2020年05月16日

今回はゲームセンターでなく、ゲーム関連本を読んだ話を。
(関係するイベント「GAME ON」の写真とともに振り返ってみたい)

※懐かしのポールポジション。このずっと先にマリオカートがあるというレースゲームの歴史なんかもわかります。
P1320039


■「ゲームってなんでおもしろい?」
4年前に開催されたイベント「GAME ON」(詳細以下)と同時期に作られたゲームの歴史の解説本。
(当時、ゲームセンターCXの放送内でも有野課長が「菅さんのインタビューも出てます。あの人桃鉄しかしない人なのに…」とチラッと宣伝していたような)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(2)

ゲームってなんでおもしろい?

中古価格
¥572から
(2020/5/16 10:20時点)




構成は大体こんな感じ。

●家庭用ゲームハードの紹介
アタリショックでおなじみ「ATARI VCS」から当時最新の「プレステ4」にいたるまで、ゲーム業界の30年以上にわたる家庭用ゲーム機器が名を連ねる。
(「GAME ON」で展示されていたレトロゲーム機の解説も多数載っていた)

 ポンからPSVRまで遊び放題・お台場「GAME ON」へ(1)

※「GAME ON」でも多数のゲームハードが展示されていたが、
 その中にあった1つがこの「コモドール64」。
 なぜか初代メガドライブのゲームパッドが接続されていた。
P1320057

個性的なボタン配置のゲームパッドが印象的な「Apple II」も展示されていた。
(チョップリフターが遊べた)
P1320053



●ゲームの成り立ち・歴史紹介
「テニスフォーツー」「スペースウォー」「ポン」などゲーム創世記の話から現代に至る歴史を解説。
(このへんは「あそぶゲーム展」でも筐体が展示されていたのを思い出す)

 GCCXロケ地巡り(#209・「あそぶ!ゲーム展」)(前編)

※「GAME ON」の会場の一角にも「スペースウォー」を動かしていた当時の機械が展示されていた。
 (隣のタイプライターが時代を感じる)
P1320086


●ゲームの仕組みの進化や面白さの理論解説
「ブロック崩し」で、ブロックが攻撃してきたり自機から弾を撃てるようにすると「スペースインベーダー」になります、などの流れ。
(「GAME ON」会場内に設置されたモニターで流れていたような内容。ゲームに夢中でゆっくり見られなかった方(自分のこと)にオススメ)
P1320136


●「歴史に残るビデオゲーム1000本」
ゲームジャンル毎に代表作を時系列でまとめたゲームの年表。

ゲーム黎明期の「スペースウォー」「スピードレース」が30年、40年をかけ、現代の「スプラトゥーン」「マリオカート」などに至るまでの作品の進化の流れ、系譜がわかるようになっていて、各時代ごとのタイトル名を追うだけで懐かしくてたまらない。
(例えばレースゲームなら、スピードレース→デスレース→ラリーX→ポールポジション…といった進化の流れ)

※「GAME ON」で展示されていた「ポールポジションII」。
 片隅には「日本ゲーム博物館所蔵品」という小さなステッカーが貼られていた。
P1320115

 シンプルながら奥深い富士スピードウェイ(現実のサーキットは現在はコースレイアウトが一部変更)が懐かしい。
 トップスピードが400kmを越えてるのは冷静に考えると恐ろしい?(F-ZERO並みの早さ?)
P1320039


●「ゲームの履歴書」
ゲーム製作者や雑誌編集者など、ゲーム業界の著名人の好きなゲームをまとめたもの。
GCCXにも出た「ゲームセンターあらし」のすがやみつる先生、初期シーズンのインタビューに出ていた「ダビスタ」の薗部氏、さらに有名人枠で「バイオ4」の魅力を語る鈴木四郎アナ、「バカの壁」の養老孟司氏なども名を連ねていた。


●ゲーム開発者・関係者インタビュー
家庭用ゲームの始まりと言ってもいいファミコンの設計者から最新のPSVR設計者、他、「パズドラ」「マイクラ」など近年のヒットタイトル・スマホゲームの開発者や、業務用ゲームが集まる「日本ゲーム博物館」(GCCX on 太平洋にも出ていたが)の辻氏、日本でも地位を確立しつつあるプロゲーマー・梅原氏など多彩な方々が寄稿していた。

