んだ話などを。
(ついでに以前紹介した「GAME ON」などゲームイベントで見かけた電子ゲームの写真も入れ込んでみたい)

 レトロゲームからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(3)

※ネオジオミニやアーケード1upを思わせる小型ゲーセン筐体型の電子ゲームも色々と紹介。
 当時は今よりゲームセンターへの憧れが強かったのかも…
P1320203


●「懐かしの電子ゲーム大博覧会」
ゲーム史の中で「テレビテニス(初期の家庭用テレビゲーム)」「スペースインベーダー」と同時期に始まった「電子ゲーム(LSIゲーム、LCDゲーム)」の歴史について、本体写真やゲーム内容の解説などを交えて紹介した一冊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

懐かしの電子ゲーム大博覧会 [ 山崎功 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/12時点)



任天堂、バンダイ、トミーなど、メーカー別に多数の電子ゲーム機が紹介されていて、各社ごとのゲームの特徴を追うのもまた一興。
(任天堂は1989年頃まで2画面式のゲームを出していて、あの「ゼルダの伝説」も電子ゲームで出ていたりと意外な作品も)

1980年代前半ということで、インベーダー風ゲーム「ミサイルベーダー」など、同時代のテレビゲームの名作タイトルを小型の電子ゲームに移植した作品が多数出ているのを見てると、いわゆる「無茶移植」(8ビットゲーム機の頃、高性能だったアーケードゲームを色々工夫して家庭用に移植したような)を見てるようで興味深い。

・「FLクレイジークライミング」(写真右)
 LCDで描かれたビルではあるが、アーケード版同様にしっかり2本のレバーで登れる。
P1320204

・「パックマン」(写真左)
  電子ゲームなのにレバー2本で2人同時プレイが可能(パックマンバトルロイヤルの先駆け?)。
 黄色い生き物はアメリカ風のパックマンらしい。
P1320205

・「スーパーギャラクシアン」 
 画面表示の制約のため敵の飛行ルートが2パターンくらいしかないが、本物をプレイしているような感覚になる出来の良さ。
P1320105

・「ドンキーコング」(写真左)。
 任天堂でなくコレコ社から出ていた。
 電子ゲームの画面でオリジナルの1面,4面を再現しているのは驚き。 
P1320203

他にも、「FLザクソン」「平安京エイリアン」「ムーンパトロール」など、アーケードゲームの電子ゲーム移植(?)が多数あったことが面白い。
連打勝負の「ハイパーオリンピック」も出ていたのはちょっと驚き。
(ボタンの耐久性が気になるところだが…2つのランボタンを交互連打する仕組みらしい)


そして同じく(?)1980年代ということで、「パクパクマン」「パックモンスター」「ハングリーパック」など、今なら版権問題になりそうなゲームが多数出ていたのも当時のおおらかさを思わせる。
(広告コピーは「『パワーエサ』を食べるPakPakMan」だったり、主人公の名前が「パック『ボーイ』」だったりとグレー感一杯。なお、タイトルが別名でもちゃんと本家に許可を得て出された品もあったりと奥が深い)

・「パックモンスター(Puck Monster)」
 本家パックマンに合わせてゲーム機は黄色。
 ゲームモード選択がスライドスイッチ式なのが電子ゲームあるある。
(PacでなくPuckなのも時代を感じる)
P1320159

・「マメゲーム」シリーズなどのパックマン
 (左の丸いやつ。三越のパックマンイベントにて撮影)

 歴代パックマンが勢揃い!「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

pacman_LCD_game2

海外版を含めると他の形のゲーム機も色々出てた模様。
pacman_ginza_mitsukoshi_LCD_game

・「ゲキメツインベーダー」
 インベーダーも類似品色々。「撃滅」って言葉が物々しくてなんかいい。
P1320202


また、電子ゲームの形状も様々で、スタンダードと言ってもいい任天堂のゲーム&ウォッチ型、ドンキーコングなどの折り畳み2画面型の他、最近出た「ネオジオミニ」を思わせる小型ゲーセン筐体型、「バーチャルボーイ」「VR」の先取りのような立体視を使った双眼鏡型、一昔前の近未来SFを思わせる流線型フォルム(アタリ社のロゴみたいな)型、小型テーブルゲーム筐体型、さらにはゲームボーイを先取りしたかのようなカートリッジ交換型など、個性的なギミックも見ていて楽しく、ちょっと収集欲をそそられてしまう。
(「パックマン」は黄色い円形だったり…このへんはゲームセンターCXの企画コーナーでも紹介されていたが)

・世界初カートリッジ交換式LCDゲーム「マイクロビジョン」(写真右)
P1320201

・あのラルフベアが考案した「サイモン」 
(「バイトヘル2000」の「クサイモン」を思い出す)
P1320108


超・個性的なところでは、ガンダムのモビルスーツ型、革製の折りたたみカバーをつけたスマホのような手帳型、小さい画面と時刻調整ボタンで操作の腕時計型などもある。
「ゲーム&ウォッチ」のヒントになったのはサラリーマンがやっていた電卓遊びと言われるが、そこから派生した(?)電卓型ゲーム(横長の小さな画面でプレイするボクシング風のゲーム)も紹介。


横井軍平さんが製造に携わった「コンピュータマージャン・役満」(初代ゲームボーイのロンチタイトルにもなっていた麻雀ゲーム。鬼の強さの役満仙人)や、高橋名人でおなじみ「シュウォッチ(シューティングウォッチ)」も電子ゲームの1つとして紹介されていた。
(ついでにシュウォッチの2代目、続編のSFCコントローラ型のやつも)

シューティングウォッチ

新品価格
¥9,300から
(2019/10/12 10:22時点)




世界初のLSIゲーム「オートレース」(縦画面レースゲーム。LEDの線で車を表現した)、世界初の音声認識LSIゲームらしい「ノックアウトボクシング」などもあり、しっかりとゲームの歴史を追える。


さらには当時の電子ゲームのCM映像の画面カット、広告カットも一部収録。
当時の有名タレントを使ったCMがあったほか、あの長寿マンガ「こち亀」の両さんが出てきて電子ゲーム「レースンチェイス」の宣伝をしたという驚きのコラボもあったらしい。


あとは90年代後半に出てきた電子ゲームとして、たまごっち、ミニテトリン(正式名称は「テトリン55」「テトリスJr」らしい)、デジモン、ポケットピカチュウなどもあり、電子ゲーム世代より若い方でも懐かしいと思わせる品も多数紹介。

テトリスJr.2 LT-02



つい最近、秋葉原でミニテトリンの子孫のようなゲーム(GAME POKE UNLIMITED)が売られてるのを見かけた。
DSを思わせる折り畳み型でゲームボーイミクロ以上に小さくなっていて更なる進化を遂げていたのが衝撃…。
x2019051811150000


ということで、昭和の電子ゲームの世界に浸りたい方にはもちろん、ゲームセンターCXつながりで言えば過去のミニコーナー「ゲーム&ウオッチ・ほっ時計ないよ」で電子ゲームに興味を持たれた方などにオススメの一冊かと思う。


 

(10:41)

2019年09月21日

今回行ったのは、都営大江戸線・月島駅から少々歩いた佃島の中にある駄菓子屋「山本商店」。
(写真を整理したら4年ほど前に行った時の写真が見つかったのだが、なぜか記事にし忘れていたため今さら紹介)

※東京都中央区の観光情報サイトでも紹介されているお店で、現在も営業を続けてる模様。
 夏らしく、スダレがかかった昭和っぽい雰囲気がすばらしい。

 山本商店 | 東京 中央区の観光情報公式サイト


さて、自分が行った4年前の時点では、店先にたまゲーロケで有野課長が遊んでいた「メタルスラッグX」(か「メタルスラッグ3」だったと思う)の小型筐体が健在だった。
(右側、2P側のレバーが1P側に比べて妙に黒く、使い込まれた感じなのが目を惹く)
xP1670089

台の左下の方には筐体の電源コードが出ていて、その近くのコンセントに自分でつないで電源を入れるセルフ式なのもロケの時のままだった。




そのそばにはこれまた駄菓子屋定番のアイスの入ったアイスケース(森永製)もある。
冷凍されたチューチューアイス、サクレ(別のお店でU字工事が広告に出ていたが…以下記事参照)、コーンアイスなどが見える。

 GCCX「たまゲー」ロケ地巡り(#169・三ノ輪駅「いちせ商店」)

xP1670090

ケースの上には

「いらっしゃいませ (買うアイスを)きめてから あけてね」

のかわいい手作りの札が置かれていた。
(ケースを開けっ放しでアイスが溶けるのを防止するためだろうか…子供の頃だとどうしてもケースを開けて手にとって選びたくなるが)

その一方、かわいい札のその左隣には

「万引をした者は 警察、学校、親に 通報します」

という警告文もあり、ビシッと注意している。
(やはり駄菓子屋のおばちゃんは人生の先生?)