また、「日本ゲーム博物館」内の筐体写真も一部出ていて、「GAME ON」でも遊べた「アフターバーナーⅡ」や「G-LOC」、たまゲーでもおなじみの「ハングオン」「ゴルゴ13」、ミニコーナーに出た「FAMICON BOX」など、一部ゲームの紹介などもあり。
(いまや一部の旅館やフェリーなどでしか見られないかなりレア物となりつつあるFAMICON BOX)

 佐渡行きのフェリーにあった「時間制ファミコン」

※「GAME ON」で遊んだ「G-LOC」(最初のステージ選択画面)。
 筐体が揺れまくるせいか初級でもかなりの遊びごたえだった。
P1320033


「有野の挑戦」タイトルの「ケルナグール」などでおなじみ遠藤雅伸氏、初期シーズンで開発者インタビューに出ていた「パックマン」の岩谷氏、「クロックタワー」の河野一二三氏なども出ていた。
(「パックマン」についての話では、敵の正式名称は「ゴースト」で「オバケのQ太郎」世代だったことが元だったことや、敵の思考ルーチンの詳細など、GCCXのインタビュー(番組本(以下)にもまとめられてるが)とはまた違った話も色々出ていて必見)

 番組本「ゲームセンター『CX』」を読む

※「GAME ON」で遊んだ「ミズパックマン」。 アメコミっぽい絵柄と体型のイラストが印象的。
 外国のパックマンって色々な意味で驚かされる(パックマンの歴史を紹介するイベントもあったが…)。

 歴代パックマンが勢揃い!「PAC‐MAN(TM)GINZA STYLE」

P1320177


そして「ゲームセンターCX」番組プロデューサーである菅Pが寄稿したページもある。
番組の成り立ちや番組作りのコンセプトについて密度濃く語っていて、読んでから改めて番組を見るとより楽しめるかも。



といった感じで、時代もジャンルもバラエティ豊かな内容で、大判サイズで読みごたえ十分。

レトロゲーム世代でも今のゲーム世代でも楽しみやすく、読みたい人物やカテゴリの記事から読んで楽しむもよし、最終的にそれ以外の記事も読んでゲームの世界を立体的に理解するもよしの一冊かと思う。
(「GAME ON」を追体験したい方にもオススメだろう。今思えば本当にもう一度やってほしいくらい夢のイベントだったが…)

 レトロゲームからPSVRまで遊び放題「GAME ON」へ(3)


 


(11:16)

2020年05月02日

今回行ったのは、池袋駅の東口近くにあるゲームセンター「ランブルプラザミカド」。
(行ったのは2019年10月。先日紹介の「池袋バッティングセンター」のついでに立ち寄った)

 ゲームセンターCXロケ地の今「池袋バッティングセンター」

※スリルドライブ3、セガラリー、マリオカートと時代を超えたレースゲームたちが稼働中だった。
ikebukuro-game-mikado-thrill-drive3

場所は池袋駅東口を出て左手、ビックカメラやヤマダ電機の横を通って裏通りに入った一角。
高田馬場にある「ゲーセンミカド」のチェーン店らしく、達筆の「ミカド」の看板(漢字の「帝」もあり)が目立つ。

 GCCXロケ地巡り(#104・「ゲーセン・ミカド」)(2017/07)

ikebukuro-game-mikado

店内は地上と地下があり、地上フロアは新旧様々な大型筐体が並ぶ。
(公式サイトで稼動ゲームが出ているが、最新状況は公式ツイッターも合わせて見ておいた方が確実かも)

 (公式)高田馬場ゲーセン・ミカド - ランブルプラザミカド
 ゲーセンミカド総合アカウント


交差点角にある入口から入って、すぐそばにあるのがこちらの3台。

・アフターバーナークライマックス(往年のセガの体感ゲームらしく座席揺れまくり。ありがたい…)
・モグラ退治(なんともシンプルなネーミングのもぐらたたきゲーム)
・太鼓の達人(たぶん最新バージョン)
ikebukuro-game-mikado-afterburner

久々のアフターバーナークライマックス(鳥取でプレイして以来?)だったが、とりあえずクリア。
(安定のCエンディングなのは仕方ない)

 レトロゲーセン巡り・鳥取駅「アミューズスペース・サルビア」

ikebukuro-game-mikado-afterburner-climax-clear


入口近くの目立つ場所にはクレーンゲームが多いが、その横や奥にはちらほらと貴重なレトロ体感ゲームが並ぶ。

・スペースハリアー(座席固定型。秋葉原セガ5号館にあるのと一緒?)
・ダートダッシュ(以前、千葉・八千代市の「BTTA」でよくプレイした)

 レトロゲーセン巡り・「BTTA(バックトゥザアーケード)」(再々訪)

ikebukuro-game-mikado-space-harrier

その近くには「タイムクライシス2」。
昔の筐体、ローポリゴンなのに今やっても十分熱い。
(1面目が余裕だったので油断してたら2面目であっさりアウト)
ikebukuro-game-mikado-timecrisis2


お店の奥の方にもクレーンゲームの脇を固めるようにレトロ筐体の山。

・エレベーターアクション・デスパレード(懐かしいアクションの名作がガンシューに進化)
・電車でGO!2
・アフターバーナー
(アップライト筐体。だいぶ前に高田馬場ミカドにもあったような…あとセガ5号館にも)

 レトロゲーセン巡り「秋葉原セガ5号館」(2/2)

ikebukuro-game-mikado-elavator-action


そしてレースゲームの充実ぶりもすごい。

・スリルドライブ3(以前草加市でプレイした記憶)
・セガラリー1(サイドブレーキなし。こちらも「BTTA」でよくプレイしていた)
・マリオカート(これはこれでいまやロングセラー?)

 懐かしゲーセン巡り・獨協大学前駅「PlayLand54street草加松原店」

ikebukuro-game-mikado-thrill-drive3

久々にスリルドライブ3をやったらこの結果。
相変わらずペーパードライバーには辛い現実…
ikebukuro-game-mikado-thrill-drive3-end


そしてお店の奥の方には、最新のカードを使うゲーム機の横にこれまた貴重な筐体が。

・タイピングオブザデッド
・オペレーションウルフ3
(この手のガンシューって黒い銃やマシンガンを振り回すイメージなので、白い銃が新鮮(ドリームキャスト用のガンコントローラを思い出す))
ikebukuro-game-mikado-oparation-wolf3


といったところで以上。

高田馬場のゲーセンミカドに勝るとも劣らないほどの遊びごたえで、池袋でレトロゲームを楽しむなら外せないスポットだろう。
(山手線で1駅だし両方行くしかない?)



 

(10:44)

2020年04月11日

先日、以前当ブログで紹介した秋葉原・エターナルアミューズメントタワー(通称「エアタワー」、旧トライタワー)を運営するエターナルアミューズメントが破産申請というニュースが入ってきた。

 【続報】「キラキラAsobox」のエターナルアミューズメント、破産開始

 GCCXロケ地巡り(再訪)(#2・「トライアミューズメントタワー」)
 ゲームセンターCXロケ地巡り(#2・「トライアミューズメントタワー」)

ブログ記事には書いてなかったがその後もよく通ってたお店だったので、今回はその辺の写真とともに当時を振り返ってみたい。

※beatmaniaの歴代バナーが並んで貼られていたりと音ゲー好きにはたまらないお店だった。
P1980023


●注意ポスター(2017/05)
手作りっぽい店内での禁止事項ポスター。
「筐体を蹴る(飛び蹴り)」「店内で寝る(なぜか体育座り)」など色々な行動をする人がいる中、右上の「ペットの持ち込み禁止」では肩に小鳥を止まらせてる人の絵で、逆に見てみたい気もする。
(ポスター下のマスコットキャラがトライタワー時代とエアタワー時代で変わったのも懐かしい)
P1140044


●レトロゲームポスター(2017/05)
レトロゲームの集まってるフロアに貼られていた「スペランカー」のポスター。
インディージョーンズを思わせる実写風の絵柄に「発見は地面を塗りかえる」という謎コピーが印象的。
P1140041


●エレベーター内でもアピール(2017/05)
小さなエレベーター内にも所狭しとゲームをアピールする貼り紙が一杯だった。
5鍵のbeatmaniaが2台元気に並んでた頃もあった。
P1140035

 


●GITADORA(2018/02)
レトロ音楽ゲームのほかに「GITADORA」など最新音楽ゲームもしっかり揃えていたのがここの魅力。
平日午前中の人の少ない時簡にこっそり最新作を体験させてもらったのもいい思い出。
(ドラムやペダルの数が増えててブランク10年近くの自分はもうついて行けなかったが…)
P1740040