※ゲームの後に駄菓子などを買って帰ったのだが、お菓子の写真が見つからなかったので割愛。
 参考(?)までに、昨年開催の「ゲームセンターCX博物館」では、山本商店の店先でお面(カトちゃん風)をかぶって駄菓子を味わう有野課長の写真がパネルで展示されていた。

 (関連記事)#gccx 15周年企画! #GCCX博物館 へ(渋谷HMV)

xP1800092


お店を見た後、周囲を散策すると隅田川近くの道沿いに佃煮屋があった。
(さすが「佃島」の名の通り。ロケでも課長が訪れて「おいしいですね。ごはんあります?」などと言っていた気がする)
xNEC_0053


お店から月島駅方面へ進むと、赤い橋が架かっていて、その下に小さな釣り船などが浮かぶ(隅田川へ通じる水路になっている)昔のままの風景も。
(ロケ開始時、橋の上でお店の紹介ハガキ(確か、カメラ阿部さんが達筆で書いた物)を読むシーンもこのへんだった気がする)
xNEC_0050


佃島を離れて月島駅付近へ戻ると、駅周辺はタワマンが並ぶ大都会。
先ほどののどかな風景から一変するのが面白い。
xP1670073


といったところで以上。

ロケ時と変わらない古きよき(?)たまゲー的駄菓子屋さんという雰囲気なので、月島名物のもんじゃストリートなどを見るついでにでも足を運ばれてはどうか。
(都営大江戸線沿線には他にもロケ地が多く、ハシゴもしやすいだろう)

 GCCXロケ地巡り(#150・森下駅「トイパークまさみや」)
 GCCXロケ地巡り(#109・都営大江戸線・両国駅「かえる本舗」)


※ついでに、月島駅の隣の豊洲駅近くにある「大川商店」にも行ってみたのだが、「休ませていただきます」の札が出て閉店していた。
(その後も何度か立ち寄ったのだが結局行けずじまいで、数年前に閉店したらしいツイッター情報が流れていた。残念)
xP1860098

 閉店したお店の全景のツイート
 (小型ゲーム筐体がシートを被って置かれたままだったが、最近撤去された模様)


 

(10:35)

2019年09月01日

前回、「スーパーモナコGP」「スペースアタック」などを遊んだ続きから。
(写真は7月に行った時のもので、数日前に行ったら一部筐体が入れ替わってたのでご注意を)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(1/2)

スーパーモナコGPの隣にあったのが「スーパースプリント」(右の台)。
筐体から3台のハンドルが狭そうに並んでる姿が印象的な、PCエンジン「モトローダー」(PCエンジン miniにも海外版が収録されるらしい)風の見下ろし方の固定画面レースゲーム。
akihabara_sega_game_5_super_sprint

狭いコースの中でのミニサイズの車の動きがちょこまかしていて大きなハンドルだと操作に慣れるのに一苦労。
(ゲームセンターCXつながりで言えば、今はなき「(下総)中山ゲームセンター」で有野課長がAD高橋さん(高橋先生の方)と対戦していたような)

壁には「USA」の電飾や「ROUTE66」の壁紙など、ちょっとアメリカのゲーセンっぽい雰囲気もあるのが面白い。
(基本、立ちプレイの筐体がほとんどなのもアメリカ風?(「GAME ON」のゲーム筐体を思い出す)。フロアの片隅ではジュークボックスも稼動していた)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

【新品】2020年3月19日頃発売予定!PCエンジン mini

価格:16,440円
(2019/9/1 11:29時点)
感想(0件)



「スーパースプリント」の隣にはピンボール台が並び、こちらもアメリカンな感じ。
(ピンボールは専門外なので割愛で…)
akihabara_sega_game_5_atari_sprint

※なお、数日前に行った時は「スーパースプリント」の隣は「スペースハリアー」(座席非稼動タイプ)に変わっていた。
 ハングオン、アフターバーナーにこれが並ぶとこの一角だけ一気に80年代にタイムスリップした気分…(以前紹介の「あそぶゲーム展」を思い出す)。