人がいない時間帯なのをいいことに「けものフレンズ」の曲などもこっそり弾く。
P1740042


●GITADORA(2018/03)
ギターの方はボタンが5つ、ペダルが3つに増えて…とプロの方でも納得の仕様だった。
P1830038

こちらでは「けいおん!」の曲などをこっそり弾く。
(結構前に舞台になった学校へロケ地巡りで旅行に行ったのも懐かしい)

 「けいおん!」と飛び出し看板の聖地・滋賀県・豊郷へ(2011/12)

P1830040


●pop'nとIIDXのそばに5鍵とキーマニと…(2018/05)
最新音楽ゲーム(pop'nやIIDX)のそばにレトロ音楽ゲーム(5鍵やキーマニ)が入り混じっていたのも貴重な空間だった。
十年余りの時を超えた様々な筐体と曲をプレイできたことにただ感謝するだけ。
P1950020

「ダンスダンスレボリューション」(最新作)の隣に「DDR Extreme」というコラボも。
DDRが複数台並んで置かれてるだけでも今となっては十分レア?
(うろ覚えだがDDR4thMIXの頃とかはちょっと大きなゲーセンなら普通に2,3台並んでたのをよく見た気がする)
P1950019

「DDR Extreme」は日本でのワールドカップ開催の頃の作品でだったため、版権曲に「LA COPA DE VIDA」「We are the Champions」などサッカーっぽい曲が収録されてたのも懐かしい。
P2230027



●「DanceManiax」に「パラパラパラダイス」(2018/08)
数年前と比べて筐体の配置が換わったけど、超レア物の音ゲーが残ってたのも懐かしい。
(左奥にスーツケースが置かれているが、秋葉原へ旅行できた人が記念にプレイしていたのだろうか…全国的に見ても貴重だったと思う)
P2110067


●そしてキーボードマニアに帰る(2017/07)
来る度に色々なゲームをプレイさせてもらったが、毎回欠かさずプレイしてたのが「キーボードマニア3rdMIX」。
鍵盤の多さでメンテが難しく撤去されることが多い中、20年以上の時を経てずっと残っていたのは本当にありがたいと思うしかない。
(音量設定が気持ち大きめでプレイしやすかったのにも感謝)

時を越えて出た続編「ノスタルジア」が隣に並んでいたこともあった。
鍵盤でなくタッチパネルだがこれはこれで好き。
P1260051

半年ほど前に行った時は、筐体の横に「神田明神」の熊手が掛けられていた。
(もちろん裏技コマンド表もしっかり掲示)
akihabara_eternal-tower_keyboardmania

「本日の設定:激甘設定」と貼られてて、「本日」といいつつほぼいつも「激甘」だった(と思う)のにもスタッフさんの優しさ、キーマニ愛を感じたり。
P1140051



●歴代IIDXポスター(2019/10)
beatmaniaIIDXの歴代ポスターが貼られていたのも昔からのファンにはたまらなかった。
(HAPPYSKYは黒ギャルがモチーフ、と時代に合ってたのか早かったのか…)
akihabara_eternal-tower_beatmania

5鍵の頃の筐体バナーが並んでいたこともあった。
ここまで並ぶと圧巻の一言。
P1980023


にほんブログ村 ゲームブログ ゲームセンターへ


といったところで以上。

破産申請、それにつながった肺炎は残念な限りだが、何年もの間、たっぷり音ゲーを楽しませてもらったことにただ感謝したい。
(他の秋葉原および都内の有名なゲームセンターも休業を発表してる所が多いが、いずれ営業再開したらまた「遊んで応援」(「食べて応援」的な)したいものである)

 #GCCX ロケ地巡り(再々訪)(エアタワー(旧トライタワー))

 



(09:57)

2020年03月14日

今回は以前記事にしたたまゲーロケ地「池袋バッティングセンター」が先日新装オープンしたと聞いたので様子を見に行った時の話を。
(ビルの改装工事に伴い、数年前に一時閉店となっていた)

 (公式サイト)キュープラザ池袋 Q Plaza IKEBUKURO
 GCCXロケ地巡り(#95「池袋バッティングセンター」)
 ゲームセンターCXロケ地の今・「かまたえん」(旧「蒲田東急プラザランド」)

※ゲーム機もリニューアルしてしまったのはちょっと残念…
gccx_ikebukuro_batting_center_game


こちらがつい先日(2019/10)に行った時のビルの写真。
リニューアル前よりも高いビルとなって生まれ変わった。
(カプコンのロゴも気になるが、それは後ほど)
gccx_ikebukuro_batting_center_qplaza

バッティングセンターが入ってるのは14階で以前の倍以上の高さ。
他に4DXの映画館や飲食店、カプコンのゲーセン・プラサカプコンなども入っていて池袋の若者が遊ぶのにもってこいの場所という雰囲気。
gccx_ikebukuro_batting_center_floor


目新しいエレベーターで14階へ行くとこのような雰囲気。
手前にエアホッケーやクレーンゲームが並び、その向こうに青空の下で白球を打てるバッティングコーナーがある。
(端の打席に立つとネット越しに池袋の繁華街を見下ろすいい眺めを楽しめるようになっていて気分爽快)
gccx_ikebukuro_batting_center

ゲーム機は以前からほぼ総入れ替えとなり、新型の「太鼓の達人」や「マリオカート」などの一般向けゲーム、さらにバスケットのフリースローゲームに、最近有野課長がよく挑戦している反射神経測定ゲームなど、スポーツ寄りのゲームが並んでいた。
(右半分だけ見ると新作ゲームが並ぶ普通のデパートのゲームコーナーっぽい感じも…)

 GCCXロケ地巡り(#176・千葉「スポーツウェーブ鉄腕24」)

gccx_ikebukuro_batting_center_game

ちなみにこの時は「けものフレンズ」とのコラボでそれらしい看板が。
(バッティングでなく「バッテン(×)グ」?)
アニメイトや乙女ロードなどが近い池袋東口エリアということで、それにちなんだのだろうか…。
ikebukuro_batting_center_kemono_friends

さらに、池袋といえば西武池袋線(?)ということで、西武ライオンズのユニフォームも飾られていた。
(営業時間は10-23時までで夜景を楽しみながらのバッティングも可能らしい)
ikebukuro_batting_center_lions

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニオン×ライオンズ フェイスタオル
価格:2200円(税込、送料別) (2020/3/14時点)



ということで池袋バッティングセンターはこんなところで以上。
(レトロゲームが消えたのは仕方ないが、バッティングの爽快感は増しているので野球好きな方なら足を運んではどうか)


さて、その帰りに立ち寄ったのが下の階にあるプラサカプコン。

 プラサカプコン 池袋店|CAPCOM:店舗情報

基本的には最新ゲームが一通り揃う今風のゲーセンなのだが…
(さっきも見かけたマリオカートなんかもある)
ikebukuro_plaza_capcom2


そこはプラサカプコン。
バイオハザードのVRゲームが楽しめるということで、見慣れたタイラントっぽいボスやガスマスク、ドラム缶などが置かれたそれっぽい雰囲気のスペースがあり、独特のムードを楽しめた。
ikebukuro_plaza_capcom




なお、この周辺だと他にはボウリング場「ハイパーレーン」や、体感ゲームが最近充実している「ランブルプラザミカド」などがあるので、レトロゲームを楽しむならそちらにも行ってみるのもいいだろう。

 ボウリング場のゲーセン巡り(山手線・池袋駅「ハイパーレーン」)






(10:47)

2020年03月01日

今回は、先日行ったゲーセンの話を適当に。

行ってきたのはJR松戸駅近くにあるショッピングセンター「キテミテマツド」。
(元々伊勢丹デパートだったのが昨年リニューアルオープンした。もうオープンして結構経つのだが、まだ一部フロアが改装中でエスカレーターで上り下りしても塀で囲まれてて素通りするフロアもあったりするのがちょっと不思議)

 KITE MITE MATSUDO (キテミテマツド) - 松戸の新しい

※ワニワニパニックの隣にカニカニパニックが並ぶなど意外な見どころも。
 (小学館「幼稚園」の付録になったりとブームがきてるかも)
IMG_kitemite_matsudo_gamecenter_waniwani_panic


ゲームコーナーがあるのは6階で、「南asobi諸島」という。
(入口がクレーンゲームというのが今風)
IMG_kitemite_matsudo_gamecenter_asobi