 「あそぶ!ゲーム展2」へ(埼玉・川口)(前編)

akihabara_sega_game_5_space_harrier


その近く、フロア中ほどのシマにあるのがこちら。

・モナコGP
・スーパーパンチアウト
akihabara_sega_game_5_punchout

モナコGPはすぐ近くのナツゲーミュージアムやウェアハウス川崎でプレイしたのを思い出す。
(「スーパーモナコGP」とともに新旧モナコGPが並ぶとか、あまりに貴重過ぎて実感がわかない…)

モナコGPはこのフロア内では数少ない1プレイ100円台なのも嬉しい所。
(ただ、他店に比べて若干難易度が高めに感じた(こちらのは敵車が謎の急速スライド移動をしたりと今までにない動きをしてて「あおり運転か!」とツッコミを入れたくなった)。久々のプレイで感覚が鈍ってたからかもしれないが…)

スーパーパンチアウトも一時期ナツゲーミュージアムにて稼動していた気がする。
(スーパーなので有野の挑戦の「パンチアウト」とは違うが、たくさんのボタンを使っての独特の操作感が斬新で楽しい)

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#152・秋葉原駅「ナツゲーミュージアム」)


ちなみにその隣にはなぜか任天堂のレースゲーム「ニンテンドー クルージンブラスト」が置いてあった。
(微妙に聞き覚えのあるタイトルだと思ったら、千葉の大慶園遊園地で一時的に稼動していた模様)

 #gccx ロケ地巡り(#135・千葉県・市川市「大慶園」)(後編)

akihabara_sega_game_5_crusin_blast_nintendo


その裏にあったのがこちら。

・サイバータンク
・アフターバーナー(立ちプレイ型)
・トランスフォーマー(ガンシューティング)
akihabara_sega_game_5_cyber_tank


そしてフロアの隅の方にはガンシューティングゲームが固まっていて、ハウスオブザデッド祭りが開催中だった。
(かつてのクラブセガ新館の賑わいを思い出す。常に誰かがプレイしていてフロア内で一番の人気だった)
akihabara_sega_game_5_house_of_the_dead


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

少々プレイ料金は高めだが、貴重なゲームを東京都心、しかもアキバでプレイできるのはかなりの魅力。
秋葉原でのお買い物や他のゲーセン巡り、ロケ地巡りついでに立ち寄ってみてはどうか。
(フロアの反対側にはダーツゲームが並び、休日の夕方に行くとこちらも大盛況だった)
akihabara_sega_game_5_darts


なお、他のフロアを見ると、最上階はイベントスペース。
(7月は初音ミクのイベント中だった。アーケード版がかなり続いてていまや長寿作品)
akihabara_sega_game_5_hatsune_miku_event

下の階はクレーンゲームが多めだが、プライズのフィギュアを並べた展示棚があったりとプレイ意欲をそそられる演出もあり、見どころ満載である。


 

(11:35)

2019年08月16日

今回は、レトロゲームに関する本を読んだ話などを。

●「ファミリーコンピュータ1983-1994」
2003年にファミコン生誕20周年を記念して行われたテレビゲームの企画展「レベルX」にちなんで出版された本。
(出版社はゲームセンターCXの番組本などでおなじみ太田出版)

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む

ファミリーコンピュータ 1983-1994

中古価格
¥1,388から
(2019/8/16 20:53時点)




ちなみに「レベルX」は2003/12~2004/02に東京都写真美術館にて開催。
P1840015

ファミコンの歴史紹介や全部のゲームソフト展示、代表作品の試遊台が並ぶ当時としては画期的なゲームイベントだったらしい。
最近で言えば「あそぶ!ゲーム展」や「GAME ON」のようなもの?)

 「あそぶ!ゲーム展」の写真色々(京浜東北線・川口駅)
 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

イベントのチラシに(ほぼ?)全ソフトのパッケージが印刷されてたりと、ファミコンの全てを紹介するのがウリだった模様。
P1840013


さて、本の構成は以下のような感じ。

■ファミリーコンピュータソフト1252
ファミコンソフトのパッケージを並べた写真を交えた作品紹介。
(大判本で、結構大きな写真でパッケージを見られるのがありがたい。代表作は1枚ずつ、その他ソフトはある程度まとめて集合写真っぽく撮影されていた)
P1120108-2

「スーパーマリオ」などの代表作や「ポパイ」などの初期ファミコンソフトについては、作品説明も入っていて往年の名作の情報を復習できる。
(「バンゲリングベイ」のヘリの名は「シーアパッチ」、「マッピー」のマッピーとニャームコはロボットとして実在する、などのトリビア情報も盛り込まれていてついつい読み込んでしまう)

ソフトのパッケージが並んでるのを見ると、昔通った中古ゲームショップで棚に並んだパッケージを1個1個見ながらどれを買うか悩んだのを思い出す。
(箱の側面のデザインなんかも並べて比較するとメーカーの特徴が出ていて面白い)

「わんぱくコックンのグルメワールド」などパッケージ絵だけ印象的だがなんとなくスルーしたゲームも多々あったのを思い出したり。
(「Dの食卓」で有名なあの飯野氏の作品だと知ったのはつい最近の話だったりする)

 (関連)「ゲーム -Super 27 years life-」(飯野賢治)を読んでみた



ソフトのパッケージをじっくり眺めると「パックマン」には「NPM-4500」と4500円を示すことが書いてあったりとか、「バンゲリングベイ」では「by Will Wright」とゲームの作者・ウィルライトの名前がちゃんと入ってたりとか、「カラテカ」には「史上最強の必殺拳 from USA」と書いてあったりとか、「グーニーズ2」では「ヨーヨーが当たる!5000個」などの意外な発見も。
P1120109

「アイアムアティーチャー てあみのきそ」などのレアソフトもちらっと写ってた。
さらに、ほぼ名前だけだが「大和のマイトレード」など「ファミコントレード」(ファミコンで株取引する)のソフトも紹介されていた。

ついでに「●●のプリンセスがいっぱい」「●● 朝までファミコン」など今となっては出てはいけない人(?)が冠されたソフトも出ていたり、「爆笑!愛の劇場」というのがあって「人生劇場」と似たタッチの絵とフォントなんだけどメーカーが違う(タイトーでなくココナッツジャパン)ので当時謎に思ってたのを思い出したりとか、語りだしたら止まらない充実ぶりだった。



■クリエイターインタビュー
当時ご存命だった任天堂・前社長の山内博氏にはじまり、「スーパーマリオ」の宮本茂氏や「マザー」の糸井重里氏など任天堂の代表作に関するクリエイター、さらにファミコンのライバル機だったMSX、セガメガドライブで名作を開発していた「メタルギア」の小島氏、「ソニック」の中氏へのインタビューを収録。

山内氏がオンラインゲームについて「長時間同じソフトで遊ぶため新作ソフトが売れなくなる」と言っていて、いまや常識の月額課金やガチャによる収益という概念が当時はまだなかったことが興味深い。
(いまやソフトは無料(フリートゥプレイ)で、その後のガチャでヘビーユーザーに課金させればいいという…時代の流れとは怖いもの)


■ゲームハードウェア68
1983-2003の間に発売されたファミコン、任天堂のゲーム本体や周辺機器、および同時代の他社のゲーム機を並べた大判写真。
ソフトの写真と違い、机上にハードがざらっと並べられた状態で撮影したため判別が難しいものもあるのが残念だが、「野村ファミコントレード・通信アダプタセット」などのレア物もさりげなく並んでいるのがすごい。

 (関連記事)「ファミコンで株式入門」を読んでみた。


■コラム
上の2つでほぼ9割以上を占めていてお腹一杯なのだが、他にも「ゲーム機の進化における野球ゲームの演出」(「ベースボール」から「パワプロ」などへの進化)や「ゲーム画面とデザインの効果」(固定画面からスクロールへの進化など)といった興味深いコラムも添えられている。
(2003年までの20年間の進化を本書で見た上で、その後、今までの約15年のゲームの進化を思うと色々興味深いものがある)


ということで、ファミコン好きな方、ソフトのパッケージ画像で当時を懐かしみたい方にオススメかと思う。
(なお、ソフトの説明やインタビューなどの本文はほぼ全体について日本語の他に英語が併記されていて、外国人ゲームファンでも読みやすいだろう)

※ゲームセンターCXとのつながりでいえば、シーズン1のダイジェスト放送(BONUS STAGE)にて、有野課長がこのイベント(レベルX)を紹介するシーンが入っていた気がする。



 

(21:21)