「諸島」とある通り店内は天井が青空、壁はヤシの木など南国風に塗られていて南の島的なリゾート地気分を演出しているのが印象的。
(トーテムポールっぽいものも描かれていたりと、南国好き(?)にはたまらない?)
IMG_kitemite_matsudo_gamecenter_resort


デパートということで基本的に最新ゲーム、クレーンゲームが多めなのだが、フロアの隅に「ShowaCarnival(昭和カーニバル)」というのがあったのでどれくらいのものかと思いつつ行ってみた。
IMG_kitemite_matsudo_gamecenter_showa

手前に並ぶ「きかんしゃトーマス」などの子供向けの乗り物遊具(なんと10円と破格)は万人向けゲームコーナーの定番として、奥の方に並ぶワニワニパニックやエアホッケーゲーム(多分90年代からある初期型の台。セガ製)がレトロ感たっぷり。
(地元の中学生らしい子が熱くプレイしてたのが微笑ましかった。「東京フレンドパーク」並みの熱さ?)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーマリオ ストライクエアホッケーATTACK エポック社
価格:2980円(税込、送料別) (2020/3/1時点)



ちなみにワニワニパニックの隣には姉妹品の「カニカニパニック」もあった。
(手前へワニが出るのでなく、カニなので横移動で出てくる。過去に行ったロケ地でもわりと見かけた)

 #GCCX ロケ地巡り(#48「台場一丁目商店街」)(再訪・後編)
 GCCXロケ地巡り(#211・平和台駅「トーホーレジャープラザ」)

左奥の方には「SPEED BASKETBALL(セガ)」というなにやらバスケットゲームや、仮面ライダーのカードで遊ぶゲームなどが並んでたり。
(なぜか奥の方には「けものフレンズ」のサーバルちゃんらしい看板もあった)


「SPEED BASKETBALL(スピードバスケットボール)」は光るカーソルを動かしてボタンを押し、敵陣へボールを飛ばすという昔のオモチャのような構造。
上部の得点表示の横に書かれたソニック(バスケットボールを指先に持っている)が時代を感じる。
(なお、初代ソニック・ザ・ヘッジホッグ(メガドライブ)の発売は1991年で微妙に平成だが、ここまで古ければ「ShowaCarnival」としては十分?)
IMG_kitemite_matsudo_speed_basketball


この手のデパートのゲームコーナーでよく見かける「超・ちゃぶ台返し」(以下関連記事)もあった。
(ちゃぶ台返し自体が昭和っちゃ昭和?(巨人の星) その背後に並ぶアイス自販機はある意味昭和っぽいかも(セブンティーンアイスならなお良かったが…))

 懐かしゲームコーナー巡り・埼玉・越谷市「イオン南越谷店」
 懐かしゲームコーナー巡り・茨城・「イトーヨーカドー古河店」

IMG_kitemite_matsudo_game_chabudai

最初にチラッと触れた子供向けの乗り物遊具(揺れるだけ)はなんと10円と破格。
大人は乗れないので華麗にスルー。
IMG_kitemite_matsudo_10yen


ということで、昭和コーナーはこんな感じ。

後は、最新ゲームなどはこんな感じで一通り揃ってる。
(クレーンゲームのプライズは「アナ雪2」などしっかり最新作をおさえてる)
IMG_kitemite_matsudo_game_prize

大型ガンシューが固まって並んでいて、「デッドストームパイレーツ」「ハウスオブザデッド」などがあった。
(ゾンビがエグザイルを踊ってるっぽい看板が時代を感じる懐かしさ)
IMG_kitemite_matsudo_house_of_the_dead

「デッドストームパイレーツ」は銃の横に船の舵型の回転ハンドルギミックがあり、銃で撃つほかにこれを急速回転させるシーンもあるのが気が抜けないところ。
IMG_kitemite_matsudo_game_dead_storm_pirates


といったところで以上。

デパート自体は埋まりきらないテナントがまだあるものの、駅近くではそれなりに大きいゲームセンターなので週末のお買い物ついでに立ち寄ってみてはどうか。
(エレベーター近くの窓からは松戸駅の近くを流れる江戸川も見える。マンションがちょっと邪魔だが、伊勢丹が開業した頃ならもっときれいに川が見えたのだろうか)
IMG_kitemite_matsudo_edogawa_river




 

 

(11:33)